艦これ戦記 3
 これまでのあらすじ。

f0029827_4301473.jpg

f0029827_2102413.jpg

f0029827_2103774.jpg

f0029827_2104629.jpg

f0029827_2105519.jpg

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f.   俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!


 死闘! 南西諸島防衛線!

f0029827_211994.jpg

 苦しい戦いであった……。
 結局のところ、一日仕事で家にいない=資材がダダ余りということを利用しての建造ラッシュで大型艦を用意し、力押しで突破する形となった。なんともバトルテックな展開。
 しかしまあ、これでめでたく最初の関門を突破したわけで、素直に喜んでいきたい。


 統合整備計画

 嘘だと言ってよ! バーニィ!

 さておき、そんなわけで今回は建造ラッシュとなった。資材は満タンまで溜まってるし、どうせあの世まで持っていくことはできないのだからパーッと使ってしまった。

f0029827_2113182.jpg

 まず一番手は飛鷹さん。彼女に関してだけは、航空戦力の重要性を痛感したのでwikiで配分を調べて建造させてもらった。その圧倒的破壊力にど肝を抜かれると同時に、大型艦艇の重要性を僕に知らしめてくれた御仁である。
 後述するが、南西諸島防衛線突破まで第一艦隊に配属していたものの、速度が一人だけ遅いことに気づいてベンチ入りする形となった。しゃあない。

f0029827_2114867.jpg

 そしてこっからはかなり適当に配分したのであるが……なんかきた(震え声)。
 え……いや……いいのかなあ。もちろん、嬉しくはあるのだけど分不相応な気もする。

f0029827_212242.jpg

f0029827_2121267.jpg

f0029827_2122346.jpg

 そして重巡洋艦三人。こちらも試しに鎮守府正面海域へ出撃させたら、一撃で敵駆逐艦を撃沈させてびびった。やはり、軽量級の艦艇とは世界が違う。古鷹さんの「これが重巡なんです」という言葉の重さが響き渡る。

f0029827_2123959.jpg

 一方、こちらはそんな火力もなくおとなしめ。千歳さんか……一体どんな人なんだろう(ドキドキ)。
 彼女の難点といえば、単体で戦力になりづらい点であろうか。その分、一戦闘辺りの消費も少ないし、上手くいけば第一艦隊にかっちりはまりそうではある。

f0029827_2125550.jpg

f0029827_4552680.jpg

f0029827_4553391.jpg

 瞬間、提督の脳裏にイメージ走る……!

f0029827_213875.jpg

f0029827_2131526.jpg

     /\___/ヽ   ヽ
    /    ::::::::::::::::\ つ
   . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.    |    ::<      .::|あぁ
    \  /( [三] )ヽ ::/ああ
    /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


 演習

 割と順調に勝ち星を得ていたり。運に恵まれている。

 やはり、大将クラスの相手ともなると勝ち目は薄いが、それでも得られる経験値が膨大なので助かっている。もっと挑みたい(寄生虫の笑み)。

 ま、あれよな。撃沈の心配がないというのは、いいことだ。

 逆に放置後のログを見ると結構ボコボコ負けてるので、勝敗の事情はどこも似たり寄ったりなんだろうね。


 遠征

 防空射撃演習や対潜警戒任務を中心に、家具コインを稼ぎつつ回数稼ぐプレイング。
 どちらも問題なく成功できるレベルになってるし、我が港の稼ぎ頭といったところ。
 というか、大型艦の台頭によって資源の戦闘消費量がバカにならなくなってきているので、必然、遠征での稼ぎは重要なものとなる。早く第三艦隊設立可能になりたいところ。


 現在の我が艦隊

f0029827_2133212.jpg

 第一艦隊:秋山無外流艦隊

 重巡洋艦や戦艦といった大型艦船の採用により、弾薬と燃料(特に弾薬)の消費がマッハとなった主力艦隊。コンセプトは高機動と姉妹百合。
 というかあれだ。天龍姉妹と古鷹姉妹は、なんか片割れだけ採用するのが怖い。刺されそうなイメージがある。

 旗艦:電(12.7cm連装砲・61cm三連装魚雷)
 不動のマイセクレタリー。
 ちなみに、任務で必要となる彼女の姉妹艦についてだが、雷以外は全員集結済み。雷がこないのは、多分に物欲センサーが働いているのだと思われる。

