ウルトラマンタロウ レビュー
ウルトラマンタロウ
ウルトラの 父がいる ♪
ウルトラの 母がいる ♪
そして タロウが ここにいる ♪
と主題歌で歌われている通りウルトラの父と母の実子であり、ウルトラ6兄弟の末弟です。
ちなみに、ウルトラ6兄弟が義兄弟なのは有名ですが、セブンとタロウだけは血が繋がっていたりします(従兄弟)。見た目の共通点が多いのは、それが理由です。
また、タロウは全ウルトラ戦士中最強のパワーを秘めており、他の兄弟が勝てなかった合体怪獣タイラントさえ打ち破りました(ウルトラ兄弟と5連戦してタイラントが力尽きる寸前だったという見解も有り)。
最終回では人間として旅立ちましたが、現在ではウルトラの星に帰還して新人戦士育成の任についており、ウルトラシリーズ最新作の主人公ウルトラマンメビウスも彼の教え子です。
ところで、タロウは地球人東光太郎と融合する形で地球に滞在しているのですが、特に融合を解いたという情報はありません。
というか、帰ってきたウルトラマンウルトラマンA地球人と融合しっ放しで母星へ帰ってしまっていたりします。
この兄弟、アフターケアが適当すぎ。

さて、ウルトラマンメビウスの劇場版に他の6兄弟ともども出演が決まったという事で懐かしがってレンタル屋でDVDの裏面(エピソード紹介とかある部分)を眺めていたのですが、その際ものすごく違和感のあるサブタイトルを発見しました。
そのサブタイトルとは……。

f0029827_1104153.jpg

これです。
あの……結婚詐欺の話としか思えないんですけど……。
ちなみに、

f0029827_1105372.jpg

登場怪獣はねこ舌星人グロストです。
いや、マジでどんな話!?
せっかくですので、今日はこのお話のレビューをお送りしましょう。

冒頭、

f0029827_111755.jpg

前回おこなわれた戦闘のリプレイが流れました。
戦闘内容は、めつぶし星人カタンというしょうもない名前の宇宙人相手に、タロウ単体での最強技であるウルトラダイナマイトを発動させるというもの。
その際、

f0029827_1114960.jpg

ZATは目を潰されたタロウのために、何故か飛行機に搭載されてる巨大なベル(途中で用意とかではなく、普通に積まれてた)を怪獣に取り付けたりもしていました。
こいつら、血税でなんて物を購入してやがるんだ!
ナレーションによると、今回の事件は既にその戦いの夜からすでに始まっていたのだそうです。
そしてある夜、

f0029827_1123194.jpg

東光太郎(ウルトラマンタロウ)達が勤務中に焼き芋を買い食いしていると、話題がもうすぐ行われるこのお姉さんの結婚式に移ります。
この瞬間、今回の被害者が決定しました。
タロウは光太郎の知人がトラブルに巻き込まれ、それが実は宇宙人や怪獣の仕業だったというパターンが非常に多い作品なのです。
具体的に例えると、祖父の名前にかける高校生や見た目は子供頭脳は大人の探偵みたいなものですね。

f0029827_113099.jpg

案の定、この女性の婚約者が働いてる建築現場に何か降りてきました。
それ以来、婚約者さんの態度がどこか変になります。

f0029827_1131320.jpg

今までは美味しいと言いながら食べていた女性のお弁当(焼き芋)も異常に熱がって食べてくれませんし、どこか態度もよそよそしいのです。
さては、あの怪しい光の仕業か、それとも弁当が焼き芋なので普通に頭にきているのか?
女性の弟君は、こっそりと建築現場に忍び込んで調べます。

