パズドラ冒険記 32
 いかんせん、書くべきことが多すぎるのだが、まあ、それだけ色々と楽しんでるということなのでいいことである。

 とりあえず、今回は挑んだダンジョン攻略メインでお届けするよー。


 ツインキマイラ降臨! 超地獄級

f0029827_19243812.jpg

 さて……ついに、この日がやってきた。全パズドラーの登竜門、ツインキマイラ降臨である。
 パズドラを始めたのが去年の九月なので、足かけ半年ちょいかかっての挑戦となる。思えば遠くへきたもんだ。

 準備は万端。敵をハメ殺す準備は出来ている。

 さあ……始めようか……勝ちの決まった戦いをな。

f0029827_4552680.jpg

f0029827_4553391.jpg

 あ……(察し)。

f0029827_19245366.jpg

f0029827_1925140.jpg

 ギエエ……! ギ、ギエエ……ッ! な、何故だァーッ!?

 そう思い、調べてみたところ、どうやらこの構成でいくにはサタンをレベルマにし、かつ、攻撃の+が15必要だったみたいですね。完璧にミスった。みんなも、攻略情報を読む時はちゃんと端から端まで熟読しよう。

 でまあ、悩んだけどどうにかこうにかキマイラの片割れを倒したことだし、あとはもう死ぬ要素ないので1コン。実質ノーコンで満足することにした。そもそも、ウルズの時は5コンして入手しているわけだしね。あれに比べりゃ、石消費プラマイゼロに抑えられるのだから安いもんだと思おう。

f0029827_19251647.jpg

 というわけで、クリア。ボス戦のあとに、エキストラバトルで変なお爺さんと戦うことになるが、そちらはスキルを2順して使うだけの簡単な作業なので省略。

 うーむ、しかし、本当に侮りすぎていたなあ。反省せねば……。


 伝説龍ラッシュ! 地獄級

f0029827_19253621.jpg

 気分を変えて伝説龍である。超級まではけっこう簡単であるし、実際、サクッとクリアしているのだが、このダンジョンは地獄級だけ異様に難易度跳ね上がっているので今まで挑戦せずにいたのだ。

 だが、究極進化を果たして欠損率が大幅に下がったレイランなら、レイランならきっとやってくれる……!

f0029827_4552680.jpg

f0029827_4553391.jpg

 当ブログはてんどんネタを大切にしております。

f0029827_19255282.jpg

 はい、駄目でした。

 これは後述するけど、伝説龍クラスのボスを安定して倒せるだけの火力を確保するなら、指定色がゆるくなったことを活かしての属性統一パーティなんかを組んでいく必要がありそうですね。

f0029827_19261127.jpg

 ともあれ、それは長期的な目標であって今すぐどうのこうのというのは不可能である。ならば、取るべき手段はひとつ! 麒麟だ! 例によってオサさんに寄生し、25倍の高倍率でもって制するのだ! 道中のユグドラシルに対しては、キンアワのエンハンスで強引に突破する作戦。名付けて、カチドキカチコミ作戦! 本当、あの時の紘汰さんは何考えてたんだろうね?

f0029827_19262997.jpg

 まずは1階。試しに殴ってみた画像がこちら。惚れ惚れするくらいの火力である。そりゃ、12.25倍が火力不足と呼ばれるわけだ。
 ここは危なげなく、1ターンスキル溜めしてから突破。

f0029827_1926452.jpg

 続けて2階。
 ここも同様に、まずは一発殴ってからスキル溜めして突破しようと考えたのだが、落ちコンが重なりまくり、なんか合計12コンボくらいして一撃死させてしまう。ま、待て! 死なないでくれー!

f0029827_1927047.jpg

 やっちまった感溢れる3階。だが、幸いにもクシナダのスキルが間に合うので、一度攻撃をしのいでからキンアワエンハンスで仕留めることができるはずだ。
 というわけで、攻撃直前にクシナダのスキルを使用してから盤面を見て思ったのである。

 これ、火が6つあるから火2コン作ってのLS発動で倒せるんじゃね……?

