Xbox One大感謝祭 プチレポ
f0029827_19542688.jpg

f0029827_19543356.jpg

 さて、現在神田明神では、夏越大祓式なる行事が取り行われている。

 ま、どういう催しかといえば、暑さも増してきたので、健康にひと夏越せるよう、神様が力を貸してくれるというまことにありがたい行事である。なんかの本で読んだけど、やはり江戸時代なんかだと夏の暑さでぱったり……なんてことが往々にしてあったらしいからね。割と伝統ありそうな行事だ。

 というわけで、僕の願いもただひとつだ。

 サジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスくださいサジタリウスください

 そんなわけで、物欲にまみれたお願いをした僕は、更なる物欲を満たすべくそのまま秋葉原までてくてく歩いていったわけであるが……。

f0029827_19544896.jpg

 なんかやってた。

 というわけで、そういやこの一年、艦これかパズドラだけでゲーム機動かしてねえなあと思った僕は、この機会とばかりに最新機種へ触れてきたのである。

 どうでもいいけど、壇上の芸人たち見慣れないのに声は聞き覚えあるな~と思ったら、実況プレイヤーのガッチマンだった。色々やってるというか、そのうち街頭グルメリポとかしそうな勢いである。
 おかげで待ち時間の間、ニコ生でも見てるような感覚で楽しむことができたよ(というかニコ生の収録なんだが)。



 タイタンフォール

 タイタンズノヴァ? (難聴)

 さておき、なんか一番人気だったので僕もやってみた。どうでもいいけど、三台しかないのに、一人の持ち時間が十五分というのは長すぎる気がする。おかげで、一時間ちかく並ぶ羽目になったよ。
 無論、僕は紳士的にワンゲーム終わったら交代してあげた。いやまあ、どうせ続行しても中途半端なところで終わりになるからだが。

 で、まず映像なんですけどさすがに綺麗……なんだが、この手の最新ゲームにありがちなこととして、ちょっとツヤがありすぎるんですよね。ガンプラなんかもそうなんだけど、あんまりテカテカしてるとかえって安っぽく思えてしまうというか、戦場感が薄れてしまうのは難点だと思う。

 で、試遊したゲーム内容は、制限時間内により多くポイント稼いだチームの勝利という方式。聞いたところ、オーストリアだかオーストラリアだかと繋がってるオンラインプレイだとか。向こうでもイベントやってたのかね。

 で、物語上の設定はよくわかんないけど、とにかくキャラクターがヤマカシめいたフリーランニングをできるのは気持ちいいですね。さすがに、試遊した範囲では試しきれなかったけど、身長に倍するくらいの壁でも平気で駆け上がれる。これはゲームする上でのポイントになりそうな部分だ。

 で、まあ、肝心の戦果はというと……まあ、慣れてなかったからね。最初のうちに死にまくっちゃった。てへ。

 だが、それは相手も同じだと気づいてからはけっこう、調子よく立ち回れたと思います。具体的には、レーダーを頼りにフリーランニング能力を活かし、片っ端から裏へ回っての首捻りおじさん(接近戦でそうなる)として暗躍してた。全員がマウスを使えないし操作にも慣れてないしマップも把握してないしというシチュエーションなので、これが効きましたね。後半はチケット消費せずに5~6人始末することができたもの。敵数人が密集していたところにボムを投げ、二人ほど始末できた時は心が躍った。

 というか、前述の通りフリーランニングがあるし、後述のロボットもいるので、多分これが正解ですね。裏回りボムやロボットでのミサイルで、集団だと簡単に始末できるorされちゃう。

 このゲームの真骨頂は、フリーランニング能力を活かしての分散戦闘になるんじゃないかな?

 一定時間経過もしくは何らかの条件で召喚できるロボット(これがタイタン?)での戦闘は、んーどうだろう? という感じ。

 試遊なので、何も考えずに足を止めてるor突撃してくるプレイヤーが多かったからこちらが乗ってる時はけっこうバシバシ殺れちゃったんですよ。
 逆に、自分がロボットに狙われた時はフリーランニングで障害物を適当に走り抜けたら案外、簡単に逃げれちゃうんですね。ロボット側はホバーダッシュみたいなのができるだけで、障害物は迂回しないといけないから。

 これ、試遊だから気持ちよく殺れたけど、プレイヤーが性能把握する本番だとそうはいかねえんじゃないかなあ。生身での機動力が高いから、ロボットだと追い切れないと思う。マップの地形にもよるだろうけど、僕が遊んだ街中マップではそうだった。それにいかんせん、目立つし鈍重なのでけっこうすぐに壊れちゃったりする。

 やはり、生身での地形走破力を活かした散開戦が鍵となりそうなゲームでしたね。


 FORZA5

 こんなに俺とプレイヤーキャラに意識の差があるとは思わなかった……!

 いやね、何やら本格的なレーシングコントローラーとシートが用意されてたので、どれだけリアルなドライブ感なんだろうと期待してたんですよ。映像綺麗だったし、運転席(ちゃんとハンドルとか計器とか映りこむの)視点選べるしで。

 で、やってみたらゆるやかにハンドル切ろうとしてるのに、プレイヤーキャラはぎゃりんと全力でハンドル回すんですよね。もうね、なんなの君? もうちょっと、落ち着こう、な? という感じ。
 色々と力加減を試してみたんだけど、どうもこれがデフォルトのようで、実際に車動かすより万倍も難しい。なんで時速60キロ程度のゆるやかなカーブでガンガン壁にぶつからにゃあ、ならんのだ。

 ちょっと、オススメできないです。


 スポーツライバル

 ジェットスキーを試遊。キネクトだから覚悟していたけど、人に見られながらやるのは恥ずかしいなw とりあえず、操作性はFORZAよりよかったです。腕上げっぱだから肩痛くなるけど。

 まあ、基本的には友人や家族と遊ぶパーティーゲームですね。そういう楽しみ方もできるってのは、いいことだと思う。


 デッドラ3

 こちらは試遊ではなく、壇上で実況プレイヤーたちが遊んでるのを見ての感想。

 今までと違い、閉鎖空間が舞台じゃないので、格段に自由度が増し、乗り物の重要性が上がってるって感じですね。街中をバンバン引き殺しながら、ガシガシミッション攻略していくゲームになりそう。

 今までと違って、どこでもアイテムを組み合わせられるし、本当にそこら中を駆けまわりながら手に入ったものを組み合わせまくって殺ってく感じになるんじゃないでしょうか。



 と、ここら辺でレポは〆。お昼食べてなかったし、いかんせん並ぶ時間が長くて疲れたのである。

f0029827_1955522.jpg

 でも、おみやはしっかり頂いておく。クリアファイルとシールはともかく、Tシャツくれるってのは太っ腹だなあ。さすがに、これ着て出歩く気にはならんが。

[PR]
by ejison2005 | 2014-06-21 20:04 | ゲーム