BLOOD+ 第39話「魔法の言葉をもう一度」
さ~て、今日もBLOOD+を見るとするかな♪

f0029827_2203811.jpg

↑視聴した管理人の精神状態。

デュ、デュワ!

く……さすがに斜め上を行ってくれるぜ。
まだ何も書いてないうちから激しい心理的ダメージを受けましたが、今週も感想いってみましょう。
ちなみに今週は最初、

作画労力削減のためのつなぎ話

とだけ書いて終わらせるつもりでした。


アバン

f0029827_2205357.jpg

あ、面白い。
過去に暗殺された事があるとか言ってる真ん前で暗殺されるとか、コントみたいなタイミングなんで絶妙でした。
いかんなあ、笑わされちゃいましたよ。
これ、狙ってやってますよね?
うん、もちろんギャグではなく大真面目にこのシーンを作ったんだろうと分かった上でこう書いてますよ。


新オープニング
こ、これはちょっとどうかと思うなあ。
作品の方向性とか、ガン無視にも程があると思うんですけど。
第1クールに持ってくるならまだ分かりますが、もうそういう明るい要素が入る雰囲気ゼロですし。
曲の方も、何言ってるんだかサッパリ分からなくて微妙……。


小夜起床
女子高生の主人公という設定を、ここまで活用する気のないアニメも珍しいですね。
というか、せっかくの下着姿なのに色気のいの字もねえ(苦笑)。
作画も、全然やる気ないしなあ。


みんなで釣りへいこう
年長者だけならともかく、小さな子供にまで気をつかわれているという情けない主人公の姿に涙しました。
駄目駄目ぶりも、ここまで徹底すれば大したもんです。
いえね、駄目主人公というのも(最近はちょっとそういうのが多くて食傷気味だけど)嫌いなわけじゃないんですよ。
ただ、駄目主人公が許されるのは「最後には勇気を振り絞ったりするから」だと思うんです。
この娘の場合は、終始頑張らずに引きこもりっ放しですから。
何かピンチになったら、必ずお助けキャラが来ますし。


また子供に気づかわれてる小夜
一応、以前に翼手が家に襲撃してますから、子供達の台詞は額面通りの意味ではなく励ましの意味が込められてますよね?
この子供達は人間ができてるなあ、小夜が駄目駄目なだけに光り輝いて見える。


「どうしてここに……?」
思ったんですけど、女医さんはデビットさんが、
「君が好きだ。一緒に来てくれ!」
と言えば、割とホイホイついて来てくれるんじゃないですかね?
なんかもう、フラグは全て立っていて後は告白するだけの恋愛SLGみたいな展開。
でも、デビットさんが女医さんの気持ちに気づいた描写もないし、単に昔の同僚としてきて欲しいのかな? 彼的には。
それじゃあ、ついてこないなあ。


何もしなくても勝手に諦めてくれる恋のライバルたち
いやあ、この世界の全ては小夜に都合よく回っていきますね。
恋愛での対立も何もなく、勝手にライバルが諦めてくれるんだから楽なもんです。
せっかくの三角関係とかも、何ら活用できませんでしたね。
ぶっちゃけ、この女ディアッカは必要なかったんじゃ?


いい事を教えてやろう
普通の作品なら、カイ君がどうしょうもない窮地に陥った時このシーンをフラッシュバックして、それをヒントに敵を撃破したりしますね。
でも、このアニメの事だから特に活かされない無駄シーンとして終わるに1票。


ジョエルVSアンシェル
作画の労力半減という、今週の意図が露骨だったシーンその1。
気合入ってるアニメなら、会話シーンもアップを交互に映すだけではなく、もっと小技を使うでしょうしね。


今週のアルジャーノさん
地味に頑張ってきた人が報われた瞬間。
彼には死んだりせず、そのまま図太く生き残って欲しいな。


小夜の夢
作画の労力半減という、今週の意図が露骨だったシーンその2。
こ、この必要なさ加減はただ事じゃねえ。
全く動かない小夜が宙に浮いてるだけで、作画担当の人達は楽ができていいですね。


魔法の言葉をもう一度
この言葉を使えば、何となくいいシーンみたいに誤魔化せる(スタッフにとっての)魔法の言葉ですね。
結局、小夜は誰かにすがるだけの人という意味に解釈してOKなのでしょうか?

新エンディング
オープニングといい、曲だけが明るくても本編がこれでは……。


というわけで、来週はドギー兄さんが退場っぽいです。
ところで、今週シフはどこにいたのでしょうか?

[PR]
by ejison2005 | 2006-07-15 22:01