 まあ、クシナダ使ってるから死ぬ心配はないし、何事もチャレンジ精神が大切だ。試しにやってみたのだが……。

f0029827_19271544.jpg

 倒せちゃったよおい。

 いや、なんというか……麒麟、マジですげえな……。
 ろくに+も振ってないエキドナでも、火を2コンボ絡めればユグドラシル倒せちゃうのか……半端ねえな……おい……。

 などと、戦慄する僕。あ、画像の彼に関しては特にどうということもなかったのでノーコメントで。

f0029827_19273134.jpg

 というわけで、ボス戦。挨拶代わりに乱舞と威嚇をぶち込み、ちょっとターン経過させてキンアワのエンハンス使ったところ。
 せめて、奥義で葬ろう……。

 こないだ、サタン相手に放った一撃よりも高火力な攻撃にこいつが耐えられるはずもなく、哀れ、跡形もなく蒸発することとなったのである。あれですね。スパロボでジンクス相手にバンプ盛り盛りのせっちゃんでトランザムライザーするようなもん。相手は死ぬ。

f0029827_19274878.jpg

 クリア報酬。うめえうめえ。

 このダンジョンで実感したのは、サクヤちゃんの圧倒的火力であるなあ。そりゃ、列強パなんかに比べれば劣りはするだろうけど、その気になればリセマラするだけでこれだけの火力を生み出せるわけであるし、リーダー単体としての完成度というかコストパフォーマンスにおいては、いまだ右に出るものはいないと思う。


 大天狗降臨! 超級

 さて、今回のダンジョン攻略、トリを務めるのは大天狗降臨である。

 いや、別に必要なキャラでもないし、制限ダンジョンなんぞ挑む気にもなれないのだけど、この日はたまたまレベルアップ直後でスタミナ消化したかったんだよね。

f0029827_21194848.jpg

 もちろん、使用するのは……。

f0029827_1928654.jpg

 本邦初公開。ヒソカに育てていた闇闇バットマンと、特に育ててなかった寄せ集めのお伴たちである。一応、キティン&ミミーナ掘りの副産物である生首ちゃんはスキルレベル3。以前にも書いたが、はまひめはスキルマである。

 そして今回、このはまひめちゃんがものすごーく重要だったりする。それでは、デュエルスタンバイ!

f0029827_19282174.jpg

 まずは1階。のっけから闇ドロップ欠損という状況に苦笑いするが、幸いにも敵のターンは被っていない。木水光で忍者を殴り、次のターンでようやく闇も降ってきたので忍者を仕留めきる。
 あとは、ゴブリン→オーガの順で仕留めて問題なく通過。ただし、オーガが攻撃力増加のスキルを使った時は属性変化しないよう攻撃の手を止めた。死んじゃうからね。

f0029827_19283653.jpg

 2階。全員ターン被りという、なかなかやばい状況である。ここでは、はまひめちゃんのスキルを使用。真ん中ターゲットの全体攻撃+αで一掃した。

f0029827_19285075.jpg

 3階。闇での全体攻撃が不可能だったため、ぺちぺちと殴って数を減らしつつ倒した。

f0029827_1929760.jpg

 4階。このために、わざわざLSの恩恵を受けないオーガなんぞ連れてきたのである。スキルで一掃!

f0029827_19293750.jpg

 そして、いよいよボス戦。大天狗(いらない)降臨である。

 ここで重要なのは、一にパズル。二にパズル。三、四がなくって五にパズルである。
 何せ、連れてきた回復要員のスキル回転が悪いため、とにかく大量にドロップを消して回復ドロップの確保に努めなければならない。その際、できるだけ闇ドロップも巻き込んでいく。
 まさに、ノーパズル! ノーパズドラ! おお! 俺、今、すっげえパズドラやってる!

 とにかく、持ちうる全てのスキルとパズル力を注ぎこみ……、

f0029827_19295895.jpg

 やってきましたこの状況! どれだけギリギリの戦いだったかについては、HPの残りからお察しである。これ、バインド受けたのが左端3人だったからどうにかなったけど、LFバインドされたら普通に死んでたな……。

 だが、俺にも見えたぜ! お前の終着駅!

 まずは、フレンドバットマンのスキルとはまひめのスキルを使用! そこから、全力の攻撃を叩きこみ続ける!

