BLOOD+ 第30話「ジョエルの日記」
これまでのあらすじ

管理人がくじけそう

負けるな俺! 頑張れ俺!
考えるんだ、逆に考えるんだ……。
自分が見てるのは傑作アニメに違いないって、そう考えるんだ……。
自己暗示なんぞかけつつ、今週も感想と参りましょう。

何事も無かったかのように帰還
一体全体、何しにパリへ来てたんでしたっけ?
そんな、思いつきだけで帰ってきていいものなのでしょうか?
ジョエルもジョエルで許容してないで、そこは組織の長としてピシッと叱りましょうよ。

過去ジョエルは趣味で動物研究とかしてた
現代ジョエルが何か凄い悪い事してた様な口ぶりで語ってますが、そんな悪い事でもない気がします。
自分のお金で道楽してたわけですしね。
過去ジョエルの管理とかその他諸々が甘かったせいで現在の状況が生まれたのは責められても仕方ないかもしれませんが、それと関係ない事まで蔑まんでも。

ミイラ「サヤ」
翼手の語源って翼手目だったんですね。
その起源は古代生命体か何かでしょうか?
お~い、誰かキバヤシを呼んで来い!

ワクワク大解剖
こういう事を書くと引くかもしれませんが、この過去ジョエルの独白って共感できるなあ。
解剖する前にもっと色々と調べるべき事はありますが、そりゃこんなもん発見したら学者として大興奮ですよ。
見た目ミイラだし、それなら罪悪感を抱く必要も無いしね。

過去ジョエルの采配
ディーバは実験動物として、小夜は人間として育てられたわけですか。
例によって引かれそうな事を書きますが、割とベストな采配だったと思います。
小夜とディーバはよく分からん生物ですからキチンと研究したいでしょうし、普通の人間のように生きられるかも調べる必要があったでしょう。
そういう意味では、小夜もディーバ同様に実験されてた事になります。
何せ彼女達、人の血を吸いますから。
もし2人が人の血を吸ってしか生きられない人類の天敵だったら(実際そうだった)、目も当てられないですからね。

「彼女達の血は、身体を異常な速さで治していく」
ウェーー!?
これ、何気に重要情報だと思うんですけど。
あの超回復って、血が原因だったのか。
そういう事は、もっと早い段階で説明しましょうよ。

花婿実験
あ、これは完璧にアウトだわ。
生殖能力について調べるのは前述の理由で必要悪ですらあると思いますが、男性の方を標本にするのはいくらなんでもやりすぎですね。
ああ、もう少し冷静なら(僕の中では)過去ジョエルは冷酷だったけど、学者という立場から最適な行動を取っていた人みたいな感じになったのに……。

超遠距離会話
超音波か何かを飛ばしているのでしょうか?
だから、たまに凄い遠距離会話を繰り広げたりしてたのか。

小夜の犯した罪(?)
いやあ、小夜の立場的に考えて気に病む必要は無いと思いますよ。
というか、ジョエルが小夜達にしてきた事を知った今、どうしてそこまで背負い込むのかサッパリ分かりません。
必要悪なのは「人類」にとってであって、「翼手」にしてみれば悪でしかありませんし。

ベトナムの真相
何でこの人が知ってるんだろうと思って、しばらく黙考したのですが……。
そういえば、赤い盾側は全て知っているけど小夜が自分で思い出す事に意義があるという判断で黙ってたんでした。
何の意味も無かったですね、その設定。

青薔薇の君が欲情してる様にしか見えない件について
まあ、変態ですから。
そういえば、ベトナムにいたって言ってたねこの人。
そして鬼弱ッ!

また決意
だから、何回決意すれば気が済むのかと小一時間(ry

ちょい冷静に分析
思うに、牽引力のある人が誰もいないんですよね。
赤い盾側は、行動力ゼロの小夜に追従するだけですし、ディーバ側も無駄に消極的ですし。
シフは行動力はあるんですけど、基本的に考えなしですしね。
何この足踏みアニメ。

次回予告
青薔薇の君の作画が、無駄にさわやかでした。
来週か再来週で死にそうですね、この人。

[PR]
by ejison2005 | 2006-05-13 22:23