艦これアニメ感想 1
f0029827_595715.jpg

 どんなファントムルージュでもかかってくるがいい……!

 そんな気持ちで視聴した本編ですが、思っていた以上に全然面白く、まずはほっと一安心といったところ。同じ思いの提督も多いことだろう。

 何せ、花田先生だからなー。まだまだ油断はできない。「大事なライブ(作戦)の前だけど意地でも風邪をひいて見せるぜ!」と言わんばかりに謎階段ダッシュとか、やらかさんとも限らん。あれ、あの子を推しメンにしてた人はどういう気持ちだったんだろうか?

 これが三条先生や小林先生だったら、巨匠演出にでも当たらない限りはまず安心して見てられるんだけどね。マッハは犠牲の犠牲になったのだ……。


 閑話休題したけど、アニメ本編の感想としては、「最大公約数を強く意識した作り」といったところですね。赤城さんの大食いキャラに代表される、いわゆる二次造作的なキャラ付けは採用せず、原作ゲーム内のイメージを元にキャラ付け&膨らましされている。やりすぎて、ちょっと原作台詞の無理引用が目立つけど、そこはもうちょっと柔軟でいいのよ?

 まあ、そんな中で那珂ちゃんと大井っちはブレないというか、淀みないというか、むしろ悪化している気がしないでもありませんが……。というか、那珂ちゃんって周囲からナチュラルにちゃん付けなんだな……。


 世界観に関しては、これ、睦月の台詞を使って暗に「鎮守府の外を描写する気はないよ」と言ってるところがあるので、艦娘がどのような生まれ方をし、育て方をされ、配属に至るのか共々、なるたけボカす方針っぽいですね。まあ、ここら辺は影響力の極めて高いアニメ媒体ということもあり、懸命な判断という気がする。

 代わりに、背景描写などを使って「鎮守府内の風景やそこで生活する艦娘の姿」を積極的に描いていく方針なのはイエスですね。これだけでも、僕みたいな人間にはけっこうな餌です。
 にしても、あの特大パフェにまったく怖気つかない水雷艦たちは、むしろ二次創作の赤城さんより大食いに思えてくるな……。


 あと、これは突き詰めたところでそう面白くなるものでもないが、かといっておざなりにするとリアリティ大幅減となる、作戦海域への距離問題ですが、今回は目的地が割と近場だったこと、移動中の会話イベントなどによって「移動してるよ感」を出し、上手いこと誤魔化したんじゃないかと思います。
 ストパンみたいに、「空を飛んで」「割り当てられた範囲の防衛が基本」という作品じゃないので、描く上ではネックになってくるとは思いますが、これからもがんばって頂きたい。


 ところで、ひとつ気になってるのが深海棲艦に関してで、これは僕は原作のゲームに遠慮とかせず、バンバンオリジナル深海棲艦出しちゃえばいいんじゃないかなーと思う。

 というのも、鎮守府の日常描写も入れていきたいだろう制約上、そうしないと話のバリエーションが苦しくなるんじゃないかと思うんですね。

 ウルトラマンの怪獣や、特撮の怪人、ストパンのネウロイが毎度毎度バリエーションに富んだ特殊能力を有しているのは、別に伊達や酔狂でそうしているわけではなく、その話の中でフォーカス当てたい人物が活躍できるような能力にすることで、話の進行をスムーズにしているわけですから。

 特に、戦隊やストパンにおける、いわゆる「お当番回」に出てきた敵を考えるとその辺は分かりやすいと思う。ほんと、伊達や酔狂じゃないのよ。


 まあ、そんなわけで、先行きを心配するようなことばっかり書いちまったけど、最初に書いたとおりまずは手堅く、吹雪中心に先行きを広げる作りとなっており、十分にハスハスできる作りであったと思います。酒も美味いぜ。

 うちの嫁も、格好良く司令官ポジションに納まっていたし、これから1クールおおいに楽しんでいきたいぜ!

