艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!  レビュー

艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! (ファミ通文庫)

築地俊彦 / エンターブレイン


 なのではじめて「艦これ」ノベライズの話をいただいたときには、即座に「駆逐艦の成長物語で船団護衛」を書こうと決意しました。

(中略)

 当初は第六駆逐隊と吹雪をメインに据えようとしていたのですが、既に他で同様の企画があったので、代わりに「陽炎型か睦月型はどうでしょう」との提案をいただきました。

(再び中略)

 唯一の不安はゲーム内での陽炎はキャラがそれほど立っていないことでした。出現するたびに解体か近代化改修の素材になっている模様。


 ――以上、あとがきより抜粋。


 なるほど、成長物語を書くというのは完璧な作戦っスねーーーっ ! これじゃ成長物語じゃなく、マイナスからプラマイゼロに戻してるだけだという点に目をつぶればよぉ~!

 とまあ、そんなわけで、ぶっちゃけてしまうとあんまり出来は良くないです。あんまり、というのはものすご~くオブラートに包んだいい方で、読み終えた直後はあまりのアレっぷりに総統動画を作ろうかと思い、でもやっぱり面倒臭いから那珂ちゃんのファンを辞めるに留めたレベル。


 そりゃさ、確かにキャラの成長を描くにはある程度へこんだ面を描かないといけないものではあるんですよ。でも、このへこみ方は違うだろう、と。

 本作における艦娘たちは、ひとことで述べてしまえば「かなり性格の悪い女の子」として描かれています。どのくらい性格が悪く描かれているかといえば、名前の出てこないモブ艦娘として描写されている面々が口々に陽炎たちの悪口や陰口を叩き合うレベル。
 いうまでもなく、艦これというのは艦娘たちに萌え萌え感情移入しながら遊ぶゲームであるわけで、いかに名前が出てこないとはいえこのような描かれ方をされて良い気分になる提督というのは少ないでしょう。というか、この作者の脳内では艦娘って悪意むき出しで悪口陰口を叩き合う子たちなの??


 そんなわけで、キャラクター売りゲームのノベライズなのに全力で各キャラをsageにくるという謎の方針で書かれた本作ですが、では、その他の面はどうなのかといえばこれも……う~ん……。


 まず、初の公式ノベライズということで期待されてる仕事のひとつに「世界観の描写」というものが挙げられるのですが、本作で掲げた設定は「身体検査して各々にあった装備を製作し受領させる」といった代物でした。
 ……描かれたのは本当にそれくらいで、深海棲艦の出現で世界がどのようになっているのか? とか、そもそも現実と地続きの世界なのか? とか、そういった重要な情報はまったく描かれていません。
 何より呆れさせられるのが、「艦娘と第二次世界大戦時の艦艇との繋がり」について一切言及していない点で、驚くべきことにこの作品、なぜ艦娘たちが第二次世界大戦時代の艦艇と同じ名を名乗っているのか? という点にひと言も言及せず、なんの理由づけもおこなっていないのです。作中における艦娘の扱いというのは、既存作品で例えるとISみたいな感じ。

 駆逐艦や巡洋艦などの旧日本海軍等の艦艇を擬人化した女の娘たちが主役、というのは艦これを構成する大きなファクターというかむしろそれが全てというくらいのものなわけで、そこに一切目をつけないノベライズとは……こんなに俺と作者さんとで意識の差があるとは思わなかった……!


 戦闘描写や軍事考証に関しても首をかしげざるを得ないもので、横須賀鎮守府から戦闘海域まで近所の公園へ出かけるかの如き気軽さ迅速さで到達したりという有様。これには、「たたたたっくん! オルフェノクが!」のひと言で瞬間移動を行っていた仮面ライダー555も苦笑いすることでしょう。
 聞いたこともないような専門用語が飛び出たりする辺り、それなりの知識を身につけての執筆なのだろうと推察はされるのですが、もうちょっと他に気にするべきことはなかったのでしょうか。

 曙のキャラ立てとして序盤に描かれたあるイベントなどは、その理由付け共々に、

f0029827_21171382.jpg

 と、思わされること請け合いです。



 そんなわけで、総合すると世界観の描写がおざなりであり、戦闘描写や軍事考証に関しても首をかしげさせられる代物で、キャラ売りの原作を扱っておきながら各キャラを全力で貶め、そもそもあとがきから推察するに主人公として抜擢された陽炎への愛着も感じられないというノベライズ第一弾!

 ……続刊も予定されてるようだが、本当に勘弁してくれorz

[PR]
by ejison2005 | 2013-12-01 21:26 | ノベル