艦これ戦記 89
f0029827_2081850.jpg

f0029827_655894.jpg

f0029827_6657.jpg

 というわけで嫁さんを増やしてみた。
 あれよな、パセリ艦といえば十七駆という風潮だけどここに一人これだけの美女がいることを皆もっと意識するべきそうするべき。

 で、今回は夏イベを終えてこれからどうするかの指針記事。
 夏イベに関して色々と思うところはあるけど、それは色んなところで語られてるしいいや。言いたいことは全て他人が書いてくれてるし、僕は他のもの書くので忙しい。


 ネジの使い道:決定案

f0029827_661873.jpg

 現在、手元にあるネジは23個。これを効率よく使用し艦隊の強化を行うのが秋イベに向けての最重要課題であろう。

 この際、

 ネジは全て砲に回す

 ……というのが、冒険の書泊地における方針である。

 大型探照灯などにも心惹かれるものはあるが、やはり攻撃こそ最大の防御だ。砲を鍛えてこそなんぼであろう。
 魚雷という手もあるが、これは砲に比べいささか汎用性に欠けるのでやめておく。


 まず絶対に必要となるのが、

 41cm連装砲×3 → ☆4×3へ
 41cm連装砲☆1 → ☆4へ

 この改修である。

 これは正妻である長門とその妹を活躍させるための必須条件であり、確実化を行わず全て首尾よく成功したとして、この段階で消費はネジ15個だ。任務による取得分を差し引いてもかなり使ってしまう。
 が、嫁であることを差し引いても長門型は活用範囲が異常に広いため決して無駄にならない投資である。

 次に重巡用の砲だ。

 20.3cm(3号)連装砲×2 → ☆4へ

 ……この段階で、同じく最低でもネジ8個の使用である。
 これにて見事使いきり。改修計画も終了だ。

 全部成功するといいなあ。


 ネジの使い道:思惑

 とにもかくにも、使う場面の多い砲を優先して強化するという広く浅いドクトリンですね。これらの砲は41cm連装砲なら扶桑型にも、20.3cm(3号)連装砲なら重巡全般が使い回せるので取り回しが効く。

 本当なら10cm高角砲+高射装置も強化してやりたいところだったが、より砲戦火力が重要な艦種のために我慢してもらうことにした。
 駆逐らには今まで通り、12.7cm連装砲☆MAXで我慢してもらうとしよう。


 艦隊育成について

 まず、自主的なデイリーとして一日一回必ず4-5には参拝している。運よく朝霜を入手できればコンプ勢の仲間入りだからね。

 それとは別に、

f0029827_663493.jpg

 3-2-1をこんな面子で回して速吸&おまけで瑞穂の育成。当然MVPが速吸へいくよう調整してある。
 空母系全艦レベル75overは密かな当泊地の自慢であるので、これは精力的におこないたいですね。

 で、演習の方をどうしてるかといえば、

f0029827_664722.jpg

 このような編成で挑んでいる。

 面子に関してだが、照月は戦力として重要だからであり、リベは我が泊地における三国同盟構想において必要不可欠な艦だからだ。

 となると他の四名が浪漫枠なわけでして、要するに夏イベラスダン突破と同時に運命的邂逅を果たした風雲のために第十駆逐隊を育成しているわけですね。

 風雲に関しては際限なくレベリングしますが、他の面子に関しては実戦投入レベルである75に到達次第夕雲(現在57)と交代する腹積もり。
 で、その後は他の夕雲型と入れ替えで育成ですね。

 風雲はとにかく可愛い娘なので、彼女とその仲間は優先して秋イベに投入してやりたい。


 まるゆの投入先

 変わらず妙高で。

 彼女、今現在レベル98だからいっそケッコンカッコカリしちまえば魚雷カットインのキャップ50にも届きそうなんだよな。4-5旗艦は任せてるので、気長に育てていきたい。

 その後は……風雲に投入かなw
 阿武隈でもいいけど、7☆3☆1☆Zの一員たる神通で夜戦火力を期待する考え方もあるしね。先述の改修した20.3cm(3号)連装砲も活かせるし。


 秋イベにむけて

 そんなわけで皆さん、夏イベお疲れ様でした!

 今後は気になる五航戦改二なども控えておりますが、備蓄と育成のバランスに気を配りつつがんばっていきまっしょい!

