艦これ戦記 52
 これまでのあらすじ。

 資材・バケツ共に備蓄十分であるエジソン提督は、イベント前に6-2を攻略することにしたのである。

 そんなわけで、6-2攻略となるわけですが、情報を見たところ索敵値の計算が超重要じゃないですか?

 そこで、「数学は丙」で知られるこの僕も、こちらのサイトを使ってあーでもないこーでもないと頭を悩ませたわけですが、小一時間くらいした後に「この時間で試行回数増やせばよくね?」という事実に気づき、レベルを上げて雪風することにしたのである。

 いやー、でもさ。この絶妙の索敵値調整、本当に難しいよね。上手く組めた人はどんな艦隊で挑んだのだろうか?

f0029827_511962.jpg

f0029827_512918.jpg

 そんなわけで、このような編成でこのようなルートを押し通り、

f0029827_514648.jpg

 あっさり4回でクリア。……うん、さっさと挑んでちゃっちゃとクリアした方が確実に早かったよね……。

 マップとしては、なかなか鬼畜な潜水艦縛り&潜水艦殺し構成だった6-1と比べ、道中の敵もそこまで強いというわけではないし、ボスも弱いのでヌルゲー気味だった印象です。索敵値の計算が一番しんどかった。

 にしても、とねちくの近代化改修が終わって初陣を飾らせたわけですが、あれよなー。Yes! bob!


 改修工廠

f0029827_52054.jpg

 前回は触れ忘れてた明石さんの魔改造ルームに関してですが、このように、現在はデイリーで12.7cm連装砲の改造に着手しています。

 と、いうのも、勲章取りの3-5で試しに下ルートを使ってみた際、強化したこの砲を装備した娘が思ったよりダメージ出してる印象を受けたんだよね。というか、火力が同じ高角砲より、強化した分、威力が増すのは当たり前っちゃ当たり前の話ではある。

 そんなわけで、消費も安いし駆逐艦用の最高級装備としてデイリーでまったり増やしていくのが、当面の指針。


 そしてふんどしへ……!

f0029827_521474.jpg

f0029827_57049.jpg

 というわけで、前置きが長くなったがいよいよ秋イベント「渾作戦」スタートである。プチイベというからには、今度はトリプルダイソンとか出して僕たちをプチッと潰してくる内容かもしれない。備えよう。

 ……と、思って情報を調べてみたのだが(相変わらずのチキンぶり……)およ、これは縛りもゆるいし、最初から割と全力で投入できそうだぞ? 夏の出撃縛りが嘘みたいだ。


 E-1 第一次渾作戦

f0029827_522838.jpg

f0029827_523478.jpg

f0029827_524148.jpg

 熟慮の結果、第一次作戦に投入するのは以上のメンバーとなった。

 第一艦隊で特筆すべきは、最近になって改二が実装された扶桑姉様のポテンシャルを最大限に発揮させるべく、姉妹揃って水上機をガン積みしていることである。これによって、制空権確保役である瑞鳳の負担を減らし、その分を整備員に回すという作戦だ。

 この考えには、コメント欄におけるこう提督とのやり取りが反映されている。この場を借りてお礼を言っておこう!

 重巡枠には、まだまだ使い足りないとねちく、軽巡には最近育てていた川内を起用。

 不安要素は扶桑姉様の対空改修が終わっていない点だが、このMAPは空母あんまり出てこないからどうとでもなるであろう。

 第二艦隊は、せっかくだから司令部施設を活用したいということで、後々に仕事が控えている大淀さんに代わり、7☆3☆1☆Zの一員である夕張を起用。やはり司令部施設を使うなら4スロットは欲しいからね。

 重巡には「台詞的にソロ運用でも気にしなさそう」という理由でもがみんを起用。駆逐にはキス島以来となる第6駆逐をあてがった。
 ちなみに、電ちゃんに装備させてるのが先にも説明した強化済み12.7cm連装砲である。

 これにて、全ての準備は完了! 夏に予想した通り、空母主体じゃない連合艦隊での戦いとなったが、どうなるか……?


1回目 なんとかS勝利達成……したものの、全体を通して扶桑姉様が4、もがみんが5という大ダメージを受け、予想と異なる敵戦力の脅威に騒然とする。ボス泥は鬼怒でした。

2回目 S勝利達成で泥妙高。今回、扶桑姉様はダメージを受けなかったものの、もがみんが7ダメージを受け、先の戦闘分と合わせて耐久38にまで追い込まれてしまう。これには提督もやむをえずバケツの仕様を決意。絆創膏貼った姉様と、二度の出撃を経て傷一つついてない他の艦娘も心配そうな表情である。残りバケツ2415個……足りるか……?

 真面目な話をすると、道中におけるflag軽母ヌ×2を含む敵艦隊戦で、航空優勢を取れたのが大きいですね。扶桑姉様の性能を正しく引き出せた形である。こう提督よ、マジありがとう。

 おかげで、整備員搭載した瑞鳳ちゃんがアタッカーとしても機能してるもんなあ。この戦法は今後も大いに研究していきたいところである。

3回目 S勝利達成。しかしながら、瑞鳳ちゃんが9という甚大な被害を以下略。うん……敵艦隊、目ん玉ついてるのだろうか……?

f0029827_525722.jpg

 そしてドロップで清霜ちゃんをゲッチュ。レア艦を確保できるとはありがたい。試しに近代回改修してみたら、か、かわいいなこの子……。んな聖闘士星矢じゃあるまいし、戦艦に昇格したりとかはないと思うんだが……。
 なんだろうな、このかまってほしそう具合は、提督LOVE勢とはまた違う、提督like勢の匂いを感じる。

4回目

f0029827_531391.jpg

 ↑こんな感じでA勝利。まさかのイチタリナイ発動である。反抗戦引いたためか、こちらの攻撃がスカりまくったからね。悪口が聞こえたのか、相手もそこそこ命中弾を出してきたし、ようやくイベントが始まった感じである。
 とりあえず、デイリー入渠任務を消化できてよかった(安堵)。泥愛宕。
 報酬の高射装置は何に使うんだろうか?


 感想

 夏に比べるとがどうしても枕言葉についてしまいますが、プチイベのE1らしいぬるさであったと思います。

 本文中でも書いたけど、最後を除き(つっても最後も大概軽微だが)、ほとんどダメージを受けることなく戦えたし、ひょっとしたら内部で敵艦隊のパラメータがいじられてるのかもしれない。

 攻略として楽しかったのは、扶桑姉妹を制空権確保の一助として役立てられたことですね。
 山城も似たような形での強化となれば、さらにこの戦術は有用性を増すことですし、冗談抜きで航空戦艦の時代がくるかもしれない。

[PR]
by ejison2005 | 2014-11-16 05:12 | ゲーム