ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 ~紋章を継ぐ者達へ~
ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章
少年ガンガンの創設期を支えた、藤原カムイ先生の名作漫画です。
今日はその続編、ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~を読んでいてツッコミたくてツッコミたくてしょうがなかった所を紹介しましょう。
それは、ア・カギという闇に舞い降りた天才みたいな名前のヒロインが5年前、主人公アロスを拾った時の事を回想するシーンです。
その回想の中で、

f0029827_2271227.jpg

アランとアステアとキラが再会を喜ぶ場面があるのですが、何かおかしいよね?
具体的にいうと、

f0029827_2272676.jpg

この辺が。
何と、アステアは女でした。
そんな伏線、前作のエピローグにさえ無かったと思うのですが。
しかも、アランとアステアは結婚していました。
これで、前作の主要キャラクターで独り身なのはアルスだけです。
どっかのガンダムみたいに、前作主人公を優遇しすぎるのもアレですが、ここまで徹底的に冷遇するのもそれはそれで凄いと思います。
そんなこんなで、カムイ先生ってちょっとカッコイイと思った土曜日の昼下がりでした。

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-29 22:06 | 漫画