BLOOD+ 第33話「信じるチカラ」
f0029827_2131374.jpg

駄作によって受けるダメージは、良作で癒す。
これ、管理人の掟。
ネウロ は回を重ねるごとに面白くなっていくなあ。
松井先生は、若手漫画家の中で最も努力を感じさせてくれる人だと思うのです。
それでは、今週も感想と参りましょう。

これまでのあらすじ

f0029827_21332140.jpg

先週書いた通り、それならそれでネタとして扱おうと思います。
えいえい、おー!

フランスは翼手の巣窟
丁度、切り裂きジャックみたいな都市伝説と化しているのでしょうか?
といっても、特殊部隊まで出撃してるなら都市伝説でも何でもないけど。

デビット酒に溺れる

f0029827_21335984.jpg

やばい、凄く笑っちゃいました。
いやあ、酷い仕事するなあスタッフ。
これ、相対的にカイを良く見せるためだけに性格改変してますよね?
今までのデビットの描写から考えると、むしろ率先的に組織の建て直しを図るはずなのにこの体たらく。
駄目な作品の条件のひとつである、「展開に合わせて無理矢理キャラの性格改変」を早速犯しちゃってますよ。
なんかもう、逆に酷さが楽しみになってきちゃいそうなんですけど。僕って歪んでるかな?

ジョエルのプレゼント
何で車椅子なんだろうと思ったけど、そういや前回で攻撃喰らってましたね。
そりゃ、あんな化け物に攻撃喰らったら下半身麻痺にもなりますか。
ダメージをダメージとして受けてくれただけで、ちょっぴり嬉しいです。
で、この人が特殊弾頭を持ってきたんですけど……。
そんな拳銃にばっかりこだわらず、素直にもうちょっと強力な銃を使うべきとしか思えないんですよね。
イザという時の切り札とかなら別ですが、カイの場合は最初から拳銃一本ですから。
そりゃ、話の都合によっては拳銃でもドカドカ倒されてた雑魚翼手ですけど、彼ら基本的には不死身の怪物なんですから、グレネードガンとか使おうぜ!

「まさか、貴様がこんなにショボくれちまうとは思わなかったぜ」
視聴者も思ってませんでした。
製作現場の方では、この展開に何の疑問も持ってないのでしょうか?
別に落ちぶれる必要無いじゃないですか。
カイと2人して格好良い所を見せてくれても、全然成長は描けると思うんだけどなあ。

意味不明な戦争批判
そりゃ、兵士になったら戦いもするでしょうよ。
別に、酷い話でもなんでもないとおもうけどなあ。強制徴兵されたわけでも無さそうだし。
というか、何故このタイミングで戦争批判をするのでしょうか?
意味がサッパリ分からないんですけど。

コープスコーズ
え~、たった今から小夜の血液以外でも翼手は倒せる事になりました。 そういえば、シフの時にも倒してたっけ?
これ、番組の根幹をぶち壊しちゃうと思うんですけど。
単純な物理攻撃でOKなら、それこそバズーカで粉々にすればいいんですから。
あと、ロシア編の「死なないから」クンクリで固められてた翼手の話も全くの無駄になる気がします。

迂闊すぎる政府の人々
最近、翼手になる病が蔓延してタイミング良くそれに対抗できる技術を持った連中が売り込みをかけてくる……。
普通、疑うと思うんですけど。いくらなんでも。
アルジャーノさんに至っては、
「マウスが……」
とか口走ってますし、不審にも程がありますよ。
ショッカーの幹部じゃあるまいし、もっと慎重になりましょうよ。

小夜復活
だから、もうちょっと強力な銃を使いましょうよ。カイもルイスも。
しっかし、主人公の復活話なのにこの盛り上がらなさはどうした事でしょうか?
次回以降に、裏切られても傷つかない程度の期待をしておきましょう。

[PR]
by ejison2005 | 2006-06-03 21:40