NARUTOはサンダルだった……
 お前は何を言っているんだ?

 記事タイトルを見てこう思われた方、ご安心ください、僕は正気です。平常運転だと思われた皆さん、僕をなんだと思っているんですか?

 まあ、何を書こうかというと、かつてジャンプ感想を書いていたブログとして、NARUTOの最終回に総括的な感想を書かねばなるまい、とね。そう思ったのよ。

 で、遥か思いを馳せて15年前……僕が初めてこの漫画を読んだ時に抱いた感想が、これが記事タイトルにかかってくるわけなんだけども、

 な、なんてかっこうよくバックベルトサンダルを履きこなすキャラたちなんだ!

 と、いうものだったのです。

 まあ、こんなことを書くと、当ブログが想定している読者層である十代の少年少女にはピンとこないかもしれませんが、何せ時は15年前、今じゃ当たり前の履きものであるバックベルトサンダルも、普及し始めたか普及が落ち着いたくらいの年代だったわけですね。

 で、そこへこの漫画ですよ。当時、静岡の片田舎に住んでいる中学生だった僕としては、「カッケー!」「超カッケー!」てなもんです。

 それに何より、実はバックベルトサンダルってナルト世界のファッションにおいてかなり重要な立ち位置を占めているんですよね。

 戦争編の統一ファッションでもあったカカシ先生の上忍服を思い浮かべてほしいんだけど、あれで編み上げのブーツでも履かせようものなら、それはただの特殊部隊隊員です。
 しかし、そこに一点、バックベルトサンダルを履かせることによって、グッと忍者らしさが加わり、しかもそれは現代的なファッションと融合し、その上で、ジッサイ機能的なのです!

 また、手裏剣ホルダーや巻物ホルダーなどの小物類に関してもこれは言えます。これらは、特に初期において綿密に描写されていた小物類なのですが、こういった品々が現代ファッションと、古臭く泥臭いイメージのあった忍者というジョブとを融合させ、ナウでイケてる印象を読者に与えることへ成功しているのです。


 そんなわけで、NARUTO最大の成功点は、忍者という古臭いイメージのあった存在を現代文明と融合させたファッションであり、世界観であったのだと、そう、僕は思いますね。地球に人類は70億人いれど、これを発想し、漫画として結実させたのは岸本先生ただひとりです。偉大な存在であると言えるでしょう。

 そんなわけで、サンダルという家庭的で古臭い履きものを、街中で履いていても違和感のないファッションとして確立させたバックベルトサンダルは、NARUTOファッションのキーアイテムであり、また作品そのものを象徴するようなアイテムであったかと。


 キャラクターとして好きだったのは、やっぱりカカシ先生かなあ。特に序盤において、戦闘力皆無に近かったナルトに変わってバトルを盛り上げ、読者離れを防いだ功労者であるし。
 驚くべきことに、螺旋丸を習得するまで(三年間くらい?)ナルトはこれといった決め技を持たない主人公でしたからね。コアンヤアと契約する前の藤井八雲みたいな状態。
 また、インフレが進んでからも、「強すぎず弱すぎず」という便利な立ち位置で酷使された苦労人でもあったと思います。まるでスピードウォリアー。


 作品として残念だったのは、ガンダムで例えるとア・バオ・ア・クー戦で何故かアムロをうっちゃって「その頃バニング大尉は……」「その頃マスター・P・レイヤーは……」「その頃、4号機と5号機は……」みたいなことをやり出した戦争編(てか後期の大体)におけるハイパー引き延ばしや、加速度的にイザナミる国語能力とか、戦闘力だけどんどんインフレして精神は据え置きのナルトとか、まあ、色々とあるんだけど、画風の変化も大きいですかねえ。

 静止画の連続みたいな絵とか、何やってんだかよく分からないコマ割りとか、何よりかにより、そこらの中年オッサンみたいな体つきにされてしまった終盤半裸オビトはもうちょっとサービスしたれよと思った。

 お風呂回でも思ったけど、ナルトたちって基本的に戦闘者の体つきじゃないんだよね。あれだけ動き回ってる忍者なのに、体脂肪率けっこうありそう。

[PR]
by ejison2005 | 2014-11-12 05:28 | ジャンプ感想