ラブライブ!The School Idol Movie 感想
 見てきたよー。

 ファンムービーとしては十分に楽しめる出来だけど、一つ映画としては粗が目立つ……といったところでしょうか。

 以降、ネタバレあり!




 さて、この映画における良かった点というのは新曲であったりそれを披露するライブシーンであったり各キャラクターにスポットを当てたコメディイベントであったり、というキャラ映画としての部分です。アイドル達が可愛らしくしている姿を堪能することができる。
 個人的には、NYのレストランで日本のJKが執拗にフライパンを要求するシーンが面白かったです。

 反面、肝心のドラマパートが実に花田大先生が花田大先生をやってらっしゃるんですよね。二期で持ち直したと思ったのにそれかい。


 ドーム(スクールアイドル一斉ライブ)か海外ライブがどちらかに絞った方が良い

 まず、気になったところ。

 キャラクターの大目的として「ドームライブの成功(集客)」というのがあって、そのための前提として海外ライブを行うわけですが、尺も限られてるわけだしそのような多段式ロケットじみた構造にする必要は全くなかったと思う。

 結局のところ、「あるライブを成功させるために頑張るお話」という基本構造は何も変わっていないわけですからね。無駄に遠回りな話にしてしまっている。

 大体、ドームライブとNYのど真ん中ライブとではどう考えても後者の方が明らかに難易度高いですからね。前提条件の方が難しいとか何かのギャグでやっているのかと思った。

 まあ、そもそもTVシリーズでも「JKの手作業パワーで除雪」という荒業をやらかしてたし、この映画内でも「JKパワーで秋葉原完全ジャック(一般の通行人すらいない)」をやらかしてるからなあ。リアリティもへったくれもないか。

 あれだな。この世界のJKというのはとてつもない戦闘力を秘めていてそのお言葉は都政でさえも動かすとか、そのような裏設定でもあるのだろうか。こええ。JKこええ。

 まあ、一応ながらこのような構成にした意を汲むと「中盤にライブシーンを入れたかった」というのがあるんでしょうけどね。ロボットアニメにおけるロボット戦みたいなものなのだから、そちらを重視したのだと思えば納得できます。


 解散問題の蒸し返し

 これはもう完全に焼き直しというやつで、そこはTVシリーズで解決したんだから蒸し返すなよとしか思えないですね。
 この問題が再浮上した理由も「思ってたより人気があったから」というなんだか情けなくなってくるようなもので、解散しようかなどうしようかなチラッチラッとミサワの如き態度をスクリーン前の観客に向けるアイドルなど見たくなかった。
 大体、人気があるなんてのはラブライブに優勝した時点で分かりきっていたことですしね。規模の違いこそあるけどさあ。

 μ'sの解散という問題を使うなら、それこそ劇場版らしくスポットの当て方を変える必要があったでしょうね。
 具体的にいうと、雪穂と亜里沙を準主役的な立ち居地にして世代交代をテーマにするとか。もはや原形すら留めなくなるだろうけども。


 謎の女性シンガー……探偵さ

 夢の中でケッコンカッコカリでもしたのかな(提督並の感想)。

 一応解説すると、作中において「天然で正解路をゆく」描写がされている穂乃果であり、師匠キャラなどもいないので悩んだ時に道を指し示す存在がいないのですね。
 で……あるから苦肉の策? としてやったんでしょうけど……うん。なんだこれ。


 結論

 そんなわけでストーリーなんぞかなぐり捨て、ドラマと関係ないキャライベントとライブシーンを楽しむタイプの映画であったと思います。

 それと、解散が悲しくて悲しくて仕方がない。この後μ'sメンバーがどうなったか知りたくてたまらない、という方もおられるでしょう。

 ただ、これはこの映画にしては唯一きっちりと複線が張られている点で、この後残りのメンバーが何をしたかというのははっきりと示唆されているのですよね。

2016年受験用 全国大学入試問題正解 英語(追加掲載編)

旺文社


 そう、つまりこういう事です。

 うん、どちらにしてもアイドル活動続けるのは無理だったんじゃないかな……。

[PR]
by ejison2005 | 2015-07-12 05:36 | アニメ