週間少年ジャンプ 31号 感想
今日も今日とて、ジャンプとは全然関係ない作品の紹介をする前置きです。
興味の無い方は飛ばしてやってください。
というわけで、今ウィッチブレイドGyaOで無料配信してるよー。
06年7月16日まで、何と12話一挙配信という豪快さ!
GUN道を流している事といい、スタッフは分かっていらっしゃいますね。
ウィッチブレイドの主人公は、ショートカット&巨乳&美女(美「少」女にあらず)という管理人的にそれだけでご飯3杯いける素敵仕様なのですが、この作品の売りはそれだけではありません。
主人公が子持ちのシングルマザーなんですけど、その親子愛描写がまた管理人の琴線に触れるのです。
これまでにも何度か書きましたが、僕は大人がキチンと大人をやっている作品が好きなんですよ。
そんなわけで、ちょっと暇を持て余してたりするなら普通にオススメなので、是非ご覧下さい。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ディーグレイマン
アニメ化されるそうです。
どうも、各所ではかなり前から騒がれてたみたいですが、僕は今更知ったので素で驚きました。
てっきり、次にアニメ化されるのはリボーンだと踏んでたんですけど。
というか、もしかしてこの漫画は人気あるのかな?
僕がよくこの漫画の感想を書くのは単にツッコミやすいからで、それ以外の面では普通に誌面の中間を漂う空気漫画だと思ってたんですけど……。
いや、ビックリした。驚いた。

アレン超久々に登場
もう何ヶ月くらい出番無かったんでしょう。
管理人、何をしてたのかも思い出せなくなりつつあります。
そんな状況でツッコミ入れるのはちょっと問題ですけど、アレンとフォーってこんな性格してましたっけ?
あんまり間が空いてたもんで、作者の星野先生まで性格を忘れている気がしました。

アクマ襲来
色々置いといて、主人公が全く実力を出せない状態で強敵と戦うというシチュエーションはかなり好きですね。
きっと、何だかんだいって(主人公だし)アレンが力を取り戻して蹴散らしちゃうんでしょうけど、そこに至るまでの過程では全員最善をつくして万歳特攻とかはせず、ひたすら小策を弄して頑張って欲しいですね。
なんというか、この漫画は命の大切さを訴えている割には登場人物がやたら軽々しく命を捨てる傾向にあるので。
そのくせ、主人公勢は何しても死なないし。


ワンピース
パスタマシンの後、結局技名を思いつかずに麒麟マン射櫓を出すギャグが面白かったです。
色々置いといて、笑わせた時点で尾田先生の勝ちだ。

「ネジ白刃!!!」
これもう、明らかに首の骨折れてますよね。
こう、バキバキバキっと。
おそらく、不死身のワンピキャラである事を逆手とった必殺技なのでしょう。
首の骨くらい、彼らの再生力ならカスリ傷です。
それか、実はカクがダイバー・ダウンの使い手だったとか。

f0029827_3235243.jpg

こう、肉と骨のサスペンションみたいな。

九刀流・阿修羅
ゾロの奥の手は八手拳でした。
ああでも、
「気迫でここまで幻を見せるか…!!!」
と言ってますし、どちらかというと男塾のでかい人みたいな理屈か。
格好良いんですけど、ワンピの新技は修行して会得したとかではなく、いつの間にか使えるようになっているのであまり感慨は無いですね。
友情・勝利・努力不在みたいな。
まあ、修行とかで何やかんやと先延ばしになるより遙かにマシかも知れません。


ナルト
ビジュアル面であまりにもショボかったせいでガッカリした二尾の人ですが、意外と実力者で良かったです。
ここ最近、全く強者のイメージが無かった暁と人柱力ですが、ようやく本領発揮し始めた感じ。

ジャシン教教徒の飛段さん
あまりにも今更ですが、岸本先生はネーミングセンスちょっと変ですよね。
例:木の葉の黄色い閃光
ジャシン教って、この宗派の教祖様は何を思ってこんな名前にしたのでしょうか?
みえるひとのパラノイドサーカスも相当なもんですが、ジャシン教も名前のダサさでは全く劣りませんよ。
いやまあ、分かりやすいっちゃ分かりやすいんですけどね。
でもこれ、建設会社が「ギゾウ建設」とか名乗ってる様なもんだよなあ……。
そんなんで、入信者は集まるのかな?

二尾の人本気モード
久しぶりに……かなり久しぶりに、この漫画で迫力ある絵を見た気がします。
ナルトの暴走時なんて、真っ黒黒介になっただけでしたもんねぇ……。
戦闘シーンが省略されてるので、実は暁の二人と二尾がどれくらい強いのか正確には分からないんですけど、これは迫力勝ちだ。

「いや、また今度ゆっくり話す」

f0029827_324626.jpg

何の意味があったんだ……orz
これ、焼肉と合わせて合計10ページくらいドブに捨ててませんか?

