NARUTO THE LAST 感想
f0029827_4402578.jpg

 見てきたよー。ご覧のとおり、伝・の書も無事に入手。

 や、すげー面白かったです。終盤でカグヤが言ってた月がどーのこーのという部分も無事に補完されたし、見に行って絶対に損はしない出来だと思う。

 以下は感想。ネタバレ注意。





 日向は木の葉にて最強! 希望の未来へ……レディイィィィィィィィィィゴオォォォォォォォォォ!

 という感じの映画でしたねw ヒナタが……ひいては、日向家が大勝利すぎるw

 パワーインフレについていけなかったこともあり、本編における日向家は肩書きの割にいまいちパッとしない印象もあったんだけど、そこらへん、かなりいい感じに補完されてたと思います。
 言われてみりゃ、確かにカグヤも白眼だったわけだし、マジヤバの家系であるはずなんだよな。パッとしない印象を受けたのは、基本的に対人格闘での使用がメインという地味さか。


 でまあ、この映画で何よりもかによりも感心したのは、ナルトが心・技・体すべてにおいて成長していたことですね。英雄評価を受けても、特に慢心した様子は見せず後輩に対して面倒見のよい先輩ポジを貫いたメンタル面もさることながら、特に技術の向上が素晴らしかったと思うw

 いやもうねー。連載中に散々言われてた、「これ以上殺傷力を上げてどうするつもりだ?」「違う! お前がすべきことは螺旋丸発動の隙をなくすことだ!」といった部分がサラッと克服され、かつ、何やら体術が劇的に向上しており、すごくスタイリッシュで格好いい戦闘シーンを披露してくれている。
 連載終了後のお話なんだから、当然っちゃ当然なんだが、今回のナルトは過去15年間、一度も見たことないほどカッコイイし、頼もしいぞ。

 そもそも、分身で螺旋丸発動といった戦い方は「未熟さを意外な発想で補うナルト」の描写であったのだから、普通にスタイリッシュでカッコイイ忍者アクションをする上で足かせになるのは当然っちゃ当然なんだよな。
 あとはまあ、漫画だと岸本先生のものすごく分かりづらいコマ割りと静止画表現だったのが、アニメで滑らかなアクションに昇華されていたから、というのもすごくすごく大きいと思う。

 あと、終盤でさすがにこれはたまらんと繰り出した九尾モードを除き、終始「自力で身に着けた力」のみで戦っていたのも、ナルトの成長を強く印象付けた一因であると思う。

 螺旋手裏剣を皮切りに、ナルトって強敵が現れるたびに都合よく新技や新フォームが登場してた感じで、どうにも自分の力で戦ってる印象が薄いんだよね。特に終盤、唐突に沸いた転生者設定とそれに付随するアルティメットナルトはひどかった。
 無論、アルティメットを除けばちゃんとどれも修行を経て習得しているわけだけども、このような印象を受けるのは何故なんだろうね? 18号に対するベジータのような、「現状じゃ勝てませんよ」描写の不足とかが原因か?

 ともかく、イヤボーンや唐突な新能力に頼らず、ラスボスでさえも既存の力だけで倒しきって見せたのは、英雄ナルトの面目躍如といったところでしょう。

 最後に、今回は行動目的が「ヒナタを助けるってばよ! (後半ちょっとハナビを失念)」という等身大なものであったのもあり、教祖っぽさがまったくなかったのも大きいと思うw
 ヒナタの想いに気づいてなかったのは「逆にすごいな……」「大したやつだ……」といったところであるが、なんやかんや激動の人生であったこと、それによって一足飛びに成長し、立場に相応しいメンタルとなった結果、ちょっと浮世離れしてしまったと考えれば仕方ないか。
 後輩たちに対する態度は、確かに立ち位置的には理想的なものであったけども、地に足の着いた人間のものではなかったからね。そこらへんをちゃんと克服し、成長する物語となっていたのも、満足感に繋がってると思う。


 ストーリーですが、これは連載終了後「THE LAST」とまで銘打った映画を出すのだから、オールスター勢揃いで大暴れのお祭り映画にするのかと思いきや、テーマを「日向家大勝利」に絞り、登場人物も極限まで抑えることで、極めて完成度の高いものへ仕上げているのが印象的です。

