仮面ライダーウィザードに学ぶあるべき怪人の姿
 さて、仮面ライダーウィザードにおいて誰もが思う「お前ら、毎度毎度死の恐怖で絶望って他に何かないのかよ?」問題ですが、逆説的に考えるなら、怪人ってのは死の恐怖を与えられて当たり前。その上で、何らかの付加価値を持ってこそ一人前ってことなんですね。

 ……なんだか、就職活動に勤しむ大学生か、はたまたキャリアアップを図って職業訓練を受ける社会人について語るような文面になってしまい、仕切り直し一発目の冒頭部からテンションが下がってしまいますが、まあ、世の中どの業界においても求められる人物像なんてのは似通っているということでしょう。

 でまあ、この「怪人の個性化」は物語的にも重要で、簡単にいえばお話へ「色」をつけることができます。ただランダムエンカウントモンスターが人を襲い、ヒーローがそれを助けるという筋書きではドラマが発生しません。ただのモンスターではなく、「ダムに毒を流し込もうとする怪人」「幼稚園のバスをハイジャックした怪人」となって、初めてドラマを生み出すことができるのです。

 というわけで、ファントムの話に戻ってくるわけですが、要するに彼らって付加価値が足りないんですよね。皆さん、ファンタジー的なアレコレをモチーフとしており、デザインなどもなかなかに凝っているのですが、自身の持ちネタに由来する特殊能力を戦闘時はともかく、それ以外のところで滅多に使わない。
 その結果として表出しているのが「お前ら、毎度毎度死の恐怖で絶望って他に何かないのかよ?」問題なわけでして、結論を述べるなら、

 怪人の特殊能力とは、戦闘面よりむしろドラマ面で発揮されるものでなければならない

 のです。

 例として、キョウリュウジャーの怪人は毎度特殊能力で人間社会に何らかの被害を及ぼし、それに主人公達が対処する形でドラマを展開します。仮面ライダーオーズに関しては、ヤミーが被害者の欲望を成就するため特殊能力を駆使し、主人公達がその対処に奔走する形となっていました。

 ただの戦闘販促要員ではなく、ドラマ面でも主人公達を導くストーリーテラー……それこそが今の怪人社会に求められている人材ということですね。


 余談ですが、なんでファントムがそんな状態になってるかの原因はというと、

 ゲートの絶望ポイントを知らない

 というのが挙げられます。

 ファントム側にはゲートの心情や出自を知る特殊能力が存在しないため、主人公は当然としてファントム側までゲートのそれを探る作劇になってしまっています。
 ファントム側のそういった動きは、「ライダーがゲートの絶望を阻止する→怪人撃破」という流れに「ファントムはどうやってゲートを絶望させるか考える」というさして面白くもない工程を加えて尺がもったいないですので、何らかの特殊能力を与えてそれを省略し、「ファントムがゲートを絶望させるための事件を起こす→ライダーがゲートの絶望を阻止する→怪人撃破」という流れにした方がよかったでしょう。

 例としては、

 メデューサさんがリリカルマジカルパワーでゲートの絶望ポイントを調べた結果、家事一切を解決する能力持ちファントム「ブラウニー」を派遣。彼は働き者の主婦から仕事を奪い、生き甲斐を無くさせる。

 みたいな感じ。


 あと、考えられる原因としては組織の首魁がニー(ry

 あの人、名前がワイズマン(賢き者)なんだから、まさにゲートの絶望ポイントを知る能力者であるべきだったんじゃ……。

[PR]
by ejison2005 | 2013-07-10 21:12 | アニメ