省略された戦闘シーン
さて、戦闘シーンは省略されてしまったのですが、何が起こったのかは想像するに難くありません。
いいですか、ジャシン教教徒の必殺技ですよ。

f0029827_3323246.jpg

モッコス様召喚に決まっているじゃないですか!

自分に杭を打つという重いペナルティも、モッコス様を顕現させたのなら納得はいきます。
こりゃあ、いくら尾獣でも勝てんわ。


リボーン
う~ん、結局今回のバトルは煮え切らないままだったなあ……。

ベルの過去
これも、何だか残念な描写でした。
「ゴキブリと間違えたんだ」
というのも、
「そのくらい残虐なんだよ~」
と言いたいのは分かるのですが、比較対象がゴキブリじゃなあ……。
これ、
「むかついたので殺しました」
の方が、まだマシだった気がします。
それに何より、変態としての一線を越えてないんですよね。
「血だよ~~王族の血だ~~」
と独り言を呟いてるシーンも、何だか「一生懸命ロールプレイしてます」感が漂ってますし。
本当にネジ抜けてる人は、いちいちそんなリアクション介さず即アクションに移るでしょうし。

「かわしたっ!?」 「ただかわしたんじゃねぇ」 「ムダがねぇ」
ベルが、
「あはあ!!」
と叫んでるシーンに見せたヘンテコなポーズといい、ツナ達の台詞といい、どうしてもこれを連想しますね。
すげえ、全く無駄のねぇ動きだ!
ちなみに、最近のお気に入りはこれ
笑いが止まらねえぜ、なあ樺地!? (ウス)

「肉を斬らせてでも骨を守る」
いやいやいや、こんな至近距離で爆発したら自分も死ぬって!
それが可能なら、吉良吉影はあんなに苦戦しませんでしたよ。

「こぼれた火薬を導火線のように!!」
獄寺君の隠し技はニアデスハピネスでした。
これ、明らかに獄寺君の足元にも撒かれてるし、自分も死ぬんじゃないかな?
結論:獄寺君のボムには、マジで何が入ってるんだろう?
そして彼は、いつの間にあんな細工をボムに施したのでしょうか?


アイシールド
内容的な話はひとまず置いといて、見開きの阿含君がとてもとても素晴らしかったです。
やっぱり、阿含君かーわーいーいー。
これ、明らかに「怒り」よりも「恥ずかしさ」の方が上回ってますよね。
(うわ、まんまと乗せられた上にオレ直前であいつの事を誉めて「でも、オレには勝てないがな」みたいな雰囲気出したりしちゃったよ。うわ、うわ、うわ、マジ恥ずかしい! しかも敵は凄くオレの事を馬鹿にしてるみたいだし! 何かもう、この会場にいる全ての人間にせせら笑われてる気がする!)
みたいな。
神龍寺戦のテーマは、「羞恥心が生み出す底無しのパワー」ですね! (違)


とらぶる
ランジェリーショップって、本当に下着しか置いていないんだなあ……。
いや、漫画を真に受けるのもどうかと思うけど、実際こんなもんでしょうし。
ふと気になったんですけど、取り扱ってる商品が下着だけで商売が成り立つんですかね。
男性の立場から考えると、とても想像がつかないんですけど。
パンツなんて、数点セット1000円とか買って終わりじゃないですか?
それとも、女の子というのは見えないとこまで着飾る生粋の江戸っ子体質の人ばかりなんでしょうか?

水族館へ
先週の予想通りでした。
「注意深く観察して行動しろ」……だぜ、康一くん。

今週のお話
今回の話は普通にラブコメってて、特にツッコミ所とかも無いんですけど、それがまた良かったです。
半裸触手シーンの回想で、抜かりなくエロ分も補充してましたしね。
この漫画はいうなれば剛速球なんですけど、速球をコントロールするのはあれでなかなか大変なんですね。
それと同じで、この漫画は徹底したあざとさをいかに制御するか苦心しているのが随所から読み取れるので、読み解く姿勢で臨んでも意外と面白かったりします。
今回も、あまりの恥ずかしさで読者が限界を迎える直前で上手い事オチをつけてましたしね。

新手の婿候補
今回も、何らかのオチを持った素敵キャラである事を強く強く希望します。
ついでにエロイベントを起こしてくれると、尚の事よろしい。
矢吹先生単体では不安ですが、長谷見先生がついてれば大丈夫でしょう。
少なくとも、バトル路線になる事は決して無い。


