週間少年ジャンプ 30号 感想
f0029827_2265814.jpg

チャンピオンREDを買いました。
お目当ては勿論、付録の舞-乙HiME super H 完全版です。
この番外編は単行本に収録されないと知って、光の速さで購入してきましたよ。
気が向いたら、水曜か木曜に感想記事を書こうと思います。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。
どうでもいいけど、表紙の一護達がヤクザの出入りに見えました。


ブリーチ

今日も元気に日番谷隊長
うわははは、日番谷隊長はいつもいつも素晴らしいなあ。
ここまで徹底してるのを見ると、久保先生は分かった上で日番谷隊長をヘタレにしているみたいですね。
今回の日番谷隊長の何が面白かったかというと、、
「させるか!!!」
と叫んだ上に卍解までして、これっぽっちも間に合っていないところだと思います。
本当にこの人は威勢だけだなあ。
更にその後で攻撃を一発防いで、その程度でいい気になって、
「…どうした、こんなもんか? 解放状態のてめえの攻撃ってのは」
とまで凄んで見せて、やっぱり瞬殺されましたというのも素晴らしかったです。
持ち上げて落とす。持ち上げて落とす。
何でしょうか、この天国と地獄は?
日番谷隊長のヘタレ描写が何故ここまで面白いのかを、ちょっと考えてみましょうか。
まず第一に、
「ぶっちゃけ、日番谷隊長が主役でもソウル・サエティ編いけたんじゃねえ?」
というくらいの美味しい立場、というのがあると思います。
雛森副隊長のために東奔西走していた時の彼は、とても輝いていました。主役の一護を食うくらいに。
ビジュアル的にもいわゆる「飛影タイプ」のキャラとしてツボを抑えてますし、超強い敵集団の幹部という時点である意味勝ち組です。
そんな美味しい立場にいるキャラが、毎回毎回ゴミの様にボコられていくデフレっぷりが彼の魅力なんじゃないかな?

グリムジョーさん大ピンチ
「だから、強くなる前に始末しようとしたんだ!」byグリムジョーさん
それでも一撃で倒されないのが、ブリーチクオリティ。
解放前の破面なら瞬殺くらいでも、いいと思いますけどね。
どうせ仮面の軍勢は数が少ないですし、破面にだって解放がありますし。
現状だと仮面の軍勢が死神側に傾いてる感じなので、強くしすぎると戦力バランスが崩れてしまうのが原因でしょうか?

ジョジョに学んでみよう
いやあ、それにしても一護は駄目ですね。
時間制限がある能力で、何だかんだと無駄口を叩くだなんて。
どうしても話したいなら、

f0029827_22722100.jpg

承太郎並みの早口スキルを身につけないと。
前から思ってたし、誰だって思うだろうけど、彼は数秒しか時間を止められないくせにマッタリしすぎだと思うんだ。
というか、このシーンはどんだけ早口で喋ってるんだろう?


ナルト

そういう修行は三年間の間に済ませておけ!

誰だってそう思う。僕だってそう思う。
自来也様を差し置いて、カカシ先生が指導するというのも何だかなあ……。
まあ、これが最後の修行パートでしょうし、温かく見守っていきましょうか。

二尾の人柱力
うわあ……。
普通だ。すっごい、普通だ。
何でしょう、この十把ひとからげの背景軍団にまぎれて、
「「「うわー、ぐわー!」」」
とか叫びつつ吹き飛んでいそうな御仁は。
暁相手にあれ程の奮戦を見せたガアラと比べて、何たる扱いの差か!
まあ、人柱力最強の九尾を宿しているナルトだって3年間修行をしてもあの程度ですし、正しいっちゃ正しいのですが。
でも、いくらなんでも残りの人柱力全てがこんな人だったら嫌だなあ。
ちゃんと、強者としての人柱力も登場させて欲しいものです。


アイシールド
そういうシーンじゃないんだけど、1人だけポツンと阿含君が立ってるシーンで思わず笑ってしまいました。
その後に見せた反応も、逐一素晴らしい。
何でしょう、この勢い込んでデートに挑んだもののドタキャンされてしまった青年みたいな純朴さは。
かーわーいーいー!
阿含君、超可愛い!
僕は何だか、急に彼の事が好きになってきましたよ!


ワンピース

「四角なのに、死角無し」
僕はバトル中にくだらないギャグを混ぜられるのがあまり好きじゃないんですけど、今回のこれは笑ってしまいました。
やってる事は極めて馬鹿らしいのに、実行してる本人はあくまで真面目なのがポイントかと。


ネウロ
いやはや、本当に素晴らしい……。
松井先生、何かに取り憑かれてるんじゃないですかね?
本当に、良い漫画に育ったなあ……。

さりげなくヒステリアの株価操作
死んでしまった吾代さん上司の様に、物語から退場した後にもキャラを深めるのがネウロの良い所。
今回の場合は、ヒステリアの株を上げると同時に(ヒステリアだけにかませ犬的に)敵の恐ろしさを強調する役にも立ってますし。
僕は、こういうの好きなんですよねえ。

「夢から覚めるワクチンを作ってやろう」
ネウロの良い所、その2。
今まで登場した犯人全てにいえますが、やはり己の美学を持った悪役というのは格好良いものです。
春川教授のやった事は重罪だし、ワクチンを作ったって許されるものでは無いんですけど、それでもステロタイプな悪役じゃ持ち得ない「深み」を獲得したと思います。

春川教授、死す
スゲー! 松井先生スゲー!
ここまで丁寧に丁寧に丁寧に育て上げた春川教授を、惜しげもなく殺すとは!
最後の最後まで、春川教授が助かるのか死ぬのかが分からなくって、ドキドキしましたよ。

電人HAL
生みの親である春川教授が死んで穏便な手段での解決が不可能となった今、どうやってこいつを倒すのか普通に楽しみです。
電子世界ではネウロでさえ勝てない程の相手だから物理的に大元を破壊するしかないんでしょうけど、どうやってそこまで近づくんだろう?


