魔法先生ネギま! 11巻 レビュー
今日は「魔法先生ネギま!」の単行本11巻を立ち読みしたので、ついでにレビューをしようと思います。

さて、この巻では少年誌ではお約束の武道大会をやっており、中でもメインとなるのはタカミチ対ネギの教師対決です。
タカミチはポケットに入れたまま遠隔攻撃を行うという謎の技があるのですが、接近されると使えないらしく最初はネギが押します。
しかし、そこは年長者の余裕。タカミチは自分に有利な距離をとると、容赦なく例の謎技でネギを圧倒。
それにしても、この不可解な攻撃は何なのでしょうか?解説していた人によると、

f0029827_23583897.jpg


これはポケットの中で拳を加速させて放つ居合い抜きのような技だそうです。ちなみに、画像に深い意味はありません。
それにしても、タカミチの強さは尋常ではありません。例の技を使って、

f0029827_003738.jpg

f0029827_3143239.jpg

ネギを追い詰めていきます。画像に深い意味はありません。
さらにタカミチは奥の手を披露、

f0029827_014177.jpg

ついにネギは倒れました。くどいようですが画像に深い意味はありません。
しかし、ネギもそこは主人公。くじけず立ち上がると背後を取り、0距離からの必殺攻撃で見事タカミチを倒しました。
が、タカミチは基本的に手加減していたわけですし余裕の表情。まったく、

f0029827_072559.jpg

最後の最後まで、

f0029827_034841.jpg

スマートな野郎だぜ・・・・・・。
最後にもう一度書きますが、画像に深い意味はありません。

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-29 00:05 | 漫画 | Comments(0)