週間少年ジャンプ 35号 感想
コヨーテラグタイムショーが面白すぎる点について。
いや、スゲェ面白いですよこのアニメ。
例によって僕は、ホニャララな方法でしか視聴できないんだけども。
特に第1話が素晴らしかった。
超強い十二姉妹が大暴れ → でも、その後にもっと強い主人公の手でゴミみたいに蹴散らされる。
という流れが爽快で良かったです。
このスタッフさん達からは、
「俺たちは美少女が好きだ! でも、渋い親父はもっと大好きだ!
という熱いハートを感じますね。
バトル要素がある分、個人的にはホスト部より好きかも知れない。
とまあアニメの話題は置いといて、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ナルト
せっかくの三尾さんが、全然怪物らしい事をしてくれなくてちょっと残念です。
もっとこう、プラズマ火球を吐いたりお腹を開いてアルティメット・プラズマを撃ったりしてくれないと。
ひたすらトビさんを追いかけるだけって、ただの大きい亀じゃない? この尾獣。

「テンゾウじゃなくてヤマトでお願いします」
テンゾウというのは、暗部にいた時のコードネームなんでしょう。
それで思い出したんだけど、ヤマトさんは暗部に戻らなくていいのかな?
ナルトのお目付けがあるから、そのまま正規部隊に鞍替えさせられたのでしょうか?
どうでもいいけど、後ろの滝と崖は戻さなくていいのかなあ……。

今週の念の……ゲフンゲフン……忍法講座
なんか上手い事誤魔化されたけど、それならカブトさんのチャクラメスみたいに直接刃物状にすれば良いのでは?
カブトさんが特別なだけで、普通の忍者は媒介がないと刃にはできないのかな。
あと、最後の手段である投擲ができなくなるからとか。

ツナデ様の大作戦
これは素直にGJ。
せっかくの機会ですし、普段はスポットの当たってないヒナタとかいのとかシノとかテンテンとか活躍させて欲しいな。


ワンピース
前にも書いたけど、エニエス・ロビーを破壊すると世界政府の司法能力は完全に壊滅しちゃうはずなんだけど、その辺どうするつもりなんだろう?
韓国の版権裁判みたいなのが、普通の世の中になっていくとか。

「もっとあるから大丈夫だ…まったく世話のやける」
今回は明らかにそげキングが嘘をついてるから問題ないんですけど、普段のバトルもこのノリでやっちゃってるからなあ。
肋骨が一本でも折れたら、動くのもしんどくなるはずですよ。

「ここはもう海上に位置し、海水も及ばない」
この状況で、何とかして真ん中の井戸みたいな穴に敵を落とそうとするのがジョジョ。
逆に、そんな穴など見向きもせずに真っ向勝負をするのがワンピース。
どっちが優れてるとかではなく、こういうところで対象年齢の差が出てくるんだろうなあ。

ギア3
せっかく絵的にも迫力あるし、これで倒せないまでも重傷は負わせて欲しいところです。
でも、きっと無理なんだろうなあ。
次週で、普通に月歩を使って戻り何事も無かったかのように戦い続けるルッチさんの姿が目に浮かぶようです。


ブリーチ
ウルキオラさんの言ってることが意味不明すぎて、全然、全く、これっぽっちも共感できなかったです。
ついでに、織姫の行動も意味不明ですね。
僕が彼女の立場に置かれたら、とりあえず護廷十三隊の本部へ行って保護してくれと訴えますよ。
ウルキオラさんが、
「お前が言う事を聞かないなら、全員皆殺しにするよ」
と言ってましたけど、別に織姫が命令通りにしてもしなくても、襲い掛かってくるのは同じだろうしなあ。
今週の結論:敵は変だけど、織姫も変だったのでバランスがとれました。

ウルキオえもんの秘密道具
これはまた、やっちゃった感溢れる小道具ですね。
誰もが思うことだろうし、僕も突っ込むけど、そんなもんあるなら現世の死神を1人ずつ暗殺するか護廷十三隊の総隊長を暗殺してくればいいのに。


メゾン・ド・ペンギン
何だかんだで毎週何がしかのネタが笑わせてくれますし、近未来杯出身作品の中では一番の当たりですね。
単行本も、最初は別にいらなかったけど委員長達が出会ったエピソードは読みたいんだよなあ。
値段も安いし、買っちゃってもいいかもね。


とらぶる
どうしよう、今週も微妙だ……。
オチが意味不明なのがちょっと……。
この漫画の場合、パンツさえ出ていれば自動的にある程度のレベルには達するので、そこからどう上のレベルに持っていくかが問題なんですよね。

クローゼット改造中
しっかりとララに押し切られているのに、リトにはハーレム系でありがちな「意志薄弱な主人公」という印象があまり無いんですよね。
いっつも割に合わない目にはあってるけど、ちゃんと自分の主張はしている。
それでいて、女の子の出番を取るほど出しゃばりはしない。
この辺は、本当に上手いよなあ。

「中止になるかもよ、臨海学校」

f0029827_1573866.jpg

小学生という年齢ゆえパンチラを出すわけにもいかず、矢吹先生はどう対処するのかと思っていたらこうきましたか。
僕は特に何とも思わなかったけど、人によっては痛恨の一撃なんだろうなあ。
このネタの意味が分からない方は、どうかそのままのアナタでいて下さい。