[PR]
by ejison2005 | 2015-09-11 06:10 | ゲーム | Comments(3)
Commented by 都々目 at 2015-09-11 20:24 x
2015年夏イベント、実は、リアル生活で色々あると「ゲームだけは頑張ろう」なんて心境にならないものだなという事を痛感しました(現在もまだ渦中といえます)。それについては、書ける時になったら。

【今後の方針その他】
●「そう、心を持った生きたネジ。惑星を支える生きた部品。」
数えてみたら112個、ってホいつの間に!?確かに徹甲弾☆6をデイリー量産してましたけど、それ以外ほとんどやってなかったからか。
改修の方針は、
・軽巡重巡のために阿賀野砲と三隈砲or羽黒砲
→特に連合艦隊では命中率が重要ですし、今まで殆ど手付かずでしたので。
・35.6cm、41cm砲
→フィット砲は数本強化が要るかなと。そのために砲を余らせてたのにこれまた手付かず(^^;
・ビスコ砲(余裕があればパスタ砲も)
→いまや連合第二艦隊の重要艦と化しましたからねビスマルク。砲は若干強化したまま放置してたので。
・五連装魚雷
→中途半端な改修で止まってるので、共食い手前までは。

●「○○流星拳!」「△△彗星拳!!」「◇◇瑞雲拳!!!(←何)」
艦載機熟練度は、艦戦は上がったらまず減少しませんが攻撃機系はツ級のせいで何度も何度も殺られるので、熟練度の高い機体を「多数」準備しておく必要が出てきましたね(面倒くせぇ/^^;)。水上爆撃機は運用数が少なくて全滅しやすいのでこれまた大変ですが、素の瑞雲の強化までは手を回せないかな。観測機はいつの間にか26機になってたので全機MAXを目指します。彩雲は手持ち全部MAX到達。二式艦上偵察機にも熟練度付きますが、どんな効果があるんだろこれ。
Commented by 都々目 at 2015-09-11 20:26 x
●「たぶんこんなこともあろうと思って」
46cm砲も思い出した時ぐらいにちょこっとレシピ回して出たらラッキー、ぐらいには開発するのもいいかも。あと観測機がかなりの数に達したので、デイリー艦載機も再度やろうかと。というか機種変更任務がいつまた発生するかわからないので天山はじめ流星、彗星も2~4機ぐらいは残しておいたほうが良さそうですな。いやほんと、偶然2機残してたからよかったけど、そうでなかったらイベント中に無駄な資源の浪費が追加される羽目に陥るところでしたよ……。

●「支援艦隊の秘密を暴け!」
・道中:榛名・比叡(主砲2+電探2)、祥鳳・瑞鳳(艦爆3+電探1)、睦月・如月(主砲2+電探1)
・決戦:霧島・金剛(主砲2+電探2)、飛龍・蒼龍(艦爆3+電探1)、夕立・綾波(主砲2+電探1)
という組み合わせで(上記艦が本隊に出ない場合は)ほぼ固定メンバーでした。
で、支援艦隊には☆も艦載機熟練度も関係ないですけど、フィット砲も関係ないと知り(システムが古いままで手が入っていない)手持ち8本の46cm砲を各々砲×2+電探×2で使用。威力が上がったんだかそうでないのか、命中率がどうだったのかあやふやでしたけど、それってつまりフィット砲は関係ないってことですね(^^;

●「補強増設の甘い罠」
一発大破他無傷、という状況を目の当たりにした時、誘惑の甘い囁きが。
同時にダメコンも用意しなければならない、そして起こりうる「つけ忘れ轟沈」。
今回追加された(課金)アイテムのなかでも、まさに魔性の一品ですよ……。
Commented by ejison2005 at 2015-09-19 06:10
>>都々目さん
僕の場合、攻撃機の熟練度は割りと捨て去ってますねえ。
さすがに演習で投入するような真似はしませんが、生きてりゃ御の字くらいの感じ。先日も4-5で鍛えた瑞雲12型が一個逝きましたし。

支援のフィット砲が関係ないってのはマジですか? 僕……信じてもいいの?

補強増設はほんと指差し確認を落ち着いた心境で、ですね。
あれはうっかり轟沈誘発システムだよなー。