ハイキューが迎えた最終回とこれから


         ______ 
       ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  完全燃焼なんだろ?
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ||||||||| そうなんだろ?
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  そうなんだろって?
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄|
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   / 
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_ 
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─

 イイ最終回ダッタナー。

 というわけでハイキュー、素晴らしい最終回だったと思います……というのは無論、冗談なわけですが、これにちょこちょ加えて「俺達のバレーはこれからだっ!」にしちまっても違和感がないくらいではあるよね。

 もうね。それくらい青葉城西戦は素晴らしかった。この漫画が培ってきた全てが結集していた。おそらく、この漫画がアニメ化されるとしたら今週分までを2クールくらいでやって区切りとすることでしょう。

 何故、それほどまでに区切りがよいのかというと、これが冒頭のAAに繋がるのですがまさしく完全燃焼したから、なわけなのです。


 まず、人物について。

 日向君の人格はスポーツ漫画的ヒーローとして完成しているので置いといて、そもそも、この漫画は独裁者セッター影山君の成長物語としての側面を強く推し出していました。主人公の片割れとして彼は「キャラクターの精神的成長」という物語の命題を一身に背負い、そしてそれが、青葉城西戦でまだ萌芽に過ぎないとはいえ見事、昇華したのです。
 影山君にとって目標であり、ある意味師でもある及川さんがコートからの立ち去り際に「厄介この上ないよねぇ…」と漏らすのは、その象徴といってもよいでしょう。

 もちろん、他のキャラもそれぞれに成長してはいるのですが、なんといってもそこはダブル主人公の片割れなわけですから。作品的にも、影山君が確かな変化を遂げたというのはひとつの区切りといえます。


 続いて、バレーチーム烏野として。

 これはもう、週刊感想時にも散々書きましたが、今回の試合で烏野は持てる全てを出し尽くしました。それこそ、得意の変人速攻から未完成のジャンプフローターサーブに至るまで、です。
 で、これがどういうことかというと、現時点でチームとしてののびしろがなくなっちゃったんですよね。超人スポーツ漫画であれば試合前の特訓回で唐突に強くなったりもできますが、ハイキューの作風でそれは許されないでしょう。

 となると、後はもうこれまで見せた物の組み合わせで勝ち抜いていくしかないのですが、何せ、青葉城西を下してもその先にいるのは青葉城西以上の化け物達です。
 彼らを相手に、既存の組み合わせだけで説得力のある試合作りを行うのは実質不可能という考えで古舘先生は青葉城西への敗北という区切りをもたらしたのではないでしょうか。


 これら二点を総合して考えると、烏野にこれ以上の説得力ある勝利をもたらすには、何らかの新しい要素が必要不可欠であり、今回のこれが「今まで見せてきた烏野ハイキュー」の実質的最終回であるといえると、そう思うわけです。

 うん、実にいい最終回だった。感動した。これからの、「新しい烏野」ハイキューを心機一転、応援していきたいものです。

 となると、俄然気になってくるのは今後の展開なわけですが、ちょこっと調べてみたところ高校バレーは1月にもより注目度の高い「春高」と呼ばれる大会があるらしいですね。だから、当面の目標としてはそこでの地区制覇が設定されると思う。

 でまあ、当然のこととして特に日向君なんかはそれまでに基礎技術をみっちり強化する方向になるんだけど、気になるのは新メンバーとか加入するのかな、というところ。

 やるとしたら、まさに今しかないという感じではあるんですよね。技術的なところは日々の練習で克服させるとして、人間関係的にも「今まで見せてきた烏野」はほぼ完結しちゃってるから、「新しい烏野」を作り上げていくために必要不可欠ではないかと思える。

 何より、人間関係に変化をもたらしていかないとドラマが生み出されないからね。だから僕は、何かしらの理由でいずれ転校生とか入るんじゃないかと睨むけど、どうか。

[PR]
by ejison2005 | 2013-07-17 19:06 | 漫画 | Comments(7)
Commented by こう at 2013-07-18 12:52 x
今後の展開として思いつくのはだいたい以下の通り
・月島山口コンビの掘り下げ
・牛若とか、ほかの強豪との因縁作り
・影の薄い2年生組の掘り下げ(龍ちゃん、ノヤっさん除く)
・春高に向けての特訓(間違いなく合宿はやるだろう)
・次期部長副部長の指名(春高あるとは言え3年は第一線は退きそう)
・新マネージャーの登場(潔子さんも3年だから)
・エジソンさんの仰る通り、転校生などの新戦力
2年生編もやる可能性を視野に入れるなら、2年の掘り下げは必須でしょう
実力派二人が部長向けの性格ではありませんから、縁下さん辺りの掘り下げとか
しかし、本当にここまで盛り上げちゃって、ここからどうするんでしょうかね?
楽しみな反面、ここがハイキューの頂点になりそうな不安もあったりなかったり
Commented by 青りんご at 2013-07-19 12:33 x
そういえば前にもジャンプでバレーボールマンがありましたよね。バレーボール
郷田豪とはえらい違いです。
Commented by will at 2013-07-19 22:58 x
ハイキュー面白いですねぇ 最近のジャンプではずば抜けて面白いと思います。
青葉城西戦は特に良かったです。ここで負けるとは思っていないから山口の登場もびっくりしましたし、ここまで全力出して、負けるとは思っていなかったです。

これからの展開ですが、倒れた鳥飼監督(じいちゃん)が戻ってくるというのはどうでしょう?
Commented by nnn at 2013-07-20 14:41 x
バレーボール使い郷田豪はギャグマンガで、それなりに面白かったですよ、、、。
Commented by ejison2005 at 2013-07-26 21:03
>>こうさん
僕もその不安はすっげー抱えてるw
ここまでが本っ当によかったですからね。ハードルが高くなりまくってる。果たしてどうなるものか。
Commented by ejison2005 at 2013-07-26 21:04
>>青りんごさん
nnnさんもおっしゃってるけど、あれはあくまでバレーボールを使う人の漫画ですね。
Commented by ejison2005 at 2013-07-26 21:05
>>willさん
じいちゃん戻ってくると現監督の立ち場ないから、ちょこっとだけゲスト的に登場して、監督のキャラ補強とかに作用させてくれるといいですね。それをやるとしたら、かつての小さな巨人とかも合わせて登場した利しそう。