仮面ライダーカブト 第27話
「俺はロリコン子守でも頂点を極める男だ」


というわけで、毎年恒例ミスリード話のお時間です。
例年と違い、ワームの擬態能力という土壌がある上に、視聴者を驚かすことよりも風間が生き残れるのかどうかに主眼を置いているので、今回はなかなかでしたね。
というか、放置プレイ期間が長すぎたので風間が中心になってるだけで何か嬉しくなる。
それでは、今週もカブト感想と参りましょう。
劇場版で明かされた事実と合わせて考察していきますので、劇場版未見の方はネタバレ注意です。


もはや芸人、影山
先週の次回予告でビンタされるのは分かってたけど、まさか態度が偉そうだからという理由だとは思わなかったですね。どんだけ低く見られとるんだ、こいつは。


毎度おなじみのツッコミなしショートコント
劇場版の感想で、「加賀美パパ=ハイパークロックアップで時間逆行した加賀美新」説を唱えたわけですが、よく考えたらそれはありえないことに今気がつきました。
先週、加賀美パパと天道が出会った時に、加賀美パパが、
「あれが天の道をゆき(以下略)」
と言ってるんですよね。
加賀美パパが加賀美新その人なら、当然天道とは顔見知りなのでそんな事を言うわけなかったです。
やはり、劇場版同様の巻き戻し現象があったのは確実でしょうが、テレビ版ではカブト以外の何者かがハイパークロックアップして未来の出来事を加賀美パパに伝えてるのでしょう。
もしくは、未来天道が現在天道にベルトを託した後、何らかの思惑でもって加賀美パパに情報を与えたのか。


甦るメモリー
ゴン関連のエピソードはあれで完結したはずだし、明らかなテコ入れ(風間の存在感が薄くなっていたため)なんだけど、正直いってあの結末では風間が救われないと感じたので、僕としては全然オッケーです。


麗奈と三島と
会話内容からゴローちゃんはただの人間でファイナルアンサーなのに、何だか麗奈より強そうだ(笑)。
最弱の影ザビーや相棒不在で調子の出ないドレイクならともかく、カブト&ガタックには返り討ち寸前まで追い込まれましたし、この人も力の底が見えてきたなあ。
会話シーンも、思いっきりゴローちゃんに食われてますしね。
とにかく、麗奈の恐ろしさよりも、むしろゴローちゃんのスゴ味が際立って感じられました。
演技力の差ですかね?


風間さん不調です
むしろ麗奈との戦闘前に入れて欲しいシーンだったけど、ともかくドレイクがあんなしょっぱい戦いをした理由が分かったのは良かったです。
相棒あっての、ドレイク風間。


もはや駆け込み寺
ゴンといい神代といい、なんでどいつもこいつもこの店へ来るんだ。
あれですか、これが類(天道、ひより)が友(ゴン、神代)を呼ぶという……。
最近見てない事をようやく思い出した天道の台詞には、全国のドレイクファンが涙した。
忘れないでやってくれ……!


メイクアップ対決
グラサンの下に化粧するという大技を決めたい以上、風間の勝ちでいい気がしますが、これは相手の顔を立てたんでしょうね。
対戦相手もそれを察してか、微妙に悔しそうですし。
ああ、そうそう。誰もが思ったこともツッこんでおきますね。
メイクアップ対決って、そういうもんなのか……?


殺人事件発生
あの対戦相手さんは死んじゃったのか。
いいキャラになりそうだったのになあ。
後から分かるとおり、これは擬態したワームがライダー同士の仲間割れを狙ってやってるんだけど、ドレイク相手にそこまでする必要があるのかはちょっと疑問だなあ。


ゴン、神代家へ
待て坊ちゃん、その手つきはなんかロリコンみたいだぞ!
それはそうと、いつ知るのかな~と思っていたらとうとう知っちゃいましたね。
思いっきりショックを受けてる神代と、ドライにバイト代を心配しているゴンの対比が笑えました。


さすが坊ちゃんだ、ヘコたれないぜ!
と思ったら、立ち直るの早っ!
一周くらいは立ち直れないまま話が進むのかと思ったら、思いのほかアッサリと前に進み始めましたね。
寄付金オチが笑えた事も含めて、神代はとにかく前向きなところに好感が持てます。
優遇されてるなあ、坊ちゃん。
出てくるだけでオチになるからなあ、坊ちゃん。
ソバを頭から被ってる警察官や、ドンブリを返す警察官も芸コマ。


樹花ピンチ
カブトゼクターが呼びにきてるのに、ドレイクゼクターがきてない時点で怪しむんだ天道!
まあ、かくまってるのに戦いへ連れ出したら本末転倒というのもありますし、樹花の部活が休みだったのもイレギュラーでしたしね。
さりげなくダブルライダーキックを放ってるけど、雑魚相手じゃやはり燃えませんね。
殺陣の面では、ガタックがパワー主体のプロレス的な動きをしているのが印象的でした。
ガタックアクションも、そろそろこなれてきた感じかな。


というわけで、次回は早くもハイパーフォーム登場。
天道が、どこまでハイパーゼクターを使いこなせるのかが気になりますね。
コーカサス同様、単なるクロックアップより速いクロックアップになるのか、はたまた風間の死体がワームの演技とかではなくガチで死んでしまい、それを無かった事にするためハイパークロックアップするのか。
とにかく、次週へ期待。

[PR]
by ejison2005 | 2006-08-13 15:59