ドキプリを振り返る
 さて、すでに後番組であるハピプリがやっていてなんとも今更感の漂うネタではありますが、艦これとパズドラの話ばっかりしてても仕方がないので今日はドキプリについて振り返ってみようと思います。

 さて、この番組、六花ちゃんがかわいかったこともあり、なんやかんやで最後まで楽しく視聴することができたのですが、それでも疑問符を浮かべてしまうのがキュアエース登場からの展開。要するに、レジーナと亜久里の扱いについてですね。

 まず、この二人の扱いについて何よりも疑問に思うのが、レジーナがエースになってはいかんかったのか? という点。

 そう、亜久里はポッと出のキャラです。伏線も何も全然まったくこれっぽっちも存在しない状態から登場し、3人目のよろず屋として加わりました。銀ちゃん、新八に続いて私も許されたアル!
 別にまあ、これ自体はさほどの問題ではありません。シンケンゴールドもゴーカイシルバーもある日突然やってきた追加戦士です。よくある話なのです。スーツ着て謝ればよいのです。

 でも、ドキプリの場合はレジーナという「さあ! 裏切って追加戦士になるぜ!」と言わんばかりのキャラがいて、前半の尺を多く使ってキャラ立てしてきてるんですよね。それを差し置いて、まったくの新キャラクターを登場させることにどれほどの意義があったというのか。

 その後の展開としても、レジーナが長々と休暇に入ってアイテム集め兼亜久里のキャラ立てという流れなわけで、ぶっちゃけそれまでレジーナ中心で組み立てていた話の流れが寸断されてしまっています。それが終わってから振り返った場合、全体の構成としてどうにも不協和音に感じられてしまうのです。

 さらに、亜久里は出生の秘密からレジーナとの因縁があることが終盤に明かされたわけですが、うん……それ明かすのが遅すぎるよね。
 サブタイトルでは「宿命の対決! エースVSレジーナ!」などとうそぶいていたわけですが、「いやいや、どっちかというとマナとレジーナのが宿命の対決じゃね?」とつっこんでしまったのは僕だけじゃないと思う。
 やるならやるで、いっそ最初から亜久里には全ての記憶を持たせておき、レジーナも早めに起床させ、アイテム集めに代わる後半構成の柱とするのが本当だったのではないでしょうか。こういう設定は、キャラを悩ませるためにこそ存在するわけで、いきなり明かして即断即決即決闘ではあまりうまみがありません。

 別にね。亜久里も単独のキャラとして悪いキャラではないのですよ。きっちりキャラも立っているし、大上段小学生として新境地も切り開いていたんじゃないかと思う。
 ただ、物語へ組み込む段となると、もっとうまいやり方があったんじゃないかな~とか、そもそも入れる必要あったのかな~と思わされてしまうのは失敗だったんじゃないかな。

 元祖追加戦士たるブライ兄さんが命と引き換えに教えてくれてる通り、追加戦士というのは、時に番組の方向性そのものを変えてしまうくらい影響力の強い存在です。まして、キュアエースのように物語の発端へ関わるような設定を抱えているなら尚更といえるでしょう。
 ドキプリは、追加戦士フォーマットの扱い方についてちょこっと考えさせてくれるプリキュアともなったのかな~と思います。あと、大きなお友達としてはBBA化して厚ぼったい口紅塗るのはどうかと思う。素のままでいいじゃん(イージャン)。

[PR]
by ejison2005 | 2014-02-08 19:45 | アニメ