ゲド戦記 簡易感想
というわけで、ゲド戦記を見てきましたよ~。
以下、簡単な感想を。



ネタバレします。



















キャラ別感想

アレン……ナメック星からやって来た王子
父親が立派過ぎるのでコンプレックスに悩んでるうち、前向きな心と後ろ向きな心が分離しちゃいましたという、ピッコロも驚く特異体質者。
例によって、2つの心が合わさったら鬼みたいな強さを発揮した。
映画終了後に国へ戻ったみたいだけど、こんな危ない奴が戻っても一生牢獄暮らしの気はする。
だって、父王は別に愛を持っていなかったわけでも、気にかけていなかったわけでも、虐待していたわけでもないですからね。
少なくとも、政治に関わる事は絶対にないと断言できる。
不老不死へとつながる特殊能力を持ってるらしい。
2重人格だったり、不老不死の法に関わりがあったりで、額に第3の目があるよ説が濃厚となっている。
冒頭で暴れてた竜達とは、最後まで何の関係もなかった。
どうでもいいけど、キレると冥王様みたいな顔になる。
「茶番は終わりだ。冥王の力を解放する」

ハイタカ(ゲド)……帰ってきたぞ! 帰ってきたぞ! ウ○ト○マ○!
本名をかたくなに隠してるため、作中では全然ゲドと呼ばれないウルトラマンジャックみたいな人。
特に説明はなかったけど、ゲドが彼の真実の名前だから操られたりしないように隠しているのかも知れない。
敵地へ乗り込むというのに、罠の心配をしないお茶目さんでもある。
後半、急に説教くさくなった人物その1。
農地に愛人を匿っている。

テルー……魔法使いレベル34
ドラゴラムの使い手。
劇中での描写を見るに、モシャスの使えるドラゴンといった方が正しいかも知れない。
ドラゴンのくせに何故、テナーの家にいたのかは最後まで語られなかった。
テナーの説明では、ただの親に苛められて行くあての無い女の子としか思えないのだが……。
ラストシーンで首の骨を折られて死亡するも、唐突に起き上がってドラゴラムし、命を大切にしない人が嫌いなくせに何のためらいもなくクモを焼き殺して、全ての観客のド肝を抜いた。
そのあまりにも唐突な展開が、本作のクソ映画としての地位を確立したといってよい。
また、後半で急に説教くさくなった人物その2でもある。
その饒舌ぶりは凄まじく、本作のテーマを行動ではなく言葉でダラダラと語りきった。

テナー……愛人
ハイタカにぞっこんラブの人。年齢差なんざ見えやしねー!
ハイタカが主役だと考えた場合、急に正ヒロインへと格上げされる。
なんか墓地でハイタカに救われたとか言ってたけど、その辺の経緯は一切語られないため、非常にどうでもいいシーンとなっている。
ちなみに、ハイタカの方もまんざらではなさそうなので、割と相思相愛かもしれない。

クモ……もっと慎重になりましょう
永遠の命が目的なら、コソコソやってりゃいいのに無用の喧嘩をハイタカに売っちゃった人物。
そのため、魔法使いとしては思慮が浅いというしかない。
まあ、アレンに手を出した時点で、ハイタカがもれなくついてくるから先手を取ったとも考えられる。
とっとと殺せばいいのに、超悠長な処刑方法を選ぶのんびり屋さんでもある。
そんなに命が大切なら、1分1秒を大切に!
行動目的も基本的に逆恨みなため、非常にショボイ印象を与えられる。
そのショボさたるや、箱舟と同レベル。


全般的な総評

とにかく、説明不足。
アレンの剣が抜ける意味や、テルーの正体など理由を語るべきものが全く語られないまま終わってしまう。
そういった点を説明したり示唆するシーンを付け足すだけでも、相当マシな出来になる気がする。
あと、塗りが荒く感じられた。
これは、新技術を試したのが原因だったそうな。
何よりキツイのが、声。
声優を雇えよという事もあるし、基本的に声が小さすぎるのも問題。
普通の映画で入る音声より、明らかに小さい。
冒頭で暴れまわる竜が、本編と全く関係ないのも問題だと思う。
あと、戦記だけど戦争はしなかった。


そんなこんなで、やっぱり普通に駄目な映画でした。
駄目さではハウルも相当なもんだったと思うけど、これはそれを上回っている。
つーか、ジブリはもう駄目かもね。

[PR]
by ejison2005 | 2006-07-30 22:07 | 映画