八男って、それはないでしょう! 感想
 作品ページ。

 ろくに更新もせず読みふけってたシリーズ第四弾。


 手放しでは褒められない

 まずこの作品、とてもじゃありませんが手放しで褒めることはできません。欠点だらけです。

 いちいち挙げていけばキリがなくなってしまうのですが、ぱっと思いつく限りでは、

・別に生家で「それはないでしょう!」と言うほどの扱いはうけてない
・さすがに貧弱すぎると感じられる語彙というか文章力
・ファンタジー世界の人間が「無双するなよ」と日本のゲーム由来の発言
・というか全登場人物の会話がどことなくオタっぽい
・「異世界なのに言語が日本語(文字も日本語)」に代表される、都合よすぎの世界観(猿の惑星オチは匂ってない)
・魔法と魔力が万能すぎて持たざるは人にあらず状態に近い
・ハワイの親父ばりに万能な商社時代の経験
・魔法の袋の口より圧倒的に大きいものをしまう絵が想像し難い
・ちょっとでいいから君が乗っ取る形となったオリジナルヴェル君について思いを馳せましょう
・「お待たせ! そこの畑で取ってきたよ!」と言わんばかりのヒロイン達(特に初期二人)

「(あとは()の使い方が明らかに間違ってて読みづらいよな……そもそも一人称小説で多用する意味がどこにあるんだか)しかしながら、それを覆す長所一点張りの作品でもありますね」


 貴族世界の描写が面白い

 この作品唯一の長所にして売りなわけなんですが、これがなかなか新鮮で面白いんですよね。

 主人公はある事件をきっかけにお手軽な栄達を果たすわけですが、その栄達ゆえに反強制状態で婚約させられたりとか、王国中枢部の肝入りである貴族を自爆せざるを得ないところまで遠まわしにいじめたりとか。

 なんというかチート能力で名を上げ、その上がった名が自動的に周囲(貴族社会)を巻き込んでいくシミュレーションを見てる感覚が面白いんですね。

 これはあくまでも僕の読書体験がそうだという話なんだけどこの作品みたいに、外への冒険ではなく内向きな貴族同士の人間関係や国内開発をメインとしたものを読んだことがないので、そこに食いついたんだと思う。

 欲を言うなら、領内開発について「魔法でどうにかしました」が多すぎるのでそこら辺をもっと専門的に解説したりする作品も読んでみたいかな、と思います。

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-31 04:17 | ノベル | Comments(4)
Commented by 多鎖 at 2015-04-01 00:15 x
中世的貴族社会が関わる有名な作品といえば『詰みかけ転生領主の改革』とかがありますね。序盤の状況設定にツッコミ所ありまくりですけど、作風自体は割と手堅い印象。

去年の夏ごろからなろう界隈の門戸を叩いたんですけど、やっぱテンプレよりゲテモノばっかり読みたくなるんですよね。
テンプレではいろんな意味でジャンプ+ラノベな『金色の文字使い』、成り上がりジャンルの金字塔の『盾の勇者の成り上がり』辺りは読んでますが。
『辺境の老騎士』『火刑戦旗を掲げよ!』辺りの渋い作品とか、『勇者様のお師匠様』『地方騎士ハンスの受難』みたいな王道とかなろうのテンプレとかを捻ってる作品とか、イロモノな作品以上に作者がイロモノな『異自然世界の非常食』とか、バグクソゲーギャグなのに伏線取り扱い教科書みたいな状態の『この世界がゲームだと俺だけが知っている』とか。
…既に書籍化されてる作品に絞ってもこれだけ読んでるのか自分。
Commented by ELN at 2015-04-05 01:16 x
無職転生完結したっすね。書籍版の次巻は泥沼と呼ばれるまでの空白期間の完全書き下ろしだそうですし、どちらも楽しみっす。

八男もまだ未見っすね、内政チート系は多鎖さんも挙げている『詰みかけ転生領主の改革』ぐらいっすかね(『マギクラフト・マイスター』は内政と言っていいのか……)
『とあるおっさんのVRMMO活動記(書籍分ダイジェスト化されてるので、ネットコミック版をお勧め)』読み返してる余裕があるので、次に読んでみようっすかね。
Commented by ejison2005 at 2015-04-07 05:39
>>多鎖さん
通称二歳児でしたっけ?
興味は持ってたもののまだ読んでない作品ですね。近いうちにチャレンジしてみるか。
他にはレベル99の~を読んでみたんだけど、これはどうにも合わなかったので序盤で断念しちゃいました。感想読んでも、あんま工夫なく金だけ積むみたいだし。

しっかし、本当に色んな作品があるしPCやスマホという日常アイテムからすぐ読書に移行できるのって大きな強みですよね。
本を読むのって、あれはあれで「ようし読むぞ!」という気合がいりますし。
俺の本棚においてある謎解きはディナーの後ではいつになったら読むことになるのか。
Commented by ejison2005 at 2015-04-07 05:42
>>ELNさん
完全書下ろしか! ヒモ生活に続いてオレに書籍を買わせたなろう小説となるかもしれない。
作品そのものは、ラスボスこそ倒してない(心はへし折ったけど)テーマはきちんと描ききってて満足度高いですね。
これだけ期待値上がると次作品大変だろうけどがんばってほしいものです。

ふうむ、しかし二人にも進められると次は老騎士をつまみつつ詰みかけ領主かな。