ハピネスチャージプリキュア ここまでの感想
 前々から書こう書こうと思っていて、艦これもひと段落したのでこの機会に書いちゃう。

 でまあ、結論から言っちゃうと、10周年という積み立てた歴史に甘んじず、色々と新要素を打ち立てようという精神性はよかった。過去のヒットにあぐらをかけばどうなるかは、例えば、地球戦隊ファイブマンの視聴率・売上不振と、それによって叩き売りされた結果、ファイブロボもスターファイブもない幼き僕に買い与えられることとなった、マックスマグマ大先生が証明してくれています(基地ロボだけでどうしろと?)。

 ただなあ、どうにもこうにも、それを活かせていないんだよなあ。そこら辺、とりあえず思いつく新要素について書きだしながら。


 全世界臨戦態勢という設定について

 「とりあえず新要素を打ち出してみた」まではよかったものの、「それで話が面白くなるかどうかまでは一切考えていなかった」新要素の筆頭。

 そう、冷静に考えてみるとね、あの世界ってものすごい非常事態に置かれてるんですよね。神出鬼没の怪人が全世界規模で出現していて、それに対抗できるのは素性不明の少女たちだけという。

 が、その緊迫した設定が活かされているかといえば、それはご存知の通りなわけで、唯一お話に絡ませたのは、こないだの「他国のプリキュアに飯食わせて仲直りさせる話」くらいのもんである。

 そもそも、こういった世界規模での脅威に立ち向かう話を活かせるのはダイ大よろしくなアドベンチャータイプのシナリオであるわけで、従来のご近所戦闘作劇にそのまんまくっつけるのはいかにも工夫が足りなかったと思う。

 どうしてもこの設定でいくのなら、やはり主人公たちが世界を旅していきながら、各地の敵幹部を倒し、開放していく感じのお話になってしまうのでしょうね。うむ! 留年待ったなしだな!


 強力すぎる保護者の存在

 まあ、例年でもココナッツなんかは妖精兼指揮官みたいなところあったし、ハートキャッチは偉大なグランマが常に見守っていたわけなんだけども、にしたって、ココナッツは戦闘力があるわけではなく、おばあちゃんは年が年でした。

 それらに比べると、ブルーは保護者として万能すぎるばかりか、(ぶっちゃけ全ての原因なわけだし)「てめーが戦え」としか思えないんですよね。失敗したトリンみたいなキャラである。

 力が封印されてるとか、そういった制約を何か設けておくべきでしたし、動機面でも「事態の原因」ということでヒメと被っている……というか、こっちは完全にこいつのせいなわけで、アッパーバージョンと化しているキャラ被りっぷりもどうにかするべきだったでしょう。なんか煽ってる黒幕っぽいのもいるけど。

 そんなわけで、例年なら「妖精に力を与えている眠れる女神」的なポジションになりそうなこいつを人格のあるレギュラーキャラとしたのは、まあ後述の恋愛要素のためなんでしょうけど、それもなあ。


 恋愛要素について

 キムチでもいい感じのするヒメの初恋顛末に関しては言わずもがなとして、ブルーと主人公の恋愛もなあ。大前提として、ブルーは元カノと仲たがいしているだけである以上、結末は知れたものであるんですよね。悲恋大前提。

 僕はそもそも、恋愛ものってそんな好きじゃないんですけど、それでも恋愛ものの楽しみを挙げるなら、やっぱり「こいつらくっつくのかくっつかないのか?」というドキドキ感にあると思うのですよ。

 が、結末が分かり切っているこの設定で、そんなもん味わえるのか……? という。

 また、ブルーが割といい歳した青年であること、元カノがいること、というかその元カノとのゴタゴタが戦いの原因であることが作用して、なんかこいつが女子中学生の主人公をたぶらかしているみたいで大変に印象を悪くしてしまっている。

 その辺、女子中学生とガチ恋愛し、怪しげな恰好で徘徊し、特に際立った戦闘力を持つわけでもないのになんやかんやで活躍していたタキシード仮面様はさすがであったといえるかもしれない。なぜ声優を変えてしまったんだ!?

 次回は黄色の子が捕縛した敵幹部と恋愛するみたいだけど、ヒメの顛末が顛末だけに、さっぱり期待できんな……。


 まとめ

 強力すぎる保護者の件は、本当にただの設定段階でのミスだから置いておくとして、

 全世界臨戦態勢 → しかし描写されるのはいつも通りご近所回りのみ
 恋愛要素 → 憧れるのは絶対に結ばれないのが分かり切っている相手(不成立前提)

 ということで、二つともが従来の作劇から脱するための新要素であるのに対して、結局、従来通りの作劇へいつでも戻れるセーフティをかけちゃってるのが、こうして考えた上で目立った点です。

 冒険するなら冒険する。しないなら、きっちりと従来の路線に沿う。

 その踏ん切りがいまひとつかなかったのが、ハピネスの不幸な点であるのかもしれませんね。

 あと、シンプル目なデザインなのにやたらと作画崩れが多いのも気になる……。

[PR]
by ejison2005 | 2014-09-07 03:18 | アニメ