Fate EXTRA プレイ記 最終回
 飽きるか面倒になったらやめるプレイ記。なんとか年内に決着。


 VSレオ・ハーウェイ

 ここ、意外だったのは普通にユリウスさんの冥福を祈って終わっちゃったことですね。てっきり、ここら辺を足がかりにハーウェイの内情とかを知ったりして、慈尊君にその気がなくとも濃厚な心理フェイズでメンタルクラッシュさせていく展開かと思ってたんで。

 というか、これはラスボスさんにも言えることなんですが、慈尊君=プレイヤーは出自が出自なため、地上世界の発展とか安寧とかがどーのこーの言われても、「あ、はい……」としか言えないんですよね。ぶっちゃけてしまうと、

「お前の言うことも分かるってばよ……それはそれとして、俺ってば地上のこと実体験として何も知らないからんなこと言われても困るってばよ

 ↑こんな感じになっちゃう。

 しかしまあ、この辺で菌糸類を責めるのは酷であろう。うん、元がどうだったかは知らないけど、与えられた箱(ゲームシステムとかマップとか)の範囲でがんばったと思うよ。

 それにしてもレオ君、金髪で王様のキャラなのか……あ……(察し)。


 犠牲になったのだ……

 型月の金髪王の系譜……慢心の犠牲にな……。

 いや本当、ガウェインさんの3の字バリヤは知られさえしなければ絶対の初見殺し(ランサーは多分除く)なわけで、自分から真名明かすは、野試合しちゃうわでそりゃあんた負けるわという感じである。

 まあ、彼のキャラクター性には沿ってるから、多少はね。


 童女謳う華の帝政

 それを尻目にこちらは真面目にレベリング(つっても道中の雑魚と戦うだけだけど)し、めでたく全スキル開放である。

 これで全ての準備は整った! 万全の体制で、ガウェインに挑めるというものである。

 バリヤを破った以上、脅威となるのは相手の宝具ギャラティンだけだが、所詮はG2バニラユニット。恐るるには足るまい!




















 ※結局、未使用

f0029827_235799.jpg

f0029827_24363.jpg

f0029827_24886.jpg

f0029827_241536.jpg

 よわっ! ガウェインよっわ!

 いやほんともう、ビックリである。最終スキルどころか、宝具すら使わずに倒しちゃったんですが、それは。

 というか、赤セイバーちゃんの場合、時を縫う聖者の泉が強いので、やたらとアタック振ってくるガウェインとは相性が良すぎるんですね。6手番全封じが3回くらいあったし。購買で買った礼装使ってのプロテスも効果抜群であった。

 さすがに、彼の必殺技であるバーニングクリメイションだけはなかなかの攻撃力であったが、そもそも単調な物理攻撃を仕掛けてくる相手ってあんまり怖くないからなあ、ゲームの性質上。この段階だと、購買プロテスがえらい強力だし。

 あと、バフが切れた時、律儀に2手番使って張りなおそうとするのも弱い点だったと思う。殴り放題だったからね。

 コメントで聞いた通り、ランサーが別格で強かったなあ。


 やっぱいましたラスボス

 まあ、こういうののお約束ですよね。ここまで特にどんでん返しはなかったわけだし、いるだろうとは思ってました。

 ただ、この人の言うこともレオ君同様、結局、プレイヤーにとっても慈尊君にとっても知らない世界での出来事だからどうにも反応に困るという。しかも、この人が勝ったところで無意味なわけだし。

 ポッと出なことも含めて、どうにも消化試合感が強い立川でバカンス中の人との戦いは、なんとか露骨な死ね死ねゲージが点灯しきる前に勝利。使わなくても倒せそうだったけど、一応、最後だし宝具は使った。童女は使う前に倒しちゃった。時を縫う聖者の泉万能伝説。

 何はともあれ……さあ……いよいよお待ちかねのエンディングだ……。


 冷凍睡眠してた彼大勝利! 希望の未来へ……レディー! ゴー!






























 ※但し英慈尊てめーは駄目だ

f0029827_4314561.jpg

 またこのパターンかおい!?

f0029827_243436.jpg

 えー? なんというか……えー?

 これ、なんやかんやで消滅までけっこう余裕があったわけだし、その間に「地上へ自分の肉体用意して新たな人生キボンヌ」くらい入力することはできたんじゃないだろうか?

 結局、叶えた願いはオリジナル慈尊君の復活とかそういうのなんだろうけど、しゃ、釈然としねえ……。赤セイバーちゃんもろとも心中エンドの色合いが強いからなあ。他の連中も普通に死にっぱだし。


 総評

 オチには色々と釈然としない部分がありましたが、まあ、元々が惑星アトリームにおける聖杯戦争を描く物語だったのだから、がんばって修正したと思います。他作品からの出張組はさておき、オリジナルのマスター、サーヴァント共になかなか面白い連中であったことだし。

 ただ、どうにも不満点があるのはやはりジャンケン式戦闘システムで、別に普通のコマンド入力とかでよかったかなーと思います。あと、ステ振りシステムもコメントで指摘もらったから力と耐久振りでクリアできたけど、情報なしでやった場合は普通に詰まね?

 そんなわけで、あともう少しでワンランク上の評価をできそうな佳作であったかな。ちょっと2週目する気力は湧かない。

 そんなわけで、今年の〆かつ、来年最初のゲームはNever7になるのかな……。パズドラと艦これは除いて。

[PR]
by ejison2005 | 2014-12-28 02:12 | ゲーム