パズドラ冒険記 12
 ついに……ついにこの時がきた……。
 パズドラ界における3-2-1……! ここを攻略して初めて初心者卒業ともっぱら噂のノーマルダンジョン……!

 そう……天海神である。

 ちなみに、ここまでで苦労したのはクローノス大密林全般と、天へと続く塔4階のファフニール。基本的にカリンパでの攻略になるから、やはり木属性相手だと苦手意識がある。
 結局、大密林はクシナダパでの力押しでクリア。ファフニールはどうなることかと思ったら、殴るまでに間があるので普通にカリンパで殴り殺せた。


 アタック・オブ・ザ・天海神

f0029827_1919828.jpg

 まずはいつものカリンパ……のはずが、なんかミスってリリス入れちゃってた。てへぺろ。
 当然ながら、こんなことで上手くいくはずもなく……。

f0029827_19192141.jpg

 が~め~お~べ~ら~。

 いやあ、しかし、堅いってのは分かってたけど想像を絶するほどの堅さでしたね……というわけで、

f0029827_19193376.jpg

 友情パワーだ! 死ねえ!

f0029827_19194415.jpg

f0029827_19195180.jpg

 うん……敗北のショック引きずって完全に頭ゆだってますね。クシナダかオオクニのスキルで延命を図らないわ、そもそも天ルシのスキル溜めてないわ。

 こういう時にどうすればいいか……そう、答えは決まっているのである。

f0029827_1920256.jpg

 酒だっ! 俺は酒の力を借りる! 何事も酒で解決するのが一番だ!
 そう……俺は先日のダンゲロス二次創作も酒飲みながら書いたのよォーっ!

f0029827_19203194.jpg

f0029827_19204013.jpg

 というわけで、クシナダヒメをトップ・ドロイドラゴンに入れ替えて攻略しました。育ててないので道中の危険度は少々増したが、そこは踏むべきリスクである。安定してボスに辿り着いても、倒せなきゃ意味ないし。

 いや~、しっかし本当、達成感あるよな。危なっかしいところがあるとはいえ、僕もとうとう土日に天海神を回れるようになったのだ。はかどるはかどる。


 アタック・オブ・ザ・カピバラさんコラボ

f0029827_1921084.jpg

 はかどりついでに貴様らも狩ってくれるわ! 死ねぇい!

f0029827_19211212.jpg

f0029827_19211936.jpg

 おとなしく竹をまわしました……(震え声)。


 集う新戦力

f0029827_19213440.jpg

 さて、前回懸念していた炎の魔剣士は空気を読む子だったらしく上級一発でドロップし、

f0029827_19214796.jpg

 今回のイベントでファフニールも入手。できればダンジョン落ちしなく、究極進化先の増えたファフニールがいいな~と思っていたので、リタイアせずに済んだのは嬉しい。

 そして今回、新たな神として英雄神シリーズが追加され、それにまつわるガチャイベントも実施中だ。
 別に必要な神というわけでもないが、アンドロメダはカリンパの幅が広がるのでちょっと欲しい! というわけで、レッツ神頼みである。

f0029827_1922332.jpg

f0029827_1922981.jpg

 今回訪れたのは湯島聖堂と毎度おなじみ神田明神。画像の馬は神田明神でご神馬を務める明(あかり)ちゃん。神田明神だけだと例によってドリヤード渡されて終わりだろうが、湯島の力も借りれば大丈夫だろう。

 英雄英雄英雄英雄英雄あとハンターコラボでなんかいいの英雄英雄英雄英雄英雄……!

 きえ~っい!

f0029827_19223433.jpg

 進化すれば英雄になるよ! やったね!

f0029827_19224747.png


 ハンターコラボ

 念をこめつつ、一回だけ引く予定。レオリオはちょっとアレだけど、基本的に強力で使い道のある性能に収められているし、映画オリジナルボスを除けばハズレといえるキャラはいないだろう。

 しかし、未見とはいえファントムルージュや今度の映画もそうだけど、ゴンキルレオクラを無理矢理「いつもの四人!」みたいに組み合わせるのはどうなのかな~と思う。その辺、ハンターがワンピやDBと明確に異なる点なんですよね。

 ハンターにおける作劇の基本っていうのは、

 ハンター試験、ゾルディック家、天空闘技場、ヨークシン、GI、東ゴルドー、ハンター総選挙

 という具合に、「特殊な状況もしくは場所」を用意し、そこで最適なキャラを出してゴンキルに関わらせることだから、この人たちあんまりべたべたしてないんですよ。クラピカに至ってはゴンの危篤にも姿を見せねえし、これまでずっと一緒に行動してきたキルアもとうとうヨスガった。必要な時以外、自分の用事で忙しくて積極的には合わない関係。

 にも関わらず、このようなことをするのは先に挙げたような歴代ジャンプ作品の成功力学に基づきたいって気持ちが大きいんでしょうがね……ハンターの面白さって、それらと別のところを追及した点にあるんだよなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2013-12-22 19:33 | ゲーム