2013年 春アニメ ファーストインプレッション ②
 出揃ったねー。

 ロボ枠が多い今期ですが、それぞれがそれぞれの方向性できちんと個性を発揮しているのが面白いです。キャラ性特化のマジェプリ、人間同士の戦争&陰謀のヴァルヴレ、這い寄る虚淵ガルガンティアという感じ。おい一個おかしいのがあるぞ。


 革命機ヴァルヴレイヴ

 というわけで上にも触れた通り、今期ロボ枠では唯一、明確に対人戦争を打ち出してきてるロボアニメ。おおよそロボアニメというか初代ガンダムを踏襲した流れになっているわけなんですけど、両想いっぽいヒロインの子を死んだっぽく退場させたり、アスラ……じゃなかった美少年達がノコノコ潜入してきたり、ロボの隠し場所が学校だったり、なんか主人公がファクターになっちゃったりと、多分に現代的エッセンスを盛り込んでる感じ。
 でも、大元にあるのは前述の通り皆大好きファーストガンダムなので、その点では安心して見ていけるんじゃないかと思う。

 ただ、いかんせん骨子に採用してるのが傑作中の傑作であるわけであり、どうしても比べて粗というか拙くなってる部分を見つけてしまうのが難点かな。具体的にいうと、ロボットを発見するまではともかく発見してからのシーケンスが雑に過ぎるでしょうと。

 アムロ=レイ少年があの状況で「こいつ……動くぞ……」をやったのは、手近な避難できる場所が存在せず、敵がすぐ近くにいて、フラウ=ボウもいるから自分一人やけっぱちになるわけもいかず、本人がメカへの適性を持っていてかつ親父が開発者でと、色んな角度からガンダムに乗るしかない状況を作られているわけだからでして、こちらの主人公にはそこまでしてロボに乗る理由が見いだせなかった。

 そうなると、ヒロイン殺された怒りとかそういうのを乗るまでにたっぷり描写する必要があるわけですが、シーン切り替わったらいきなり乗っちゃってるというw そうまでして乗り込ませたのに、「いやモニター見ろよ」とツッコミたくなるくらいモタモタした戦闘を見せちゃうのは上手くないなあ。


 とある科学の超電磁砲S

 前期はアニメオリジナルエピソードのズッコケ感とツッコミ所満載感が半端じゃなかったので、是非その印象を覆してほしいと思ってます。とりあえず、第一話はとても面白かった。相変わらず日本内部の都市とは思えない治安の悪さですが、そこら辺の責任は全て原作(禁書の方)が負ってるものですしおすし。

 ところで、原作(超電磁砲の方)における姉妹編は禁書姉妹編前に美琴が何をやっていたか? という部分は面白かったんだけど、禁書姉妹編と合流してからの部分が(当然っちゃ当然だけど)丸っきり焼き直しでそこがどうにも面白くないというか、筋書き知ってるものあらためて読まされてもなあ……と思ったんだよね。

 その辺、アニメだとどうするんだろう。また同じように映像化するのかな?


 変態王子と笑わない猫。

 | ', i l  /  l   イ,、-‐ーー‐--、::::,、-‐ー-、l !::i;::::::::::';::::::::::::::::::l l:::::::::` ‐、
 | ', l イ//  l/ r'/ /-''"´ ̄ ̄ヽ `,-''"´``‐、 ヽl';::::::::::';ヽ/:::::ノ ノ::::::::::::';::::\
 |  ',!     l/ /::::/::::::/::::::::::l l:l      lヽ、二ニニニニニニ、-'´:';:::::::::::::';:::::::
ヽ!          /、:/:::::;イ::_,、-'´ノ:l し u    l:!';:l ';::::/:l', ';::::::l';::::::';:::::::::::::';::::::
   ___l___   /、`二//-‐''"´::l|::l       l! ';!u ';/:::l ', ';::::::l ';:::::i::::::l:::::::';:::::
   ノ l Jヽ   レ/::/ /:イ:\/l:l l::l   u   !. l / ';:::l ', ';:::::l. ';::::l::::::l::::::::i::::
    ノヌ     レ  /:l l:::::lヽ|l l:l し      !/  ';:l,、-‐、::::l ';::::l:::::l:::::::::l:::
    / ヽ、_      /::l l:::::l  l\l      ヽ-'  / ';!-ー 、';::ト、';::::l:::::l:::::::::l::
   ム ヒ       /::::l/l::::lニ‐-、``        / /;;;;;;;;;;;;;ヽ!   i::::l::::l:::::::::::l:
   月 ヒ      /i::/  l::l;;;;;ヽ \             i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l::l::::l:::::::::::::
   ノ l ヽヽノ    /:::l/:l /;;l:!;;;;;;;;;',               ';;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    l:l:::l:::::::::::::
      ̄ ̄    /::::;ィ::l. l;;;;!;;;;;;;;;;;l            `‐--‐'´.....:::::::::!l:イ:::::::::::::
   __|_ ヽヽ   /イ//l::l ヽ、;;;;;;;ノ....      し   :::::::::::::::::::::ヽ /!リ l::::::::::::::
    | ー      /::::l';!::::::::::::::::::::  u               ', i ノ l:::::::::::::::
    | ヽー     /イ';::l          ’         し u.  i l  l:::::::::::::::
     |       /';:';:!,.イ   し    入               l l U l::::::::;':::::
     |      /,、-'´/ し      /  ヽ、   u    し ,' ,'  l::::/:;':::::::
     |        /l し     _,.ノ     `フ"       ,' ,'  ,ィ::/:;'::::::::
     |       /::::::ヽ       ヽ    /     し ,' ,' / l::/:;'::::::::::
     |      /::::::::::::`‐、 し      ',  /    u   ,、-'´  l,、-''"´ ̄
     |      ``‐-、._::::::::::` ‐ 、     ',/       , -'´`'´ ,-'´
     |      _,、-‐'"´';:::::::::イ:l';:::` ‐ 、._____,、-‐'"´  u /     し
   | | | |    \ l::/ l::::::/リ ';:::::lリ:::::l';:::l l:l:::::l\  u /
   | | | |      \/  l:::/ ノ  ';::/ ';::::l l::l リ l::l l::/ヽ /   し
   .・. ・ ・. ・     ヽ \ リ    レ  ヽ! り  レノ  `y

 また変態か! たまげたなあ!

 この作品の面白いところは、登場人物達が自分のラノベ的性格付けによる言動行動を明確に「日常生活を送る上での障害」と認識していて、そもそもそれを得たのが本意に基づくものではないという点ですね。

 普通の作品においては「そういう性格であることが許容される雰囲気の世界だから」で流すところに常識的ツッコミを入れつつお話を展開しているわけで、意外と本質的な部分では他のラノベ作品をパロディ化したような趣のある作品であるのかもしれない。

 まあ、そうは言いつつ陸上部部長先輩みたいな理由付けなきラノベキャラも普通に存在してるんだけどね。

[PR]
by ejison2005 | 2013-04-17 23:16 | アニメ