ムヒョ
今週はかなりメイクプープーな感じで、素晴らしかったです。
あまりの駄目さ加減に、僕は終始ニヤニヤしてましたよ。

「幽霊なんていないの!! わかってチヨ!!」
もうここからして、素晴らしすぎますね。
ムヒョは堂々と看板を構えてますし、五嶺さんに至っては全国展開してますが何か?
しかも、高校生が持ってる就職雑誌にまで魔法律関係の情報が載ってたしなあ……。
しかし、この両親の気持ちも分からないでもありません。
霊が見えるというのは、イコールで魔法律家に関わる可能性が高いという事です。
あんな人間のゴミどもと関わるくらいなら、娘を放逐したくなる気持ちも分からんでもないなあ……。
思うだけで、実際にそれをやる事は現代日本じゃ不可能なはずなんですけどね。
この世界では、そういう選択肢も有りなのか……。
さすがはムヒョ世界、政治・社会まんべんなく腐ってます。

「知るか、つまみ出せ!!」
そりゃ、面接の場で唐突に花言葉について語られたら追い出したくもなるでしょうね。
でも、面接の場で漫画読んでる人間には言われたくないと思うんだ。

「見逃してやるから、さっさと成仏しやがれ」
管理人、このコマで爆笑してました。
いや、素晴らしい。ディ・モールト素晴らしい……。
普通にストーカーとかしてたのは、ムヒョ的にはスルーして良い事なのでしょうか?
百歩譲って操られてた風だし情状酌量の余地があるとしても、ムヒョは前に何の罪も無い幼女の霊を地獄にぶち込んだりしてるんですよね。
それに何より、どんなにいい話っぽく見せかけようとしても、恋心を抱いた理由があんなにショボくてはギャグにしかならんのです。
これ、詰まるところは「ムヒョ世界に生まれたのが運のつきだった」っていう話ですからね。
普通の世界なら親にも放逐されないし、申し込み用紙を分けて貰う程度の出会いなんて無数に存在しますよ。
柱の、
「憐れな少女は逝った…」
というのも、笑いを誘います。
そりゃ確かに、こんな世界に産まれたのは憐れだ。


エムゼロ
う~ん。
とんでもない勢いで、空気漫画化してる気がします。
ちょっと前までは、
「期待してたけど、ちょっと期待外れな漫画」
だったんですけど、現在では、
「あってもなくても、どっちでもいい漫画」
に、僕の中でなりつつあります。

扉絵
駄目だなあ、叶先生は。
もっと、読者に媚びないと!
ぶっちゃけた話、九澄なんてどうでもいいと思っている読者が大半ですよ。
この漫画に求められてるのは美少女なんだから、主人公の出番はリトみたいに控えめなくらいで十分なんです。
それより、美少女分を前面に出さないと。
先週はとらぶるがセンターカラーでしたが、

f0029827_3242955.jpg

並べてみれば、差は一目瞭然という感じです。
同じ美少女ラブコメとして、どちらが正しい姿勢かは明らか。
少なくとも、男のカラー扉絵だけは絶対に求められてません。

空気化について考える
何でここまで空気化してるのか考えてみたんですけど、先週といい今週といい、全くラブコメってないんですね。
追いかけるのも男なら、追いかけられるのも男。
明らかに、この漫画に求められてる方向と真逆を突っ走ってます。
そりゃ、つまらなくも感じるわ。

「30秒間の磁引力!!!」
これは「少し強化した」というレベルではなく、普通に強力な魔法だと思うんだ。
応用力もバッチリだし、どう考えたってこの段階で伊勢に身につけさせるべき魔法ではない気がします。
救いがあるとすれば、この漫画はバトル路線ではないという事。
でも、掲載順も低迷してるし、下手するとバトル路線に変更させられるかも知れませんね。
タカヤの悪夢再び! 今の編集部なら、やりかねない気もします。


オマケ
今日も今日とて、ジャンプとは全然関係ない作品の紹介をするオマケです。
ミスタさんの所で、触れられていたこのゲーム(18禁につき注意)。

f0029827_3245048.jpg

f0029827_324572.jpg

うん……ある意味すげえ!
で、調子に乗ってミスタさんとこの掲示板で、
>>うほ、これは素晴らしい!
>>もしミスタさんが買うなら、僕も購入して勇者になりますよ!

と書き込んだんですよ。
まさか、こんなつまらなそうなゲームを買うわけはないでしょうし。
そしたら、
>>冬に発売らしいですからその時の懐状態にもよりますけど、たぶん私は買うと思います。
と、見事に返されてしまいました。
……。

f0029827_3251163.jpg

f0029827_3251891.jpg

かくして、僕も自動的に恋姫無双購入が決定したのでした。まる。
どうやら僕は、ミスタさんの覚悟を甘く見ていたようだ……。

[PR]
by ejison2005 | 2006-07-04 03:25 | ジャンプ感想