扉絵

f0029827_1575164.jpg

これこそ、とらぶる紳士のたしなみよ!
……いい加減、このネタで引っ張るのも飽きたので次回からは普通に読もう。
とにかく、矢吹先生は今週もしっかりとノルマを果たしました。

「うわわわ、危ねー降りろーーっ!!」

f0029827_1581269.jpg

大亜門先生がパロネタを入れるタイミングを図ってるのと同様、矢吹先生はいつどんなコマでもエロネタを描けないか図ってる節があります。
だが、それが素晴らしい。

「台風のバカーー!!!」
凄く反応に困ったオチ。
宇宙の帝王の娘なら、ジェロニモみたいな必殺技が使えるのでしょうか?
これ、多分ララが超能力的な何かを持っているという伏線ですよね?
あんまりあっさりとリトが流しちゃうもんだから、今ひとつ分かりづらいですけど。
今後の活用に期待ですかね。


銀魂

f0029827_15830100.jpg

f0029827_1583689.jpg

うぐわ、凄まじい破壊力だ。
空知先生は決して絵が上手いタイプの漫画家じゃないけど、これはシチュエーションの勝利だなあ。
人間というのは、シチュ次第でここまで萌えられるものなのか!

東城さんソープ嬢フォーム
一瞬、普通に女装すればOKかなと思いましたけど、こんなに肩幅があったら無理か。
ラストのパー子&パチ恵も同じですね。
男が女に化けるというのは、想像以上に高いハードルがあるなあ。
それはさておき、お登勢さんを出さなかったのは空知先生にとって最後の良心だったと思う。

ラストに出てきた新撰組の皆さん
来週の頭で、階段のローションにこけると予想。
というか、何で東城さんはローションをこぼしたんだろう?
もしかして、意味も無く体に塗りたくっていたのかな?
それは、キャバではないのはもちろんソープとも違うのでは?
一体全体、彼は何の店に通っているんだろう?


アイシールド
いや、これは凄い。
僕は、というかほとんどの人がそうだと思うんだけど、何だかんだいって最後は泥門が勝つと思ってたんですよね。
まさか、ガチで負けさせるとは……。
いや、確かに驚いたんだけど、これどうするんだろう?
許斐先生は素で読者の予想をブッちぎるけど、稲垣先生は計算づくでそれをやる人なんだなあ……。
でも、明らかな悪(漫画的な意味でね)の阿含が裁かれないまま(漫画的な意味でね)というのは、読者に鬱憤を貯めさせるもの。
その辺、どう処理するのかが楽しみですね。



斬は本格現代剣風帳漫画です。

最初の超長い主人公の独り言
ここでついうっかりと、「主人公は精神に病気でも患っているのではないか?」とツッコミを入れてはいけません。
皆さんも、バーベル上げの選手はかけ声をあげた方が良い結果を出せたという話を、聞いた事があるでしょう。
そう、人間とは声を出す事によって、頭で考えた以上の力を発揮できる生物なのです。
このシーンも、主人公はより効果的に現状確認をするために、あえて独り言を呟いているのです。

早くも傷が治った月島さん
この世界では、斬り合いは日常茶飯事です。
おそらく、そういった生活に対応するために、この世界の人類は尋常ではないタフネスを獲得する方向に進化していったのでしょう。
漫画に出てくる異能者がよく持ってる再生能力を、この世界の人々は標準装備しているのです。
実に精密で、計算しつくされた描写です。

例によってアッサリと真剣を抜く月島さん
いいですか皆さん。
武士にとって、日常生活は全てが戦闘状態なのです。
かの宮本武蔵も、試合が始まる前に準備をしていた大戦相手のところに乱入して不意打ちし、同じ事を言って勝利をもぎ取ったそうです。
かの大剣豪がそう教えてくれてるのですから、間違いがありません。
そう考えると、武士にとってはご飯を食べている時も、風呂に入っている時も、トイレに入ってる時でさえも臨戦態勢という事になります。
すなわち、この世界では普通に生活しているだけで真剣勝負に合意したのと同じ状態なのです。
第1話で不良が剣を抜いたのも、もちろん合法行為です。
生きてる=真剣勝負に合意しているのと同じ状態
なのですから。
実に斬新で、洗練された世界観です。

今週も頻繁に行われている瞬間移動
これは、目にもとまらぬ速さで動いている彼らの超人性を表現しているのです。
会話シーンでまで瞬間移動している気がしますが、彼らは日常生活=実戦という考えのもと、いついかなる時でも鍛錬を怠らずに超スピードで動き回っているのでしょう。
この描写だけでも、ジャンプ三本柱のうち努力を見事に表現していますね。

新たなる仇敵出現か!?
本来、仇敵という言葉は始めて会う相手には不適切です。
しかし、日常生活=実戦の斬世界では自分以外の人間全てが敵、すなわち仇敵といってよい存在なのです。
武士道とは、まっこと孤独な道のりですね。


エムゼロ
色々置いといて、魔法の問題が多すぎでしょうこの学校。
はっきりいって、何かあればすぐに剣を抜く斬キャラと同レベルのメンタリティです。ここの生徒は。
ストーリーの方も、ただでさえ読者的にはどうでもいい九澄を中心として展開しているのに、さらにどうでもいい支部長関連のエピソードに流れていってるのがツライですね。
叶先生は、そんなにラブコメが描きたくないのかな?

[PR]
by ejison2005 | 2006-08-02 01:59 | ジャンプ感想