Fate EXTRA プレイ記 6
 飽きるか面倒になったらやめるプレイ記。5回戦終了まで。ついに赤セイバーちゃんの正体(知ってた)が明らかに!


 赤セイバー、デレる

 や、元からデレていたと言えばデレていたわけですが。これ、赤セイバーやキャス狐はいいとして、アーチャーはどうなるってんだろう? ただでさえあの人、生前のファッションセンスが残念なせいで上着脱ぐと大ハードゲイみたいな格好になるのに。

 ああ、再アニメ化だからとはりきって着ていたジャージはさすがのセンスだったよ……。

 さておき、ダンジョン突入時や自室でのやり取りなどは、いかにも後半戦突入って感じで実にいい感じですね。個人的には、最終日にリターンクリスタルの使用を要求するやり取りがツボにはまった。強敵だから修行するって言ってたじゃないのwww


 慈尊君「何もないと思ってたけど、よく考えたら俺はリア充だった」

 いや、ちょっと語弊があるけど、でもこれって要するにそういうことだよねw

 自分にはなにもないんだーと思ってたけど、よくよく周りを見ていたらノーパンミニスカの錬金術師とおぱんちゅ皇帝をはべらせていた。なんだ、めっちゃ恵まれてるじゃん、というw

 うん、身も蓋もないっちゃないけど、とてつもない説得力だ。そりゃ、こんな恵まれた状況にあったなら、自分の存在理由なんかで悩んでいる暇はないでしょーよ。

 というわけで、願いについては「聖杯戦争を終わらせる」をチョイスしました。願いの内容だけだと、最終回に幼女をかばって死にそうな博愛主義的な代物ですが、慈尊君の場合はこれから先の生活空間を平和なものにするというニュアンスも含まれているわけで、そう考えると、なんだか実利的である。

 というか、アレよ。今アニメでやってる士朗がスーパー自己犠牲マンなだけに、慈尊君の考え方は余計に対照的に思えるよね。


 作戦名「俺が死ななきゃお前は死ぬ」

 さて、いよいよ宿敵? ユリウス戦となったわけですが、アサシンとの前哨戦を経ての結論がこれですね。初手で落陽→MPヒールをおこない、あとは残りのMPと大量に買い込んだ回復アイテムを使って、ひたすら回復。倒されてしまった場合には、再び落陽を使用するという。

 絵面的にはこう、車田漫画の登場人物がグシャアッ! と顔面から地面に叩きつけられても、「まだ終わっちゃいないぜ!」とうそぶきながら立ちあがってくるような、そんな感じw

 そんなわけで、何度も何度も倒れては蘇生を繰り返す赤セイバーに対し、デフを積み重ねて致命の拳を叩きこみ続けるアサシン。まるでゾンビを相手にするかのようだが、着実に赤セイバーのMPは減り続けている。このままでは、赤セイバーがジリー・プアーなのは明らかだ。

 しかし、赤セイバーにはこの状況を覆す秘策が存在したのである!


 招き蕩う黄金劇場

 セイバーが高らかに宝具の招来を告げるや否や、決戦場は荘厳にして華麗なる黄金の劇場へと生まれ変わった。

 ――固有結界!?

 相対するアサシンとユリウスの脳裏にまず浮かび上がった単語はそれであったが、否、これは別世界による上書きを行う固有結界とは似て非なる大魔術であり、自身の芸術性を信じて疑わなかった赤セイバーのみが成せる業なのだ。……具体的に固有結界と何がどう違うのかはよく分らんが。

 ――ここからどのような攻撃が!?

 身構えるアサシンとユリウスであったが、彼らは忘れていた……ここが死闘の舞台などではなく、あくまでも劇場であったことを。

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「な、なんだ!?」
「何事だ!?」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 劇場内に響き渡る、オンドゥル語にも似た謎の奇声。狼狽する二人であったが、

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 眼前にて剣を構えるサーヴァント相手に、まさか

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 耳を塞

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 ぐなどという無防備な行動にでるわけにも

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 いかず、ただただ

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 この状況に翻弄されるばかりであったが、

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 赤セイバーの狙いはまさにそこに

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 こそあったのである。

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「く……なんのマネだ!」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「マスター、今何か言ったか? うるさくて聞こえん!」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 やがて彼らの声も、思考も、やがては存在そのものすらもかき消されていき……。

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

(^q^)「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

(^q^)「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 ……こうして新たなボーイフレンド(仮)が二名、生まれることとなったのである。

 ――僕の金が、君を強くする!

 尚、アニメの出来は残念な模様。


 というわけで真名判明

「ああ、ミルキィホームズの一員の?」
「クズのことネロって呼ぶのはやめろ! というか違う!」

「ということは……志貴さん覚醒の踏み台になったあの?」
「近いけど違うねー。あれ余を元ネタにした痛い人だねー。というか、うっかり茶店とかで会ったらどんな顔して余のこと見るんだろうねー」

「わかった! MSA-007ネロだろ?」
「離れたねー。せっかく近づいたのにえらい離れたねー。重力に魂を引かれちゃったねー。というか人ですらないねー」

「パトラッシュ……」
「僕もう疲れてないねー」

「じゃあ……一体何者なんだ……?」
(#^ω^)ビキビキ

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-24 00:21 | ゲーム | Comments(2)
Commented by スグリ at 2014-10-27 04:37 x
真名判明に関しては一番酷いのはやっぱ赤い弓使いさんだと思うのです
相手はどうやってマトリクス集めればいいんだってなってしまう
その辺セイバーは割とわかりやすい方でしょうね

戦う動機はどうあれルート分岐少ないんですよね、Extra
CCCではルート数増えたんですけど
Commented by ejison2005 at 2014-10-31 02:51
「肩で色分けした服にこだわる……な、なんのことだ?」「電化製品の修理とか得意……んなこと言われても」「弓道部を退部した過去がある……それがどうしたってんだ!?」
詰んでますね。これ。

>ルート
やっぱ、凛とラニで大きく分岐する感じなんですかね。あそこだけ令呪使ったし。