 いや、本当、サスケと共闘くらいはさすがにするだろうと思っていたので、隕石を砕いただけであいつの出番終わりだったのはマジで驚いたわ。
 おかげで尺にたっぷりと余裕が生まれ、入念にヒナタとナルトのイチャイチャパラダイスが描けたのは素晴らしかったと思う。ネジも草葉の陰で喜んでいることであろう。

 また、それはナルトヒナタだけでなく、同行した面子の大活躍という形でも表れており、まあ、シカマルはいつも活躍してるとして、「お前多対一だとクソ強かったんだね」というサイの戦闘シーン……何より、サクラが! あのサクラが! 飛んできた石が頭にぶつかって気絶したりしていたサクラが! 「いなければ詰んでいた」というレベルの大活躍ですよ! 無理矢理な持ち上げとかでもなしに! ごくごく自然な形で! これは快挙! 快挙です! チッ空気読めよ。

 まーともかく、この映画が成功したのは要素の選捨選択に成功したから、というこの一言に尽きるわけですが、その英断ができたのも、NARUTOそのものをプロジェクトとして存続させていくことが決定したからであろうな。

 終わったものを終わらせず、グルグルグルグル続けていくその様はまるでイザナミの如しであるが、それによってこれだけ完成度の高い映画が生まれているのだから、何事も功罪ありきである。実際、本当にこれで完結させるつもりだったら、前述した通りのお祭り映画と化していたことであろう。

 そんなわけで、NARUTOのひとつの区切りとして、また新たな始まりとして、文句のつけようがない出来であったと思います。
 ボルトを主役にする気満々の来夏新企画(映画なのかな?)も、このクオリティを維持してくれるなら全然よくってよ!

[PR]
by ejison2005 | 2014-12-07 04:50 | アニメ | Comments(10)
Commented by 通りすがった人 at 2014-12-09 22:52 x
ビーのチャクラ砲発射シーンにおいおいついに宇宙戦闘かよと魅かれて見に行ったら
とんでもねえ恋愛映画だったでござるの巻

何だよ!もうここまでやってくれたら何も言えねえよ!
お前ら末永く心置きなく爆発しろよ!!
いやー、最後まで満足した映画でしたわw

それにしてもまた弟が犠牲になったのだ…弟はナルト世界だと本当に苦労人だなあ(一部を除く
Commented by 白桜 at 2014-12-10 15:46 x
>日向はぱっとしない
分家の弟に才覚で劣り、天才とか言われていないヒアシ様が尾獣玉をデコピンで弾く十尾が、
更に進化した姿の十尾のなぎ払いを八卦空掌(得意の内部破壊や経絡をつく技ではない)で、弾き飛ばせるレベルなんで
一応よくよく分析するとネタ抜きで、あの時点の木の葉では最強を名乗っても良かったりはします
三代目は老体で俺の体はボドボドだ! でしたから

天才と言われたネジが、ヒアシ様と同じくらいの年まで生きていたら……

>ナルトの自分の力で戦ってる印象が薄い問題
何というか、仙人モード辺りからナルトとサスケは修行orイベントで強化→お披露目→即座に修行orイベントで強化
これが続きすぎたせいなのかなー、とは思います

間髪入れずに次々と敵と自分が急激な新要素で強くなるんで息をつく隙がないというか、”成長”した感がしないんですよね
もうちょっと一つ一つの要素を丁寧に描写して欲しかった。

クウガでいうなら、ライジングになったぞ!→即座にアメイジングだ!
的な流れで、感覚が麻痺するというか……

しかも、その全てが”外部”から力を取り入れる形での強化ですから
仙人モードはガマ支援+自然エネルギー吸収、九尾や唐突な六道仙人云々も言わずもがな
これに関してはBLEACHの一護も個人的には似た感覚を持っています

>サクラ活躍
岸影様はネットでネタにされた要素を、「日向は木ノ葉にて最強!」とか
良し悪しは置いといて後からフォロー入れているんで(その成功例が卑劣様)、
真面目にファンからの意見とかは聞いている疑惑が……なので、サクラ活躍も恐らく……w
Commented by ejison2005 at 2014-12-12 00:54
>>通りすがった人さん
本当、思い切った構成ですよね。
本来の対象たる少年ではなく、15年間付き合ってきた読者に対してささげる、ラストの名に相応しい映画であったと思う。

