灼眼のシャナ 第12話 レビュー
皆さんは、勇者と聞いて何を連想しますか?
ある人は、ライデインが使える人間と答えるでしょう。
またある人は、名前に「ガ」のイッパイついたロボットと答えるでしょう。
しかし、どんなモノでも共通して言える事があるはずです。

勇者とは、勇気を持つ者だと!

そして、灼眼のシャナの第12話で新たな勇者が誕生しました。

f0029827_15614.jpg

勇者の名は、池速人。
ぶっちゃけて言うと、脇役です。
しかし、管理人は彼の生き様に勇者の姿を見た!

さて、彼の活躍について語る前に、この物語の大筋について説明しましょう。
この物語は、なんか死んじゃったけど特殊なアイテムが体内に(多分)偶然転移してきたおかげで生き延びれた主人公、坂井悠二がそのアイテムを監視するために滞在している異能力者の少女、

f0029827_161522.jpg

シャナや、理由はよく分からないけど悠二に惚れてる同級生、

f0029827_163537.jpg

吉田一美に弁当を貰ったり、デートに誘われたりするお話です。

f0029827_16442552.jpg

また、坂井悠二は両者から好かれてる事も、自分が好きなのはシャナである事も薄々理解し始めている状態です。
それだけなら、別に何やかんや言いませんよ。
しかし、驚くべき事にこの男、それでいて堂々と吉田一美から弁当を受け取ったりしています。しかも、シャナの目の前で。
調子に乗っちゃってるのかな? かな?

f0029827_173190.jpg

はい、普通にムカつきますね。
しかし、そんな僕達に救世主があられました。
それが冒頭で紹介した勇者、池速人なのです。
ちなみに、実はこの池君、吉田さんに惚れていたりするのですね。
ああ、そうそう。
先程語った弁当譲渡は、シャナだけでなく池の目の前でも行われてました。
さぞや悔しかったでしょう、頭にきたでしょう。
だが、それでも坂井悠二は池にとって親友。
池は坂井悠二を信じ、吉田と幸せになるよう陰ながら応援します。
が、あくまで坂井悠二はシャナ狙い。

f0029827_18422.jpg

所かまわずイチャつきやがります。
しかも、それを吉田一美に見られており、

f0029827_1102981.jpg

傷心に泣く吉田一美を、池は目撃するのでした。

f0029827_1105176.jpg

ついにブチ切れる池(画像はイメージです)
手始めに彼は、

f0029827_1111853.jpg

坂井悠二・シャナ・吉田一美・自分自身という四角関係昼食会で、坂井悠二に食って掛かります。
「実は今朝早くの事なんだけどさ、どうも眠れなくてちょっと川まで散歩に出たんだ。……そしたら(シャナと坂井悠二が)堤防にいるのを見てさ……。お前言ったよな、(シャナとは)何もないって! おかしいだろ! ずっとそうやって、吉田さんの好意(弁当の事)を受け取っておいて!

f0029827_112654.jpg

f0029827_1122165.jpg

坂井悠二に一矢報い、吉田さんに自分の男気もアピール!
果たして、このもっともなツッコミを受けて他の3人はどう行動するのか!?

f0029827_1124291.jpg

何故か坂井悠二をめぐっての恋愛バトルが激化!

……我々はここに、新たな真理を知りました。

勇者って、基本的に報われねぇ。

そんなこんなで、脇役と主役とで扱いが違いすぎて笑える灼眼のシャナ。
皆さんも是非、お楽しみ下さい。

ちなみに、以前のレビュー でご紹介した真の主役フリアグネ様は、

f0029827_1143319.jpg

DVD第4巻でも、超元気でした。

[PR]
by ejison2005 | 2006-05-11 01:16 | アニメ | Comments(2)
Commented by 黒川 at 2006-05-11 21:46 x
この作品は見ていないのですが、このレビューを詠む限りでは「池ぇ~、俺のお古で良かったら持ってけよ」って感じで、最終的に吉田さんが池君に回ってきて、「最後は本当に好きな彼女(シャナ)と結ばれて、ハッピーエンドさw」って感じになりそな気配満々です(--;
頭にヘッドギアを装着した燃える漫画家に「吉田さんはどうする!それでハッピーエンドなど片腹痛いわ!」と言って、主人公をぶん殴って貰いたい所ですね(^_^A

> 皆さんは、勇者と聞いて何を連想しますか?
私の場合は「勇気のアバンのしるし」を持っていた人です。
ともあれ、フィクションのキャラクターは「ノミどもの勇気」になってしまいますが、彼のは恐怖で逃げても、また戻ってくる真の勇気です。一度心が折れても、そこから復活できるポップは、あの漫画で一番好きなキャラでしたねぇ。
Commented by ejison2005 at 2006-05-11 23:36
おお、黒川さん鋭い!
だいたい、そんな感じです(笑)
吐き気をもよおす邪(ry

ポップや横島君は、努力系キャラの最高峰ですね。
両方とも、活躍しすぎて主役を食ってしまうという……。
ダイ大は敵も味方も男気溢れるキャラが多いので、僕も大好きです。
上の記事に書いたのも、マトリフさんの台詞の引用ですし。
もちろん、ビイトも好きですよ~。