リボーン
この漫画のキャラも、ワンピに負けず劣らず頑丈だなあ。
それとも、獄寺君の爆弾には火薬以外の何物かが詰められているのでしょうか?
後は、ワイヤーのトリックもちょっと説得力が無くて残念でした。
どうせ死ぬ気の炎を出す奴がいるんですし、そこは、
「先祖代々の特殊能力で風を操れるんだよ!」
くらいの力技で押し切った方が良かったと思います。
今更、超能力者が1人2人増えたくらいじゃ誰も気にしないですよ。きっと。


もて王
今回はカブト感想ブログとして逃せないですから。

ブルマヤッホウ! ハンラヤッホウ!
実に素敵な学校です。
女子だけでなく、男子もちゃんとペナルティを負ってそれで女子が得をしているというのが素晴らしい。
お婆ちゃんが言ってた。政治の基本は飴と鞭だってな……。

キャストオフ
不覚にも、フンコロガシの段階では気がつきませんでした。
流石に、剣を「ガコッ」とやった時には気がつきましたけど。
というわけで、

f0029827_2274681.jpg

f0029827_2275167.jpg

f0029827_2275826.jpg

元ネタは仮面ライダーカブトのライダー達が本気モードに入る際に行う、「キャストオフ」ですね。
矢射子の場合は剣を使ってるので、4号ライダーのサソードです。
子供番組のヒーロー故、全く活かされないであろう毒属性を持つ上に、早々と自分がメインの回が終了してしまった非業の漢。


とらぶる
いやあ、駄目だなあ。
分かってないなあ、矢吹先生も長谷見先生も。

どう考えたって、最初の男装モードの時が一番可愛いじゃないですか!

僕と同じ思いを抱いた人は、きっと多いはずだと信じたい(じゃないと、僕が変態だという結論に……もう遅いか)。

「最近この辺にできた水族館の割引券だって、4名まで」
次回、水族館編に続きます。

ペケ、エネルギー切れ
……あれ、でもペケ自身には自分のエネルギーがどのくらいで尽きるか分かってたハズですよね?
ウルトラマンだって、カラータイマーついてますし。
……は!
まさか……まさか……。
全ては……ペコの……。

f0029827_2281429.jpg

計 画 通 り だ っ た と い う の か ! ?
どう考えたって、わざとやってるよなあ……。
よくやった(親指を立てる)。

ランジェリーショップへ
いかんなあ。
お約束の展開なのに、終始ニヤニヤしっ放しですよ。
手の平で踊らされてるなあ、僕。
もうリト君は開き直って、VIPにスレを立てるしかないと思うんだ。


ランジェリーショップで好きな子と鉢合わせしちゃったんだけど

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]
居候してる女と妹の3人で街へ買い物に出かけたら、突然居候女の服が破けちゃったのよ。
もう、下着から何から全部。
しょうがないからランジェリーショップの試着コーナーに居候女をぶち込んで、妹が新しい服を買ってくる間だけ待ってたら、片思いしてる子と鉢合わせしちゃった。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]
>>1
くわしく話を聞こうか。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]
>>1
ちょwwwwwもしかして、昼間に半裸で街中を爆走してた女達はお前らかwwwww

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]
>>3
写真うpキボン


ムヒョ
申し込み用紙貰っただけって、どれだけささやかな幸せなんだよ!
と思ったのですが、いかんせんあそこは魔法律家達の総本山。
その程度の事ですら、人生を賭けた愛を誓うに値する土地なのです。
僕の中で、あそこは末期の李氏朝鮮みたいなイメージになってます。


ディーグレイマン
あー、その……。
星野先生は、同じ雑誌で連載しているハンターとかを読んで何も思わないのでしょうか?
似たような状況だというのに、片方は死ぬ程入念な準備を重ね、片方は万歳特攻。
何だかなあ……。
せめて、ファーストアタックが失敗したら尻尾を巻いて逃げるくらいの判断力は欲しかったですね。
というか、何で伯爵は元帥の居場所を補足してるんだろう?


ツギハギ
いやあ、斬新だなあこの漫画は。
素晴らしいオリジナリティだ。
村の真ん中から分かれて争い合うなんて設定、

f0029827_228518.jpg

f0029827_2285740.jpg

たとえ、ガン×ソード第5話にだって存在しませんとも!

とまあ、この様にこじつけようとすればいくらでもこじつけれるので、パクリ検証というのは不毛で好きじゃなかったりします。
多分、この回想が終わったところで、
「さあ、いくぞ!」
形式の終わり方をすると予想。

[PR]
by ejison2005 | 2006-06-27 02:29 | ジャンプ感想