13年 22・23合併号週のSHT感想
 Ωといいプリキュアといい何でどいつもこいつもボーグ化してるんだよwwwふざけんなwwwww

 いや、しかしΩは新章になってからこっちずっと面白いままですね。強大な敵の存在が発覚したのに悠長な学園モノをやろうとするという謎の話作りだった前章に比べて、話がシームレスに繋がってるのも大きいかもしれない。

 それにしても、超音速で拳を放つ聖闘士相手にこの能力って、予備動作の音を聞いてるから可能は可能なんだけどものすごく際どいことになりそうだな。


 ウィザード #34

 ううん。提供はキョウリュウジャーなんだけど、まるでウィザードみたいな話運びだったな。という放送事故ネタ。あれは吹いたわw

 それはさておき、グレムリンさんが怒涛の勢いで死亡フラグを立てまくる話。彼が語った自分の正体に関しては、いかんせんトリックスターキャラなのでどうとでもできるとは思うんだけど、個人的には本当なんじゃねーかなーと思う。

 ただ、本当は本当でも「嘘は言ってないだけで全部語ってるわけではない」とそういうパターンの気がしますね。境遇に関しては今までの複線もあるし本当。でも、昔の客をどっかに誘導したりしてることから目的は単純なファントム打倒にない、と。

 賢者の石とやらが優秀な魔法使いを集めて誕生させるハガレン方式の代物だった場合、それを促進させて賢者の石を誕生→かすめ取ってそのパワーで自分を人間に戻すとかが目的なんでしょうか。誘導した昔の客はゲートだったりとか。

 しかし、その場合グレムリンさんは元から素であの性格だったのか。すげえうざいなw

 今週、地味に感心したポイントとしてはウィザード&ビーストがちゃんと基本フォームを駆使して戦っていたこと。今までみたいに雑魚怪人が妙に強かったりとかではなく、太陽拳などの小技で戦闘力差を埋めていたのも丁寧だったと思う。

 強化フォームを使うなら使うで敵もそれにふさわしい強さが欲しいからね。そう考えると、去年の量産型ホロスコープスなんかはちゃんと考えられていたんだなあ。


 キョウリュウジャー #12

 仲間になるべきキャラが順当に仲間となっただけなんだけど、このカタルシスよ。しかも、クライマックスでそうなるのではなくAパートだけでそうなってるっていうね。

 そうなってるのも、全てはウッチーが良い人故に葛藤してることを丁寧に描いてたのが大きいんでしょうね。過去回想シーンでタンゴセックをちゃっかり出してたのも憎い複線張り。

 だからといってすんなり仲間となったわけではなく、アミィさんという緩衝材を入れることで「皆イイ人だけどすぐさま仲間入りするわけではなくかといって誰の好感度も下がらない」という状況を仕立ててるのが凄まじいです。まさに匠の技よ。
 また、そうすることによってウッチーのみならずアミィさんもどんどこキャラが掘り下げられて色んな意味で引き返しのつかないところまで到達していっている。ヒロインとは……紅一点とは果たして……うごごごごご。

 また、そうやってテンポ良く話を動かした甲斐もあって、アクションシーンへ気前よく尺を回せてるのも嬉しいです。普段なら生身アクションやってる暇あったらさっさと変身しろよ特撮だぞと思いがちな僕だけど、キョウリュウの生身アクションは本当レベルが違うからね。今週はウッチーとキングが剣を使っての殺陣を披露したわけだけど、本当何者なんだよあんたらとw むっちゃくちゃ堂に入ってたよね。
 そりゃ、このレベルで動ける五人に同レベルで動ける追加メンバー入ったらつい生身アクション増大させちゃうよな。仕方ない。

 ところで、ライデンキョウリュウジンは全員合体と思わせてさっそく余りパーツが二つ出ちゃってるんだけど、今作はてんこ盛り合体ないのかな? 取ってあるだけかな?


 ドキドキ!プリキュア #14

 六花ちゃん回に見せかけて色々とおかしい濃厚なボーグ回。どういう……ことだ……?

 競技カルタという一ミリも医療の道とこじつける気の無い題材選択といい、要所要所で発揮されてるカオスっぷりが半端ねえなおいw
 普通の話運びだったら、六花が悩んでる→医者ではなく獣医の道に心惹かれて悩んでました、という具合に関連性のあるものを繋げていくものなんだけどね。聖闘士がロックンローラーを目指すくらい意味が分からんぞw

 また、これはΩにもいえることだけどこれほど凄まじい題材の八艘飛びっぷりを見せておいて、内容そのものは「かつて誓った夢と今好きなものとの葛藤」「やりたい事とやるべき事での葛藤」という具合に極めて正当なものであるのがw

 それはさておき、グレたイメージ図の六花ちゃんかわいい。「よろしく」が平仮名……イエスだね!


 ヴァンガード #121

 販促とキャラの掘り下げ両方を丁寧にやってのけた、ヴァンガード全体を通しても屈指の名エピソードだったんじゃないでしょうか。

 特に熱かったのは、やはりティラノレジェンドLBにおける二枚貫通のシーンですね。やっぱヴァンガードファイトにおける華はトリガーを巡る攻防であるよな。まあ、なんか古代竜じゃないのを退却させてた気がするのは残念ポイントだけど。

 あのシーン、ガンスさんではなくRの騎士王(22kライン)をトリガー乗ったRに殴らせればもうちょっと生き延びられた気がするけど、アイチきゅんの攻撃しのぐのに手札使ってもうLBできる目がなくなっちゃうし、僕でもV殴るかなあ。
 多分、騎士王殴ってればぎりぎりLBを次ターンで使える手札が残るけど、アイチきゅん3点だから☆引かないとやっぱり返しで死ぬ……のか。頭がこんがらがってきた。

[PR]
by ejison2005 | 2013-05-07 20:45 | ジャンプ感想