[PR]
by ejison2005 | 2015-01-09 05:14 | アニメ | Comments(8)
Commented by 通りすがった人 at 2015-01-09 06:38 x
とりあえずまず始めに出た感想:声優さんが過労死しそうだ…w

脚本についてはまあ、「監督がしっかり手綱を握ってりゃ何とかなるもんだ」と思っているので
(何でBFTはビルド要素弱めてラブコメ要素強くしたんや…)、一話を見る限り大丈夫なんじゃないかと思います。
…大丈夫かなあ(監督の過去作品を見ながら)

個人的に気になるのは改二の描写で、折角のアニメだしサイヤ人や卍解の如くその場で変身するパターンでお願いしたいです。
Commented by こう at 2015-01-11 21:18 x
ゲーム台詞の引用で言うと響が軒並み違和感のあるタイミングだったのが気になりますね
ハラショーにはおkの意味もあり、長門への返事としてあり得なくはないものの暁の台詞が挟まったせいで違和感があるし
不死鳥云々ともども響の背景を知らない人にとっては「なんか痛い子」としか映らないというw
(ぽいぽいと那珂ちゃんは・・・あれはもともとゲームでも痛い子だから無問題)
しかし、それ以外の点では「現場に出る戦艦はもっぱら金剛型」なのが史実的にもゲーム的にも(燃費の理由で)わりと正しいとか
空母が水上部隊と殴り合わない、戦艦が水雷戦隊に漸減されないために吹雪たちが先行するなど複数の部隊にきちんと役割があるなど
わざわざ説明しないものの悪くない描写であったのが地味にポイント高いところ
Commented by 都々目 at 2015-01-12 19:32 x
 イベント上映の後本放映までに更にクオリティアップします、と言ってましたが一回見ただけの映像と今回で違いがあったのかどうかは流石に分かりませんでした。(^^;
で、その時は「瑞鶴役の野水伊織さんです」と瑞鶴の画付きで紹介されたのに、実際1話で出たのは翔鶴だけだったためステージに微妙な空気が(笑)。その後の表情設定紹介では翔鶴3種に対して瑞鶴は6種類公開されてましたんで、メイン級の扱いになるのかもしれません。監督のお気に入りでもあるそうですし。
 さて本編ですが、ご指摘の通り最大公約数的なところを取りまとめた作りであり、僕自身が提督やってることもあってかなり贔屓して見てますし、また1話は制作側も気合入れて作ってるでしょうから、2話以降からが本当の意味での勝負どころとなるでしょうね。1話は良かったんだけど って作品はそれこそ数限りなく存在してますから(^^;;
 1話目では意外や意外(?)球磨型姉妹は木曾以外全員登場しましたけど、果たして木曾は出られるのか、天龍龍田は出られるのか、大和はいつ頃出るのか…(瑞鶴は3話目ぐらいには出るんじゃないかなぁという気はしてます)あ、大和着任時に木曾は改二の状態で、雪風や阿賀野型(というか矢矧)を伴って登場とかetc 色々と楽しみと妄想が膨らみます(笑・笑・笑)。
Commented by ELN at 2015-01-13 22:55 x
原作ゲーム未プレイ組です。
へぇ、艦これってこういうストーリーなんだーと思いながら見ていたんですが、それとは別に視聴中ずっとアムドライバーという単語が頭から離れなかったっすw
なんでだ。
Commented by ejison2005 at 2015-01-14 06:25
>>通りすがった人さん
あやねる無双でちょっと笑った。マジで大変そうですよね。

>改二
ちとちよの場合、デジモンのワープ進化みたくなるんだろうか……w
Commented by ejison2005 at 2015-01-14 06:27
>>こうさん
あれは違和感強かったですねえ。やはり、無理矢理にゲーム台詞を引用するものでもないと思う。

>戦闘描写
その辺は知識ないけど、言われてみてなるほどなーと思わされました。イベントの編成縛りなんかも、冷静に考えるとそういうの反映されてるわけか。ここは妄想力が試されるな。
Commented by ejison2005 at 2015-01-14 06:29
>>都々目さん
なんか放送局によってはパンチラ度が変わったらしいですね。CGパンツなんであまりうれしくはないですが。

本当、既存提督にとっては最大公約数的で全然オッケーなんで、このまま硬く硬く硬くいってほしいなあ。
大和関連なら、まるゆが敬礼したりとかでも面白そうですね。
Commented by ejison2005 at 2015-01-14 06:30
>>ELNさん
グラマラスに着こなして青い道走り続けてたからだよ!
言わせんな恥ずかしい! (AA略)