NARUTO THE LAST 感想
f0029827_4402578.jpg

 見てきたよー。ご覧のとおり、伝・の書も無事に入手。

 や、すげー面白かったです。終盤でカグヤが言ってた月がどーのこーのという部分も無事に補完されたし、見に行って絶対に損はしない出来だと思う。

 以下は感想。ネタバレ注意。





 日向は木の葉にて最強! 希望の未来へ……レディイィィィィィィィィィゴオォォォォォォォォォ!

 という感じの映画でしたねw ヒナタが……ひいては、日向家が大勝利すぎるw

 パワーインフレについていけなかったこともあり、本編における日向家は肩書きの割にいまいちパッとしない印象もあったんだけど、そこらへん、かなりいい感じに補完されてたと思います。
 言われてみりゃ、確かにカグヤも白眼だったわけだし、マジヤバの家系であるはずなんだよな。パッとしない印象を受けたのは、基本的に対人格闘での使用がメインという地味さか。


 でまあ、この映画で何よりもかによりも感心したのは、ナルトが心・技・体すべてにおいて成長していたことですね。英雄評価を受けても、特に慢心した様子は見せず後輩に対して面倒見のよい先輩ポジを貫いたメンタル面もさることながら、特に技術の向上が素晴らしかったと思うw

 いやもうねー。連載中に散々言われてた、「これ以上殺傷力を上げてどうするつもりだ?」「違う! お前がすべきことは螺旋丸発動の隙をなくすことだ!」といった部分がサラッと克服され、かつ、何やら体術が劇的に向上しており、すごくスタイリッシュで格好いい戦闘シーンを披露してくれている。
 連載終了後のお話なんだから、当然っちゃ当然なんだが、今回のナルトは過去15年間、一度も見たことないほどカッコイイし、頼もしいぞ。

 そもそも、分身で螺旋丸発動といった戦い方は「未熟さを意外な発想で補うナルト」の描写であったのだから、普通にスタイリッシュでカッコイイ忍者アクションをする上で足かせになるのは当然っちゃ当然なんだよな。
 あとはまあ、漫画だと岸本先生のものすごく分かりづらいコマ割りと静止画表現だったのが、アニメで滑らかなアクションに昇華されていたから、というのもすごくすごく大きいと思う。

 あと、終盤でさすがにこれはたまらんと繰り出した九尾モードを除き、終始「自力で身に着けた力」のみで戦っていたのも、ナルトの成長を強く印象付けた一因であると思う。

 螺旋手裏剣を皮切りに、ナルトって強敵が現れるたびに都合よく新技や新フォームが登場してた感じで、どうにも自分の力で戦ってる印象が薄いんだよね。特に終盤、唐突に沸いた転生者設定とそれに付随するアルティメットナルトはひどかった。
 無論、アルティメットを除けばちゃんとどれも修行を経て習得しているわけだけども、このような印象を受けるのは何故なんだろうね? 18号に対するベジータのような、「現状じゃ勝てませんよ」描写の不足とかが原因か?

 ともかく、イヤボーンや唐突な新能力に頼らず、ラスボスでさえも既存の力だけで倒しきって見せたのは、英雄ナルトの面目躍如といったところでしょう。

 最後に、今回は行動目的が「ヒナタを助けるってばよ! (後半ちょっとハナビを失念)」という等身大なものであったのもあり、教祖っぽさがまったくなかったのも大きいと思うw
 ヒナタの想いに気づいてなかったのは「逆にすごいな……」「大したやつだ……」といったところであるが、なんやかんや激動の人生であったこと、それによって一足飛びに成長し、立場に相応しいメンタルとなった結果、ちょっと浮世離れしてしまったと考えれば仕方ないか。
 後輩たちに対する態度は、確かに立ち位置的には理想的なものであったけども、地に足の着いた人間のものではなかったからね。そこらへんをちゃんと克服し、成長する物語となっていたのも、満足感に繋がってると思う。


 ストーリーですが、これは連載終了後「THE LAST」とまで銘打った映画を出すのだから、オールスター勢揃いで大暴れのお祭り映画にするのかと思いきや、テーマを「日向家大勝利」に絞り、登場人物も極限まで抑えることで、極めて完成度の高いものへ仕上げているのが印象的です。

 いや、本当、サスケと共闘くらいはさすがにするだろうと思っていたので、隕石を砕いただけであいつの出番終わりだったのはマジで驚いたわ。
 おかげで尺にたっぷりと余裕が生まれ、入念にヒナタとナルトのイチャイチャパラダイスが描けたのは素晴らしかったと思う。ネジも草葉の陰で喜んでいることであろう。

 また、それはナルトヒナタだけでなく、同行した面子の大活躍という形でも表れており、まあ、シカマルはいつも活躍してるとして、「お前多対一だとクソ強かったんだね」というサイの戦闘シーン……何より、サクラが! あのサクラが! 飛んできた石が頭にぶつかって気絶したりしていたサクラが! 「いなければ詰んでいた」というレベルの大活躍ですよ! 無理矢理な持ち上げとかでもなしに! ごくごく自然な形で! これは快挙! 快挙です! チッ空気読めよ。

 まーともかく、この映画が成功したのは要素の選捨選択に成功したから、というこの一言に尽きるわけですが、その英断ができたのも、NARUTOそのものをプロジェクトとして存続させていくことが決定したからであろうな。

 終わったものを終わらせず、グルグルグルグル続けていくその様はまるでイザナミの如しであるが、それによってこれだけ完成度の高い映画が生まれているのだから、何事も功罪ありきである。実際、本当にこれで完結させるつもりだったら、前述した通りのお祭り映画と化していたことであろう。

 そんなわけで、NARUTOのひとつの区切りとして、また新たな始まりとして、文句のつけようがない出来であったと思います。
 ボルトを主役にする気満々の来夏新企画(映画なのかな?)も、このクオリティを維持してくれるなら全然よくってよ!

[PR]
by ejison2005 | 2014-12-07 04:50 | アニメ