BLOOD+ 第6話「おとうさんの手」
機動戦士ガンダムSEED 連合VSZAFT を買いました。早く遊びたいので、今日の感想は簡易版で行こうと思います。
ちなみに、ガンダムSEED占い によると僕はデュエルガンダムな人らしいので初回プレイにはデュエルを使おうと思います。
それでは、今週も感想いってみましょう。

・アバン
翼手との戦い以外には割りと有能なデビットさん。目が充血していない素状態の小夜と無警戒のチェロ兄さんがいるので、警備兵とかいたら結局バレてた気はしますが。

・今週のアルジャーノさん
「沖縄がマウスだらけに~」という台詞から、
①マウスは仲間をネズミ算式に増やすことが出来る、吸血鬼だしね。
②単に、研究所から逃げたマウスが沖縄中に散っていくことを恐れている。
の二通りの可能性が考えられます。個人的には多分①だと思う。わざわざ翼手に怪我させられてた人を集めていた説明がつきますし。
しかし、本当に①だったらエライ事になりますね。翼手化までどのくらい時間が必要かによりますが、日本なんかアッという間に翼手だらけになってしまうんじゃないでしょうか。
そしてこのシーンで何気に凄いのは、米軍の人達ですね。こんな長い暗号とかよく覚えられるもんだ。

・3バカトリオの宝探し
デビットさん、凄い優秀だなぁ。子供を投げ飛ばすだけが能じゃなかったんですね。高速タイピングとか、コーディネイターも真っ青です。

・相変わらず迂闊な女医さん
いやいやいやいや、迂闊すぎますよ。いくらなんでも。この病院、防音関係を見直した方がいいんじゃないかなぁ。
前回でヘタレっ放しだったカイ君を、こういう風に持ち直すのは好印象ですね。この手のキャラって、自分の実力を考えずに加勢しようとして味方をピンチに陥れたりしますけど、カイ君は今のところそういうのが無いのが凄く良い。

・「マウス人造翼手説」確定
こういう予想が当たるとちょっと嬉しい。まぁ、ありきたりと言えばそうなんですけどね。
それは置いといて、悪いのはみんな米軍ですかそうですか。さすが、アメリカ批判はキングT@KED@のお家(ry
・・・・・・子供がこんなの見ても絶対に分からないだろうなぁ。
ここで襲い掛かってくるマウスの演出がまんまエイリアンでちょっと笑った。(酸性のヨダレがタラーリ

・やらなければやられる
「戦う相手の命の上に~」とか、ちょっとこの状況とはズレてる気がします。
別に小夜は相手の命を奪うのを躊躇しているんじゃなくて、翼手が恐ろしかっただけでしょう。

・VS翼手
間のアルジャーノさんとカイ君は割愛。移動しているだけですし。
親父の部屋って鍵かかってないんかい。こんなずさんな管理体制じゃあ、バイオハザードだって起こるさ。
この世界の医療関係者って、迂闊な人ばっかりなんでしょうか?

・D67
一瞬、デビル17の事かと思った。ちなみに、こっちも遺伝子工学で生み出された超人の話です。今のライトノベルじゃ一番好きだなぁ。とても面白いので、未見の方は是非読んでみてください。注意点として、漫画版は改悪しすぎで全然面白くないのと、アリスソフト に匹敵するほどの性描写があることか。(でも18禁ではない
同じ作者のA君(17)の戦争 もオススメですね。こっちは性描写とかないし。

・見たまえ、翼手がゴミの様だ
つーくらい、なんかアッサリ屠られている翼手の皆さん。ショットガンとか拳銃にやられてるのはどうなんだ?
あー、でもデビットさんが効果の無い武器をわざわざ持ってくるはずないのか。やっぱり、ザコ翼手じゃ戦闘が盛り上がらないなぁ。更なる強敵プリーズ。

・親父、死す
某アニメだと、ゴールドエクスペリエンス・レクイエムが発動する所ですね。
この場面、今までの積み重ねも相まって素晴らしいシーンです。
人間として、父として死んでいけたのがせめてもの救いか。

・というわけで
なんだかあんまり簡易じゃなかった気はしますが、今週の感想はこれで終わり。
デュエルで暴れてくるとします。腰抜けがぁ~!!

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-30 02:56