ブラクロはファッション
 カラーも普通に貰ってるし、掲載順位も上々だからアンケも取れてる。

 それでも僕的には何故かノれない惹かれない漫画であるブラッククローバーですが、ついにその理由へいきあたりました。

 そう……ブラッククローバーはファッション漫画だったのです。


 魔法世界のファッション劣等人

 さて、本作における重大な設定として「主人公が作品世界で常識とされる力を一切持たない無能力者」というのがありますが、これからして僕にはファッションに感じられます。

 まず、大前提として主人公は普通に理解者いるんですよね。

 親友でありダブル主人公の片割れっぽくもされてる彼がその代表格ですが、同じ施設出身の子供達には普通に(イジられながらも)楽しく暮らしていた感じですし、どうも一般人が使える魔法は生活がほんのちょっと便利になるくらいの代物っぽくてぶっちゃけ、無くてもどうとでもなりそうなものです(第一話で何故か働き口なしと断じられてましたが)。

f0029827_6451456.jpg

 ちなみに似たような設定を持つブレイクブレイドの主人公は手紙で呼ばれて上京するだけで死にかけてましたし、便利な農耕機械も使えないので自分と弟だけ原始農耕をして暮らしています。
 このレベルで不便な生き方をしてくれていると、ファッションとは思えないのですけどね。

f0029827_6452937.jpg

 それか最近またうちはの家庭事情に振り回されてる彼のように、秋道チョウザから命を狙われるくらいに迫害されてるとまた違った感想となったかもしれませんね!


 また、知っての通り作中世界でジョーカー足り得る能力を一話で入手するのでもはや活躍は約束されたも同然です。
 しかし、実際は大勢の前で能力と特性を公開してるにも関わらず出会う魔法騎士全てからやたらと小ばかにされた扱いを受けています。

f0029827_6454651.jpg

 似たような立場の人物ではやはりお兄様が挙げられますが、この人一応はオフレコで頼んで能力を公開してないからこういう立場なんですよね。アスタ君とは全然違うわけです。
 そのお兄様も能力を知ってる偉い人達からは国家にとって切り札足り得るコメディアンとして扱われており、筋の通った設定となっています。

 翻してアスタ君は、何故このような扱いを受けてるんでしょうね?

 まるで登場人物全てが「舐めくさっている相手が予想外の大活躍をして手の平返しする」ために全力で条件を整えてるかのような違和感を覚えます。
 このお仕着せ感……誠にファッショナブルな劣等人種設定であるといえるでしょう。

 僕が偉い人なら、明らかに特殊すぎる人材なので別枠採用して研究するとか、それが実を結ばないなら最悪要人暗殺用の鉄砲玉(この世界だと有効)にするとかしますけどね。


 ファッション下民

 本作でしばしばフォーカスされる要素として「下民がどうのこうの」というのが挙げられますが、ここで疑問に思うのは下民=不幸なのか? ということです。

 闇市へ行く話で城下町の人間は豊かに暮らしているという感じの描写をしていましたが、それは江戸町民とそこらの農村部の農民の生活を比べるようなものではないか? と思えてしまうのですね。
 で、江戸時代の農民がおしなべて不幸で劣悪な暮らしをしていたかといえばそんなことはないわけで、いまいちパンチに欠けているのです。

 最近主人公の筋肉スゲーをやっていたことから、少なくともその筋肉を育むに足る食生活は送れていたと推察できますし(しかも施設で)、別にそんな劣悪な暮らしぶりでもなかったんじゃないかなあ。

 おしんのように身売りさせられるレベルの貧乏さだとか、あるいは下民総動員で聖帝十字陵でも建設しているなら話は別なんですけどね。

 そういった下民であることの悲壮さや困窮っぷりもなく、ただただ言葉だけで下民がどーのと言われても……。

 下民であることの悲惨さは存在せず、その肉体で出来うる労働とか手伝いすらせず(相方が勝手にやっちゃってたからだけど)非生産的な肉体修練を送り続けてきたアスタ君……。

 君が下民としての立場で何か言っても、それファッションにしか感じられないから!


 ファッションピンチ

 最近展開されてる、

 敵を倒す → 倒した敵が復活してピンチ → 吹っ飛ばされた先に逆転の切り札

 というおきあがりこぼしみたいな敵との戦闘についてです。

 いかんせん、先週一度倒しちゃってるし今週も復活されてピンチと思いきや速攻で逆転の切り札へ(偶然)たどり着いちゃってるので強敵感もハラハラ感もまったく感じないんですよね。

 一応、偶然逆転の切り札へ吹っ飛ばされる展開としてはトリコ対GTスター戦がありますが、

f0029827_2050883.jpg

 こちらは事前に覚醒イベントまで盛り込んで、その上でボッコボコにされてからジュエルミートへ辿り着いています。
 とにかく当時のトリコに出来る人事を尽くし、それを超えたオーバーパワーを振るった上でこの展開なのです。だからこそハラハラするしスタージュンくそつええともなるし、その後の天命(ジュエルミート到達)を受け入れられるのです。

 アスタ君の場合は、とにかく主人公を苦境に陥れないようにという天の采配が振るわれすぎてる気がします。もはやここまでくると、ファッションピンチ通り越してバリアフリーの領域です。


 ファッション吐血

 ボボボーボ・ボーボボじゃないんだから。


 まとめ

 というわけで、主人公の劣等人種設定・下層民設定・バトル展開・吐血……。

 作中でフィーチャーされてる要素全ての特徴として、主人公にリスクが全く無いんですよね。


 極めてノーリスク。

 でもでも、リスクを受けているっぽい感じには振る舞っちゃう!

