BLOOD+ 第1話「ファーストキス」
さて皆さん、今更ですが僕はアニメが好きです。オタクです。
そして今期は大量に新作アニメが放送されると知り、僕の地域で見れるアニメがいくつあるのかをチェックしてみたところ。

BLOOD+

だけでした。しかも一周遅れです。
新作アニメの放送時間をチェックする一瞬だけは、真剣に引越しを考えてしまいます。
しかし、どうせなら今あるものを精一杯楽しむべきです。アクセス数を稼ぐためにも今日から一周遅れの感想とかツッコミを書いていくとしましょう。

・前作BLOOD
前作というか劇場版を事前視聴してみたのですが、ジャンプの読みきり漫画みたいな感じです。まぁ、どちらかというと何かの新技術(当時)を試すために作られたようですし。さもありなん。
分かったことを書き連ねると、
主人公、小夜は台詞から察するに人外。たぶん吸血鬼か何か。また、国家機関の支援を受けている。
敵の名前は翼手という名の吸血鬼。人間から化け物の姿へ変身する。普段は人間形態で社会生活を送っている以上、化け物時はともかく人間時はそれなりの理性がある模様。人を襲う際、超音波のようなものを発する習性があり人間側(小夜以外)はそれを機械で調べて居場所を察知する。
という感じでしょうか。それでは本編にまいりましょう。

・アバン
って、いきなりグロかよ('A`)。本当にもう、竹田Pが絡んだ作品はなんでこうなってしまうんだか。
作品の色的にグロが出てくるのは仕方ない気もしますが、あんまり無意味なエログロは入れないで欲しいものです。
それはそれとして、翼手ごと目撃者は全員抹消という感じでしょうか。無印の時の保険医さんとは対応がエライ違いだ。数が多すぎたり、知られすぎたら消していく感じですかね。というか志村さん、後ろ後ろ。

・OP
いいんじゃないでしょうか。願わくば、タイアップで全然アニメに向いてない曲がまわされてきませんように。どうせOP曲は途中で(下手すりゃクール毎に)変わるんでしょうし。

・音無 小夜
無印と比べて随分変わりましたね。むしろ別人?と思っていたら記憶喪失っすか。
ひょっとしたら名前が同じだけの別人かもしれませんが、とりあえずここでは同一人物として考察します。
無印版で見るにその辺の雑魚翼手に負けるわけもなく、そもそも雑魚には記憶いじったりできないでしょう。小夜と同じような(というかこの後に出てくるヴァイオリン兄ちゃんとか)上位種っぽい化け物にやられたか自分でやったんでしょうね。

・同級生のプチ米国批判
さすがアメリカ批判は、キングT@KED@のお家芸だな!!
それにしてもこのシーンのショートパンツといい、ミニスカートといい生足にむちゃくちゃ力入ってます。いいぞもっとやれ。前の文でエログロに眉をひそめてもう宗旨変え。僕は意思の弱い現代っ子です。

・宮城カイ
同級生の女の子はチョイ役のようですし、カイがこのアニメの視聴者視点代表という所でしょうか。
「音無小夜、刀を使って翼手と戦うその女の子と出会って以来、僕の日常は変わってきたわけで」(明日夢風)
いやまぁ、変わってくるどころか世界中タライ回しになりそうですが。下手すりゃ口封じ対象。
どうでもいいけど、バイクに乗ってるときに脇見運転は止めましょう。

・白スーツの人
匂うぜー。死亡フラグの匂いがプンプンするぜー。
この手のキャラは、物凄く有能か子悪党かどっちかですね。てか、初登場からしていつ死ぬのかとドッキドキ。中盤くらいで悪巧みして死にそう。

・謎の点滴
どっからどうみても超健康体である以上、単なる点滴の意味はないわけで。吸血鬼として暴れないように血を入れてるか、記憶が戻らないよう薬を混ぜてるかどっちかでしょうね。

・あの子、どうかしたのかしら
そりゃあ、恥ずかしくて逃げたくもなるさ。この時の映像に関しては後述。ヴァイオリンだけでこんなに集まるなんて平和だなー。

・親父と弟
親父の声が若々しくて吹いた。親父は無印の時の国家機関と思われる謎組織に頼まれて小夜をひきとってるんすね。分厚い養育費だ。この辺り、最近までスパロボJやってたせいでどうしてもゼオライマーを連想してしまうな。小夜が覚醒すると性格悪くなりそうだし、そこらへんも似ていますね。

・夜の学校
変質者が出るわ化け物が出るわ大変だな。それにしても懐中電灯で顔を照らしながら歩いてくる先生がお茶目だ。きっと生徒から人気があったんでしょうなぁ。

・ヴァイオリン兄さんVS翼手
どう考えても翼手より強そうだし、自分で倒すべきだと思うんだ。
まぁ小夜に記憶戻すのが目的のようですし、ついでに戦いの勘も取り戻させたかったんでしょうね。

・小夜覚醒
ヴァイオリン兄さんの血をキッスで吸わされる事によって覚醒。ドーピングコン(ry
驚き要員に徹するカイは、やっぱり明日夢の系譜だったようで。
覚醒と同時に過去の記憶の断片っぽい映像が流れてきましたが、これを見る限り小夜はいいとこのお嬢さんで何かの封印を解いたせいで翼手とかが解放されたとかそんな感じっぽいですね。
つまりは・・・・・・バトルファイト!!ヤハリソウイウコトカ(OMO)

・ED
これも特に触れるところはないですね。
そんなこんなで始まったBLOOD+。デスティニーの後だから相対的に面白く思えるのは当たり前ですし、なんか内部でいろいろあったようですが、あまりそういうのは気にせずマッタリ楽しもうと思います。ついでに公式サイトへリンクしました。
この番組で唯一不安なのは、プロデューサーが竹田氏ってところですかね。無意味なアメリカ批判とかは勘弁ですぜ。

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-30 02:30