f0029827_1135365.jpg

やはりというか、宇宙人に建築現場は支配されてしまっていました。
命からがら建築現場から脱出した弟は、急いでZATに通報します。

f0029827_1142482.jpg

どっこい、笑い飛ばすZAT隊員。
こ、この組織役に立たね~!
例えるなら、火事の通報を受けても動かない消防隊みたいなもんです。
業を煮やした弟君は、

f0029827_114402.jpg

焼き芋に見せた婚約者さんの反応から、
あの宇宙人に操られる=熱に弱くなる
という推理を展開し、焼きごてを手に討ち入りを敢行します。
どうでもいいけど、現在ではとても流せないような構図ですね。
もちろん、弱点を突いても子供1人でどうこうできるはずもありません。
よってたかって取り押さえられましたが、

f0029827_115156.jpg

ようやく駆けつけたZATの活躍もあって、婚約者さん&女性&弟君の3人が住む場所にもなるはずだった建築現場が木っ端微塵になりつつ、宇宙人の野望は阻止されます。
その後はいつも通り巨大化しての戦闘になり、

f0029827_1151596.jpg

低温に弱いという爬虫類みたいな弱点を突かれてタロウはややピンチになるも、

f0029827_1154619.jpg

f0029827_1161393.jpg

最終的にはねこ舌星人を倒して事なきを得ました。
ちなみに、女性は終始蚊帳の外へ置かれっぱなしで、

f0029827_1163120.jpg

最後に結婚式のシーンで出番があるくらいでした。

結論:花嫁は泣かなかった!


そんなこんなで、愉快なコメディ特撮である「ウルトラマンタロウ」。
皆さんも是非、お楽しみ下さい。

[PR]
by ejison2005 | 2006-07-13 01:21 | アニメ | Comments(4)
Commented by 黒川 at 2006-07-13 19:53 x
ああ、これが「あの」話ですか(^_^A
弁当が焼き芋って凄いなぁ…
タロウは乗っている車と言い、放送終了後にコメットさん(新)に振られて光の国に帰る(故に、タロウは地球に居ないで、光の国でメビウスの先生をやってた(^_^A)事と言いなかなか笑える奴ですからねぇ(^_^A
レオも基本設定は暗いのに、何故かコミカル食が(--;
Commented by ejison2005 at 2006-07-14 01:00
これが噂のあの話です(笑
この女性、実は結婚したくなかったんじゃないですかね?
そう考えると、花嫁は泣いているのかも。
タロウは見ての通りですが、レオはおとぎ話をモチーフにしたりしているからかもしれませんね。
あと、ゲンってあまり悩んでる印象ないし。
Commented by J影虎 at 2006-07-15 18:41 x
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
タロウはウルトラシリーズの中でも特異で色々とツッコミどころ満載ですよね。
私が1番印象に残ってるのは、やっぱりゾフィー兄さんのヘタレっぷりですかねえ(笑)。
タイラントの時もそうでしたが、バードンに敗れた時はかなりカッコ悪かったです。
後、他の5兄弟のブラコン振りが際立っていたテンペラー星人との戦いも面白かったです。
しかし、こうして振り返ると本当にコメディ特撮ですよね。
私ももう一度観てみたくなりました。
Commented by ejison2005 at 2006-07-15 22:17
>>J影虎 さん
初めまして、コメントありがとうございます。
タロウは確かにツッコミどころ多数ですし、後半の宇宙人はネーミング適当すぎですけど、昭和シリーズで唯一テコ入れがなかったことから判断すると、当時のニーズには合ってたみたいですね。
僕もタロウは好きです。なんかみんな幸せそう。
>私が1番印象に残ってるのは、やっぱりゾフィー兄さんのヘタレっぷりですかねえ
結局、母に余計な苦労をかけただけでしたからね。
最終的に、復活したタロウが自力で倒しちゃいましたし。
テンペラー星人の話は、兄弟間の力関係が分かる貴重なエピソードでした。
一番タロウを手助けしたがっていたのがエースとジャックで、セブンとマンとゾフィーがそれを引き止める構図。
エースとジャックの間にも、けっこうな温度差があった気がします。
なんせエースは手助けしてもらった事がおおいウルトラマンでしたし、自分を重ね合わせてたのかな?