艦これアニメ感想 2
f0029827_4117100.jpg

 長門秘書官か……いい響きだ……実に、いい響きだ……。
 や、ひょっとしたら秘書官ではなく秘書艦って言ってるのかもだけど。まあ、言葉の意味は同じである。

 んで、二話の大きく目立ったところはといえば、やはり赤城さんの大食い設定と足柄さんの行き遅れ設定という、二次設定を盛り込んできたところですね。

 まあ、赤城さんはんなガッガッと大食い選手権やってたわけではなくサラッと流されていたし、何より吹雪が親近感を抱くきっかけとして話の流れに組み込まれていたので気にはなりませんでした。
 足柄さんに関しては、別に話の流れとして必要ではないんで気になる人は気になるのかな。僕はそもそも、彼女をまだレベリングしてないんでノーコメントとしておく。


 話としては、吹雪に技術的な難点を克服させつつチームメイトのキャラ立てというところか。
 まあ、キャラ立てといっても僕みたいな既存提督にとっては今更なわけですが、ここで注目したいのは「艦娘同士のコミュニケーション」が描かれているという点ですね。

 例えば、川内三姉妹がそれぞれなりの方法で面倒見の良さを見せつつ姉妹間でのほうれんそうがサッパリだったりとか、睦月が駆逐艦三人の取りまとめ役をやっていたりとか、夕立がポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポワチャア! していたりとか、そういうところ。いや、最後のはちょっと違うが「夕立は艦娘たちのなかではゴーイングマイウェイし、勉学には不熱心」という一面のアプローチになっている。

 当たり前ですが、原作ゲームでは秘書に選んだ艦娘と一対一のごく限定的なコミュニケーションしかありません。他の艦娘とどのように接しているかは、時報コメントなどのさらに限られた状況から察するしかないのです。

 アニメで提督の存在が排されていることに色々と思うところがある人もいるでしょうが、それは逆に、ゲームでは描けない艦娘同士のコミュニケーションを強調することにも繋がっているのですね。何せ、実際に大井っちが北上さんと並んで歩いたりしている姿は原作ゲームじゃ見れないんですぜ。

 そのコミュニケーション内容も、各艦娘のキャラクター性を損なうようなものではなかったですし、今回のエピソードはそちら方面にアニメならではの強みを見出させ、展望を明るくするような内容であったと思う。

[PR]
by ejison2005 | 2015-01-16 04:13 | アニメ