どこの弟も犠牲になる中、一人ウィーッとやってるビーさんは本当兄に恵まれたよね。
にしても、お前が一番チャクラあんだから射撃ではなくチャージ担当しろよだけどw
Commented by ejison2005 at 2014-12-12 00:58
>>白桜さん
そういやそうだ。その後も結構なレベルで敵の攻撃を防いでいたし、マジで強かったんだなあ。
今回の人形に不覚を取ったのは、やはり得意の内部破壊が通じないことと(相手は白眼の特性知ってんだから当然ではある)、十尾と違って一人で防いでてもジリー・プアーだからですかね。

>パワーアップ
精神面が置き去り名ことも含めて、とりあえずのパワーアップなんですよねえ。これもライダーでたとえると、宅配便でパワーアップアイテム送るようなもんか。
まあ、ダディはそこまでで十分に成長してましたけど、フォームチェンジはそれに付随する何らかの精神的成長を見せてこそだよな。

>サクラ
まあ、よくよく考えたらサクラもスペックは大概におかしいはずですしね。今までは、相手が悪かっただけなんや……。
Commented by 白桜 at 2014-12-13 02:09 x
>今回の人形に不覚を取ったのは、やはり得意の内部破壊が通じないことと(相手は白眼の特性知ってんだから当然ではある)、十尾と違って一人で防いでてもジリー・プアーだからですかね。

それ+単に相手が悪かったんじゃないかな―とは
陰と陽が合体したパーフェクト九尾宿した映画ナルト(作中恐らく最高のチャクラ量)のチャクラを一瞬で奪い取るトネリに、チャクラを奪われてしまうのは仕方ない+チャクラ=
MP以外にも生命力なんで奪われた後で人形に負けるのはやむを得ないかと

Commented by ejison2005 at 2014-12-14 05:21
>>白桜さん
ヒアシさん、チャクラ吸い取られましたっけ? 僕の見逃しかもだけど、設定的にもこの人からはチャクラ吸い取れない気がする。

それにしても、ナルトの吸い出されたチャクラの威力半端なかったですねw 月に穴開くっておまw
そういえば、ナルトって六道モードまだ使えんのかな? なんかあの時だけの期間限定フォームみたいな台詞あった気がするんだけど、やや記憶があいまいだ。
Commented by 白桜 at 2014-12-14 12:58 x
トネリの攻撃をヒアシ様が受けた際に、その時に吸収された疑惑がある感じです
確かに確定と言える程ではないかもしれません

後、ナルトの六道はうろ覚えですがこれは自分も良くは……
唐突に六道仙人が来て、「お前、生まれ変わりだからマダラとカグヤとめてこい」っていって
力を与えた後に返すシーンが劇中ではなかったので持っているのか? と、思ったら映画では使っていませんし
カカシINオビト(他の五影が里をきちんと守る中、棒立ちで抜け忍の無職の不審者に助けて貰うカカシェ)みたいな一時的な物だとは思いますが。

映画のナルトが調子に乗って、
「私はまだ変身を残しています」とかフリーザ様みたいな事を考えているとは思えませんし


Commented by ejison2005 at 2014-12-18 06:04
>>白桜さん
疑惑レベルだと、多分吸われてないんじゃないですかね?
ヒナタから吸えないのに、ヒアシ様から吸えるのは変ですし。やはりジリ・プアーだったのでは?

六道はやっぱよくわかんないですか。
ヒナタから謎エネルギー玉抜いたり、トネリ戦のフィニッシュブローが仙術の可能性あるけど、単純に柱間パワーの可能性もあるんですよね。

>カカシ先生ェ……
あの棒立ち、何か策でもあるのかと思ったんですが……うん……。
Commented by 名無し at 2015-04-28 23:45 x
サクラが頭に石が当たって気絶するのっていつでしたっけ!?
Commented by ejison2005 at 2015-04-29 05:57
>>名無しさん
いつだっただろう?
2部の割と初期ら辺だったとは思うのだけど。