 その上で本来はリスクから生じるはずのリターンは不足なく享受。


 この極めてファッショナブルにリスクを着こなしている感じが、どうにもこの作品を楽しめない理由なんじゃないかなーと、そういう記事でした。

[PR]
by ejison2005 | 2015-06-25 06:52 | 漫画 | Comments(6)
Commented by 無名 at 2015-06-25 22:08 x
流石にそろそろ主人公以外の見せ場作ってくれよ‥‥と今月入った辺りからずっと思ってますが未だに主人公しか見せ場が無いという。

しかも主人公が凄いと思える様なものならまだ救いはありますが、周りの格が落ちるだけの展開なのがなぁ‥‥金色組はエリートの筈なのに雑魚しかおらんやん‥‥。ファンタジー枠だから応援したいんですがね。

ソーマや相撲、ヒーローがあるので個人的には毎週楽しみな漫画が増えてきて満足なんですがエジソンさんはどうですか?

あとUBS結構好きなのに打ち切り不可避なのが辛い。
Commented by ejison2005 at 2015-06-28 05:24
>>無名さん
特にメガネの人やばいですね。
炎使いの人でも魔法封印する束縛術使えるのにエリートが使えないとか……。
いやむしろ大リーグ先輩がすごいのか? 器用って言われてたし。

僕はやはり相撲とヒーローが毎週楽しみですね。ソーマは旨味旨味言いすぎだと思う。

UBSは、うんそのうち記事にしたいかな。
Commented by 多鎖 at 2015-06-28 14:39 x
ブラクロはありきたりな展開すぎて途中から流し流し読んでいたのですが、ファッションリスクという言葉が端的にこの作品を表していて納得しました。ぶっちゃけ、レベルの低い俺TUEEEE作品とやってる事は変わらないという。

この話に関連して去年アニメやってたノーゲーム・ノーライフの作者がtwitter上で「いや、俺の作品はむしろ『俺YOEEEE!』だからね!」と謎のツッコミを入れていたのを思い出しましたが、あの作品は
「チートじみた先読み能力と徹底的な根回しで、無理ゲーを綱渡りゲーまで格下げして下克上」
という明確なコンセプトがあるのと
「常に二人一組かつゲーム以外は人間として終わってる主役」「ゲーム以外は主役コンビよりハイスペックなのにダメな子扱いの成長役」「主役に心酔してる脳筋寄りのチート役」
という感じでメインキャラの「格」の付け方に相当気を使ってる感じがするから掛け合いだけで面白いです。

…UBSは、ももっちみたいに光るものはたくさん持ってるのは間違いないのに、ジャンプ向けにカスタマイズしきれなかったのが敗因かなぁ。
UBSの発展系として次に「バトルもある日常モノ」とか描いたら案外人気出そうな気がする。
Commented by スガリ at 2015-07-02 17:00 x
一応のライバルキャラ兼親友のユノまでまともな活躍のないアスタの踏み台ってのがなんというか
眼鏡だけならまあ立ち位置とか考慮して多少はいいかなって気にもなるんです
アスタの所属する暴牛自体が下に見られてるって前提も考えれば
眼鏡だけなら見下す、見直し、アスタ凄い! はあってもいい、食傷気味ですが
これ序盤でサスケが回想ブーストした直後にナルトがやって来て、サスケが活躍する前に敵を倒すぐらいの展開ですもの
あくまで主人公を活躍させるってコンセプトなら理解はできますが、よりによってユノの扱いがとなると…


お兄様はあれですね、作中で本人が「俺は凄くない」とか言い出したら突っ込み食らうのと
ネームドやモブも一度実力を見たら以後は「あいつの格は高い」と認識して
無茶な仕事振ってくるあたり、作中と読者視点の評価のブレが少ないっていう意味ではいいと思ってます
作中で性格悪いとか言及されてるのも地味にポイント高い
Commented by ejison2005 at 2015-07-04 06:58
>>多鎖さん
しかもアスタ君はファッションであることを理解してないからね。リスクであると本人は思っちゃってる。
なろうの転生ものだって、チートであることはチートとして理解しているものなのですが。

ノゲノラはツッコミどころもあるけど何やかんたそれなりに楽しんで見てたなあ。

UBSについては別記事書きましたよ、と。
Commented by ejison2005 at 2015-07-04 07:00
>>スガリさん
うん、なんか本に新たな力が宿ったっぽいのに、ユノ相変わらずクソの役にも立ってないよね……彼の存在意義って一体。

>お兄様
そしてそんな周りの扱いと本人の言動行動だけで笑いを取れるお兄様はさすがです! さすがですお兄様!