艦これ戦記 63
 熱戦だ! 烈戦だ! 超激戦だ! イェイ♪

5回目……本日一回目の出撃だが、うっかり明石旗艦で出ちゃったのですぐさま取って返させる。ノーカンノーカン。
6回目……Eマスで雪風大破。夜戦が大事な編成なので、護衛退避か悩んだが撤退させる。最初でこけたからか嫌な流れだ。
7回目……ふうやっとS勝利。ここからだ。ドロ谷風。
8回目……持ち直してきたかS勝利。ドロ扶桑。
9回目……S勝利でドロむっちゃん。ラストダンスだ!
10回目

f0029827_2473064.jpg

 よっしゃあ! ジ・エンドォッ!

 にしても「はっ!?」とか言わないでほしいなあ。いや、艦娘と深海棲艦との関係性は察しが着くけど見て楽しいもんでもないというか、おバカなアニメスタッフが再現しようとしたりしそうだからさ。ドロむっちゃん。

f0029827_2475172.jpg

 ナニを精進してくれるのかなあ(ゲス顔)。


 感想

 ……という流れで昨日クリアしました。疲れてたので更新は今日に回したんや。

 最終MAPそのものの感想は前回書いたので、今回は今イベントについて総括的な感想。


・難易度選択について
 まあ、今回は潜水艦、演習艦、空母と報酬艦娘のいずれもが戦略的に重要な立ち居地を占めうる存在なので、一律に甲作戦並の難易度を課すとネットは阿鼻叫喚の地獄絵図となり、アニメ効果もあって那珂ちゃんのファン辞めるどころか提督辞める人間続出だったでしょうがw

 それを差し置いてもこれは良采配だったんじゃないかなーと思います。

 大型連休と被ってない今回のイベントが顕著なんだけど、プレイヤーのリアル事情は様々ですからね。
 いかに日々資材を溜め込んでおこうと、時間という最大のリソースが確保できないと挑戦権すらもらえず、そのリソースは自分で管理するのが困難なわけですからこれは必要な措置であったかと。

 なんぼ二週間のイベント期間を設けてあるとしても、そもそも1マップあたりにかなりの試行回数と時間を必要とするのが過去仕様だったわけですから。
 その点、今回の仕様ならば一日一時間くらいでも全部丙作戦ならばとりあえずクリアはできるわけで、これならば不満は起きづらいと思う。

 磯風など、一部ドロップで差が出るのはこれは仕方がないことだ。何も差がないのは逆に不健全である。

 そして、今思えばかつてのゲージ回復仕様はほんとどんだけだったんだろうなw


・活躍艦について
 秋月が大活躍だった(小並感)。

 まあ、存在そのものが空母系ユニットに対する強力なメタユニットなわけですから、今回みたいなイベントは当然として、今後もコンスタントに活躍を見込んでいけそうな娘である。

 そんなわけで、僕は秋月が殊勲艦でしたが運営が想定していたのは改二が実装されて間がない吹雪の晴れ舞台だったんでしょうね。
 実際、役どころは秋月と被ってる面も大きいわけで、彼女を嫁にしていた提督諸氏は大活躍させられてほっこりしているのではないでしょうか。

 まあ、相乗効果を見込むはずだったアニメが第3(ry


 そんなわけで、とりあえずクリアした満足感を胸にこれからイベント期間中は掘りを敢行する予定。
 狙いは山雲と朝霜で、場所はE-4。出てくれるといいなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2015-02-15 02:52 | ゲーム