BLOOD+ 第29話「呪われた血」
ここのところ脂っこいものばかり食べていたので、今日のお昼ご飯は野菜ラーメン作って食べたんですよ。
といっても、インスタントラーメンの塩味に茹でた白菜とかキャベツとか人参とかもやしを適当にぶち込んだだけですが。
で、何と言うか食い終わった後は体が軽くなるような感じでしたね。
多分、溜まっていた塩分とかも分解され始めたんじゃないかな?
やっぱり、食べるものって大事なんだなあ。
そんなどの層を対象にしたのか分からない前置きはおいといて、今週も感想と参りましょう。
一体あと何回、
くじける→決意
の流れを繰り返すんだろうね('A`)

小夜の血さえあれば……!
BLOOD関係ないけど、ここでその名は101 を思い出しました。
これはバビル2世 の第3部と第4部との間のエピソードを描いた作品でして、騙されて血液提供させられたバビル2世(101)が、その血を与えられて超能力に目覚めた大国のエージェントを皆殺しにすべく頑張るというお話です。
前作(バビル2世)で猛威を振るった三つの僕はとある事情で使用できないので、全編でバビル2世がガチファイトを行います。
流石に血液提供だけではヨミクラスの能力者にはなりませんが、それでもエネルギー衝撃波吸収以外の全ての能力を使用可能ですし、何より塔や僕の助けが借りられないバビル2世に対してこいつらは国の援助を受け放題ですから、毎度毎度バビル2世は死ぬような思いをする事になります。
非常に面白いです。オススメ。

「他に方法があるなら、それを教えて欲しい」
ええ! そこで物分りが良くなっちゃうの?
前回、あれだけ聞き分けが悪かったくせに今週は急に物分りが良くなりましたね。
それだけ、カイ君の姿に心を動かされたという事でしょうか?
視聴者(というか僕)視点では、当たり前の提案をしてるだけなんで、どうして心を動かされたのかはサッパリですが。

いざ血液提供
うあ、これキツイなあ。
以前、シフの人達が小夜の血は効かないみたいな事を言ってた気がするんですけど、大した確証も無かったのでしょうか?
海のリハクじゃないんですから。

限りある時を生きる者
こういう場面で言う事じゃないですけど、小夜サイドからすれば迷惑極まりない人達ですよね、シフ。
兵器だから寿命を短く設定したっていう話ですが、それって凄く効率が悪い気がします。
最初から睡眠学習とかされた状態で目覚めるならともかく、シフの場合は(回想から察するに)時間をかけて教育を施さなければならないみたいですから。
時間と予算を考えると、むしろ長生きしてもらわないと割りに合わないんじゃないかな?

いきなり落ち着いた雰囲気に戻るシフ達
本当に、躁鬱の激しい方々です。
カルシウム取りましょうよ。

最終的にデータは葬りさられる
まあ、これは比喩的な表現で実際にはジョエル辺りがまとめて保管するのでしょう。
組織として人を動かしたりすると、どうしても書類とかが残るもんですし。

今週のアルジャーノさん
わお、ドギー兄さんを裏切っていきなり死臭が増しましたよ。
でもまあ、あんな何考えてるんだが分からない人が上司だったら、他に尻尾振りたくなる気持ちも分かるかな。
後は、仕事をもっと回してあげようよ、と。
本人も言ってましたが、本当に暇そうですもん。アルジャーノさん。

カイ君シャワーシーン
何の需要が?

小夜と弟君とチェロ兄さんで遊びに行こう!
不審者と間違えられて通報されそうです。
他に服はないのか、小夜はともかくとして残り2名は。
そういえば、服ごと体を貫かれたりしてもいつの間にか元に戻ってますね。チェロ兄さん。
実は、真理でも見ていたのでしょうか?

「人数が多いほど身動きがしにくくなる」
こないだ、シフの皆さんに大虐殺されてませんでしたか?
普通の軍隊ならともかく、100名程度の赤い盾であの被害は壊滅と言いますね。普通は。
マオ姉さんはともかく、記者さんには協力してもらうべきだと思います。

「あんなの見ちゃったら……」
下手したら消されますね。

デート中は終始無言の弟君
さぞや居心地が悪かった事でしょう。
目の前でイチャイチャされてもなあ。

決着は1ヵ月後
本当に脅威に思ってるなら、空母使って容赦なく滅ぼしてるでしょうし、舐められまくりですね。赤い盾。
ジェームズとネイサンが待ちきれないと言ってましたが、1人ずつやって来て各個撃破の対象にでもなるのでしょうか?
個人的には、暴走したりせずに最善の行動を取り続けて欲しいところですが。

久しぶりの青薔薇の君
そういや、いましたねこの人(←素で忘れてた)。
いやだって普通に負けてましたし、今になって出てきてもなあ。
あと、ドギー兄さんは怒っていいと思いますよ。

てなわけでまた疲れる方向に進み始めましたね。
すっかり決意アニメ。

[PR]
by ejison2005 | 2006-05-06 22:14