 そして、大天狗の本気出すよ宣言の後、今度は自分のバットマンがスキルを使用! これによって、貴様の遅延ターン数は6! したがって! 一度使ったはまひめのスキルは復活する!

f0029827_19302215.jpg

 死ねよやーっ!

f0029827_1930389.jpg

 ノーコン完了!

f0029827_1931259.jpg

 お前もまた強敵だった……。なんか使い道あるのかなあ。

 しっかし、実際に大天狗へ潜ってみて、こないだのアンケで不正票を大量に投じたおバカちゃんの気持ちが多少は分かった気がする。というか、コストやレア度を制限するダンジョンのシステムがクソすぎるんだよな。こんなもん、周回するほど潜ってられっかという話である。

 その点、やはりドラゴンゾンビは良降臨であったことよ。あれは普通に楽しかったもんな。育成を否定されるわけでもなし。報酬も普通に役立つし。


 ゴッフェスと女の子ガチャと育成方針

f0029827_19312334.jpg

 あー、うん。まあ、このゴッフェスは強いて挙げるならウミサチとバスにゃんが欲しかったくらいなのでよしとしておこう。

 それより何より、重要なのは女の子フェスである。世間では外れガチャとの風潮が根強い今回の女の子ガチャだが、僕的にはかなり真剣に欲しい子が混ざっているのだ。

 だが、ロビン一点狙いの結果、去年夏の艦これも真っ青なハイパー猫祭りと化した人も世の中にはいることだし、その人には悪いが勝手に教訓とさせてもらい、ここは一回の引きへ全てを賭けるべきである。

f0029827_19314188.jpg

f0029827_19315191.jpg

 きたぜ……ぬるりとよ……。

 え? と思うかもしれないが、そう、この子が狙いだったのである。用途はずばり、オオクニパにおける回復要員だ。

 それならピエドラでも……と思うだろうけど、あいつ覚醒がいまいちなんだよね。そこへいくと、この子は自動回復を持っているので、回復一回消しなら単純に回復ステが+500されたのに近い効果がある。こうやって数値換算すると、自動回復ってけっこうな強スキルであるのだなあ。

 また、ヨミちゃんとダンプティーちゃんを外せないというか外したくない都合上、魔王とコンボしての最終火力でもこちらに軍配が上がる。しかも、指定色の関係上、カリンパで使いまわすこともできる。

 何より、ただでさえホモくさいオオクニパが少しは華やかになるのである。ピエドラなんぞ使ってる場合じゃないのだ。

f0029827_1932943.jpg

 というわけで、これが新生オオクニパのメンバーである。これを見れば僕の育成方針は丸分かりであろう。そう、魔王様の主食はハイメタです。
 とまれ、平均レベルも70を超えてきたことであるし、そろそろ倉庫番とか肉盾の役割を終え、実戦投入を考え始めてもいい時期であろう。こうなると、魔王様だけ覚醒してないのが気になっちゃうけど、たまドラ残弾も心もとないし、ベビーは進化させるのしんどいので彼にはまだお預けである。まだヘルメスさんとか進化してないし。


 そして、パーティー新生案としては忘れちゃいけない、究極進化を果たしたレイランちゃんだ。

f0029827_19323274.jpg

 最初はエンジェリットも1個あることだし、光へ究極させようと考えていた彼女であるが、思いのほか木バージョンの使い勝手が良かったことであるし、このようなパーティを考えてみた。
 戦法としては、豊富な変換スキルを活かし、安定度の高い12.25倍アタックを繰り返して威嚇中に削り殺すというのを想定している。できれば、ディノライダーをフレイあたりにできればと思うのだけど、そりゃさすがに贅沢言いすぎってなもんだろう。これでも十分強力だ。


f0029827_19325364.jpg

f0029827_1933292.jpg

 また、めでたくキティン&ミミーナさんが覚醒を果たしたので、カリンちゃんの究極進化した場合のパーティについても想定したい。

 ここで僕が熱望してるのは、水木バージョンのカリンちゃんを木レイランと同系統のLSにしてほしいというものである。タイプはドラゴンでも回復でもいいので、とにかく、水木をリーダー向けにしてほしい。いやもう、無課金入手できる水木のモンスターって本当にろくなのいないからね。クロノタートルを再入手可能にしてくれるってんなら、話は変わってくるのだけど。リヴァイアサン? キティミミさんの意味がなくなってしまう。

f0029827_19332077.jpg

 というわけで、カリンちゃんに木がついたと仮定しての水パがこちら。威嚇などがない代わり、瞬発的な火力を擁する構成だ。ジークの副属性に火がついてしまうことだけはちょっと美しくないが、まあ、このさい良しとしよう。

 とにもかくにも、我がカリンパが勇躍するために、なにとぞ! なにとぞリーダー向けの究極進化は木でお願いしたい! というところで〆。

[PR]
by ejison2005 | 2014-04-19 19:35 | ゲーム | Comments(0)