(円谷プロにとって)神の使いか悪魔の使者か……
 まあ、記事タイトルはギンガではなくガイア放送当初のキャッチコピーなわけなんですが。

 そんなわけで、ウルトラマンギンガ。主にタロウ教官のネタキャラっぷりを楽しんでおります。まあね、教官はそもそも融合先の人格とガチガチにくっついて世俗の垢にもまれているし、年とって丸くなってる部分もあるだろうし、そこらの子怪獣に結構強力な光線を見舞うヤンチャな少年時代を送ってたお人だからね。仕方ないね。

 さておき、久々の「人間が変身して現代の地球で戦うウルトラマン」であるギンガですが、無難な設定に見えてとんでもない冒険を挑んだ作品であるよなあと思います。

 具体的に列挙してみましょう。


 防衛組織不在

 話作りの面から考えると、最も大きな変更点。

 歴代作品を思い出してもらえればすぐ分かりますが、ウルトラマンシリーズの作劇は「怪獣(宇宙人)が事件を起こす→防衛組織がそれに対処し、その様相でドラマを紡ぐ」というのが基本です。

 これによって、防衛隊員&防衛兵器それぞれのキャラも立ち、ウルトラマン登場までの尺を彩ることができる、というわけですね。ついでに防衛兵器の玩具販促も行えます。

 更に述べると、防衛隊員は「地球人代表」みたいな立ち位置でもあるため、彼らを通じて「人類全体が怪獣事件に対処している」という描写がなされています。局所的な事件ではなく、世界全体に影響を与えている出来事、として視聴者に印象付けているわけですね。

 でまあ、ギンガの場合はご存知の通り歴代シリーズとパラレルな現代日本であるわけでして、防衛組織が存在せず、部隊も田舎町固定という状態からどうにもせせこましいご近所奮闘記と化してる印象が今のところ拭えません。

 逆にこれを活かし、ご近所奮闘記としての要素を追及していけばそれはそれとして味になりそうな気もしますが、今のところ事態を正確に把握してるのが、教官、主人公、ヒロインのみなため、その要素も薄いんですよね。他の脇役が脇役として機能し切れていない。

 僕としては一刻も早く彼らに事態を理解させ、ダミースパーク持ちの起こす事件に対処することで「ご近所防衛隊」としての役割を任せた方がキャラ立ちもするし、ドラマパートも盛り上がるんじゃないかな~と思ったり。


 事件を起こすのは怪獣でなく悪人

 防衛隊不在と並ぶ大きな変更点で、ギンガにおける怪獣宇宙人は今のところ最後の最後で悪人が変身して見せるだけで、それまでに巻き起こる事件そのものは普通の人間が普通に起こした普通の(?)犯罪に留まっています。

 で、これがまたウルトラマン「らしくなさ」に拍車をかけてしまっていて、ウルトラマンの名を冠した番組でやる意義の薄い事件が続いてしまってるんですよね。だって、最後の戦闘まではバルキー星人やタロウ教官の存在を除けば特撮的な要素が一切存在しないのだもの。

 そこはなんといっても特撮作品なわけですから、やはり怪獣や宇宙人の存在ありきの事件を描いてほしい、と僕などは思ってしまうわけです。

 やはりここは、「事件を起こした悪人にダミースパークを与える」のではなく「すでにダミースパークを持った悪人がその力で事件を起こす」方式にシフトチェンジした方がよいと思うの。
 例えば、ケムール回などは冒頭部でバルキー星人に仕事させちゃって、「バイクで追いかける追跡魔」事件ではなく「夜中に追跡してくる謎の怪物」事件にしちゃった方がよかったのではないでしょうか。
 そうすれば、主人公やタロウ教官も警察に任せてスルーかましたりはせず、「ダミースパークが関わった事件だ!」と自ら事件へ介入してまた違った展開が生まれたでしょうし、ね。

 その点、来週のジャンキラー回は「すでにダミースパークを持った悪人(?)がその力で事件を起こす」方式なわけで、まさに注目のエピソードであるといえるでしょう。


 「キャラ」を持たないウルトラマン

 自覚を持ったウルトラマンであるタロウ教官がすぐ近くに存在することもあり、作劇的な影響は特にないのですが、ギンガは今のところ自分自身の意思を一切表に出さず、いうなれば変身スーツの如き役割になっていますね。そもそも、他の面子みたいに融合してるわけじゃないし。
 少なくとも、ジャックみたいに変身拒否したりグレートみたいに語りかけるようなことはない。

 まあ、ギンガがやたらフレンドリーな奴で物語上の秘密をペラペラ話しちゃってもそれはそれで困るし、カウンター主体の超然とした戦闘スタイルや自然現象を転用した必殺技の数々、鳴りもしないカラータイマーなど、意図して「神のごときウルトラマン像」を作り出そうとしてるのが分かるので、今後どうするかに期待したいところです。


 まとめ

 そんなわけで、提示した新要素をどうも上手く扱いきれていない感じがするし、役者の演技力や微妙なカメラワークも気になる本作ですが、ディケイドやゴーカイジャーに続かんとする姿勢やそこからくるお祭り感にまだまだ期待を寄せていきたいと思う今日この頃。

 ウルトラシリーズを再び盛り上げる起爆剤として、機能させてほしいものです。

[PR]
by ejison2005 | 2013-07-26 20:51 | アニメ