 二番艦:天龍(15.5cm三連装砲・応急修理要員)
 予備人員から譲り受けた兵装によって火力がグーンと上昇した。ほーら欲しがってた最新鋭兵装だぞ~。耐久力の低さを危惧して妹共々に応急修理要員を装備させているが、これ魚雷にした方がいいのかなあ……? でも僕までヒラコーショックやるのはいやだし……う~ん。

 三番艦:龍田(20.3cm連装砲・応急修理要員)
 姉同様、予備人員から兵装を譲られ大幅に戦闘力が上がる。こちらの方がいいものを貰っている気もするが、天龍の性格的にそうしそうな気がするとの判断。そして妹の複雑なシスコンっぷりはますます上昇していくのであった。

 四番艦:古鷹(20.3cm連装砲・7.7mm機銃・零式水上偵察機)
 当艦隊における四番艦とはすなわち、電の補佐役であり常識人枠である。彼女の真面目な言動から察するに、新設待ち第三艦隊旗艦への異動となった長月の代わりを立派に果たしてくれるであろう……。
 と、思ってたらこのハイパーシスコンっぷりである。し、仕事はきっちり果たした上でのことだろうから……(震え声)。

 五番艦:加古(20.3cm連装砲・7.7mm機銃・零式水上偵察機)
 涼風の立ち位置を引き継いだ元気系アタッカー。が、あちらと違ってすぐ眠りたがる辺りガス欠は速い。古鷹にもいえることだが、零式水上偵察機は魚雷に変更しようかどうかお悩み中である。途中加入故のレベル差もあるだろうが偵察全然成功しないし。

 六番艦:金剛(35.6cm連装砲・15.2cm単装砲・7.7mm機銃)
 満を持して登場した当港初のバトルシップ。別に作るつもりはなかったとか言ってはいけない。それ英国人じゃなくて中国人じゃね? シャンプーじゃね? とかも言ってはいけない。
 戦艦なのに早いという特性のため、先任である電・天龍・龍田とシナジーが高いのも嬉しいところ。
 立ち位置的には、木曽のそれを引き継いでいるのであろうか。性格ではなく、戦闘時の立ち回りとして。


f0029827_2135045.jpg

 第二艦隊:スチャラカ冒険艦隊

 旗艦:白雪(12.7cm連装砲)

 二番艦:三日月(12cm単装砲)

 三番艦:那珂(14cm単装砲・7.7mm機銃)

 四番艦:大潮(12.7cm連装砲)

 五番艦:望月(12cm単装砲)

 六番艦:五十鈴(14cm単装砲・14cm単装砲)

 メンバーの変更はなし。艦艇のレベルアップとランクアップに伴い、入渠の余裕がなくなったのでいよいよ遠征専門艦隊と化している。
 メンバー変更により、秋山無外流艦隊が秋山は秋山でも根深汁食って喜ぶ初期息子仕様ではなく、小判を顎で使う父親仕様となったので遠征の重要性は非常に高くなった。白雪の双肩には、我が港の台所事情がのしかかっているのだ!


 その他メンバー

 創設待ち第三艦隊で中核を担うであろう、長月、涼風、木曽、如月。
 敵編成に合わせた予備人員として、地道に育成していきたい航空戦力の飛揚と千代田。
 今日も倉庫の食料を狙っているであろう赤城。
 そしてどこからともなく現れるブラスター・ブレード。
 いずれも、表立って活動はしていないものの重要な存在である。


 今後の方針

f0029827_2141245.jpg

 ↑現在のマイルーム。貧乏書生の部屋といった佇まいか。こんな風にコーディネイトできるのも、全て白雪のおかげである。

 統合整備計画による戦力拡充によって、当面、そちら方面での心配はなくなったといえるだろう。特に金剛の加入は大きい。やはり戦艦は海戦の花形である。

 にしても、艦隊編成は思い入れと実用性の兼ね合いですねー。遠征があるおかげで、外したメンバーに活躍の機会が与えられているのはなるほど、上手いアイデアであると思う。活躍の機会というか、重要度ではマップ攻略に引けを取ってないし。

[PR]
by ejison2005 | 2013-08-19 21:16 | ゲーム