BLOOD+ 第31話「壊れゆく盾」
面白くなる要素はね、あると思うんですよ。
まあ、どの設定も陳腐といえば陳腐でしょうが、そんな事いっても今のご時勢、オリジナリティのあるネタなんてそうそう転がってないですし。
どこもかしこも、踏みしめられたスキー場状態ですからね。
まあ、せめて期待するとしたらシュバリエとなった弟君の扱いでしょうか?
彼をシュバリエにしたのは、ちょっと驚いたのでそこは期待したいところです。
といっても、序盤の人外フラグ(翼手以外の吸血種かと思った)はなんだったのよという気もしますが。
それでは、今週も感想と参りましょう。

アバン
また唐突に立ち直りましたね、この娘は。
散々ツッコミましたが、全編通じて、
もうだめ→でも立ち直る
を繰り返しまくってるので、躁鬱の激しいかわいそうな子にさえ思えます。
ああ、どうせ今週でまたくじけるのかな(見ながら感想を書いてます)。

デビットさんとルイスさんと
この人達の問題点として、口先だけっていうのがあると思うんですよ。
小夜に申し訳ないみたいな事を言ってますが、だったらもっと強力な重火器を持ち込むなり何なり出来る事はあると思うんですよね。
別にワイヤーであらゆる物を切断する執事を探して来いとは言いませんが、最強火力がショットガンじゃなあ。
正義の秘密組織なんだし、もっとバズーカとかグレネードガンとかはっちゃけた武器を使ってもいいと思うのです。
トドメ刺せるのが小夜だけなら、それを楽に遂行できるよう全力を尽くしましょうよ。

忠犬・青薔薇の君
無駄にさわやかな作画で笑った。
駄目じゃないですか、アナタがそんな普通の人みたいな反応してたら。
腕が治ったせいか、気持ちに余裕が出てきてますね。

丸ごとショートケーキ
美味しそうな食べ物に定評のあるこの番組、今日の一品は、

f0029827_23233154.jpg

ハート型の丸ごとショートケーキです。
ここで弟君が怒ってましたが、そこで攻められても困ると思うんだ。
こんなもん目の前に置かれたら、見てるだけで胸焼けすると思います。
少なくとも、僕はする。

今週のアルジャーノさん
この人は、生物学とかやってたのか。
いえ、行動や言動を見てるとどう考えても政経を出てそうですから。
なんでまた、今の職業についたんだろう?

女医さん裏切る
あら、コリンズさんはともかく、この人まで来ちゃうのか。
反応を見るに、一応の説明を受けてからここへ来てるしなあ。
もうちょっと、研究を外部に洩らす事について悩むシーンとか欲しかったかな。
というか、小夜の無駄な(飽き足りた)挫折話をやるくらいなら、こういう脇キャラにもっとスポットを当てましょうよ。
これじゃ、アニメキャラというより、単なる舞台装置じゃないですか。

ドギー兄さん現る
この人も、何でそこまで小夜に傾倒しているのでしょうか?
小夜本人に全く魅力を感じられないせいで、こういうキャラが行動する度に感情移入を妨げられてる気がします。

お引越し準備
で、結局この人達は何しにパリまで来たんでしたっけ?
何か図書館で調べ物はしてましたが、それだけ?
いかん、素で思い出せん。

置いてかれちゃった記者さん達
まあ、パリならベトナムに置き去りよりはマシでしょう。

コリンズさんはかく語りき
まあ、この人の場合は研究を発表して自分の才能と努力に見合った地位その他諸々を手に入れたいわけですから、翼手が滅んではいけない云々は単なる詭弁ですね。

重火器登場
お、出て来いと思ったそばからゴッツイ物を出してくれるとは思わなかったんで、ちょっと嬉しいです。
そうそう、もっとそうやって全力を尽くして戦いましょう。

キャッチボール
カイ君の前で決意表明するのって、これで何回目だっけ?
それに、言葉だけで仲直りしちゃってるから軽く感じられるんですよね。
例えば、喧嘩状態で翼手に襲われてピンチのカイ君を小夜が命がけで助けて仲直りとかなら、もっと違う感想を持てたと思うんですよ。

ものものしい警備体制
小夜が切り札なのに、翼手が襲撃してくる事を知らせない不思議。
3日後だとしても、普通は真っ先に知らせると思います。

襲撃
本格的に戦うのは来週ですか。
そういえば、シフの皆さんが襲撃した際に壊滅的な被害を受けた気がするのですが、その後再編は進んだのでしょうか?
来週は、弟君がシュイバリエの力に目覚める話か、多少は楽しみです。

[PR]
by ejison2005 | 2006-05-20 23:24 | Comments(0)