アニメ艦これ 大反省会
f0029827_20574980.jpg

f0029827_1322633.jpg

f0029827_2058995.jpg

f0029827_20581781.jpg

 カズミちゃん、なんて事を……。

 なんつーかなー。
 このタイミングでってことは製作期間とか考えてもアニメ放送開始前からの規定路線であるわけで、スタッフの変更や更迭は望めそうもないんだよね。はあ……。

 まあ、嘆いてばかりいても仕方ないので簡単に反省会でもやりましょうか。


 初期二話のノリでやればよかった

 まず、これは大前提。
 僕自身最初の二話に関しては特に問題を感じることなく、楽しんで視聴することができた。
 当時の感想でも書いたけど、最初の二話までは無難に無難を重ねた作りでしたからね。

 そこで深くは切り込まずとも慎重に手堅くやっていく腹積もりなのかと勘違いしたら、明後日の方向にはじけやがったわけですが……。

 その後のシリアス展開がいけなかったのは明白なわけですが、では何故いけなかったかを考えていきましょう。


 如月ちゃんの無駄死に

 最初にして最大の失敗点。
 アニメの駄目なところを凝縮したようなイベントでござった。

 何がやばいって、続く話が基本的にギャグ回だったことで如月ちゃんの死を悼む人間がほぼ皆無という「ただ死んだだけー」状態になってしまっていることですね。

 一応、吹雪が改造される回で回収した気分になってるようですがあの話は、

「マイナス通り越して絶対零度の域まで株を下げた主人公がプラマイゼロの状態へ戻る」

 という一切プラスに傾いてないお話なので、別に如月ちゃんが死んでなくとも一般常識的に忠告すればそれで事足りたと思います。
 というか、作中でも睦月ちゃんは一般常識的にしか忠告してませんしね。

 まーなんというか、ラブライブ一期終盤で「うおお! 明日は重要なライブだが私は意地でも風邪をひいてみせるぜ!」という謎展開をやらかしただけはあります。

 ラブライブ二期が改善されてたのはこりゃ監督のお仕事と考えたほうがよさそうですね。


 顔を出さなきゃいいというもんではない

 提督のことです。

 まず驚きなのは、脚本家さん達が提督に関して「顔さえ出さなきゃ何させたっていい」と考えている節があるところですね。

 もちろん、そんなわきゃありません。

 そもそも、提督の顔を出さない最大の理由は「各プレイヤーこそが提督であり艦娘の旦那である」と位置づけ、NTR臭を出さないことにあるのですがそこのところからして理解できてない。

 その結果が、「顔を出さないだけで口だけはやたらと出し、その割に一番大事なところを何故か口頭で伝えず不確実な手段に頼る瞬間移動能力者」にして「全艦娘を魅了する強力な操作系念能力者」という謎の提督像なのでしょう。
 しかも、口を出す割にその指示などは傍目に見ても無能なものでありますし。

 夢に見たって展開に関してはもはや閉口するしかありません。

 とまれ、提督の顔を出さないという手法がどういう意味を持つのか理解すらしていないんだから、なんというか本当にまあ……。

 てか、偉大な先達であるストパンにならい、長門なり大淀なりをミーナポジにすりゃいいだけなんですがそれは……。
 最近だと、香取でも可能だね。

 もしくは機動部隊にテーマを絞って赤城さんと加賀さんを隊長と副官ポジにするとか。

 ともかくまあ、先人を模倣すれば既存の艦娘だけで補えちゃう部分なのでそうしちゃえばよかったのだよ。


 世界観に関する不統一

 世界観を描いてないという感想をよく見かけましたが、僕としてはそれはちょっと違います。
 艦娘が普通に鎮守府で過ごしていれば、それはそれで艦娘の生活する様という世界観の一端を描くことになるわけですからね。

 で、問題はそれらがどうにも統一されていないところ。

 具体的には、美味しそうに食事したりカレー大会したりと「生身の少女」として艦娘を描いておきながら、「変な資材でも食べたのか?」という台詞を入れたり急に発光した後トンカンしたらパワーアップするというメカ娘描写を入れたりということです。

 うん、あのねどっちやねん?

 ゲーム中では生身の少女として感じられる台詞が多いわけだけど、アンソロの巨大艦娘漫画を受け入れてる人が一定数いることからも分かるとおり突き抜ければメカ娘と描いてもそれはそれでありなんですよ。まあ、僕はあまり好きではありませんが理解は示せます。

 それが統一されていないのは普通、「世界観をボカしている」のではなく「世界観を決められず矛盾に矛盾を重ねてる」と言いますね。


 結論

 他にも無数の問題点はありますが、上に挙げた三つを考えると問題の本質が見えてくるような気がします。
 すなわち、

・日常ギャグエピソードとかやるよ → でも人死には出すぜ!

・提督の存在はなるべく薄れさせるよ → 顔だけな! 口はバンバン出すし全艦娘から慕われてることにするぜ!

・生身の少女として世界観を描くよ → その割に原作ゲームでも重要な要素などで急に人外描写がされるぜ!

 という具合に、いちいち相反する二つの要素をぶち込みまくってるんですよね。

 多分ですけどね。

 人が普通に死ぬシリアスな世界観で海上ボトムズやってれば支持する人はいたと思うんですよ。
 いっそ提督のキャラを超濃くして描けばそれもそれで支持する人はいるでしょう。
 メカ少女として艦娘を描いた場合に関してはもう語りましたね。

 つまり、アニメ艦これは悪い意味で右にも左にも寄って無さ過ぎるのです。
 中庸、という言葉がありますがその実態は要所要所で右に寄ったり左に寄ったりってことですからね。結婚式を神社でやりつつクリスマスをきっちり祝うようなもんで。

 いつか本当に艦これをアニメ化する機会があったら、そこのところをきちんろ考えてみてほしいものですね。

 それと余談ですが、オラ、MIまで一日でいけるほど地球は小さくねえと思っぞ!

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-29 01:36 | アニメ