仮面ライダーカブト 第12話
「天道、ようやく分かった。俺とお前は、友達じゃない」

そういや、仮面ライダー THE FIRST のDVD が出ていたのを、すっかり忘れていました。
なんかなー、物凄い地雷臭が漂ってるんですよね。
邦画界は本当、優良コンテンツの使い捨てっぷりが半端じゃないですし。
娯楽作品だったら、変にシャチホコばらずに肩の力を抜いて作ればいいのにね。
それでは、今週もカブト感想と参りましょう。

・仮面ライダーヤンマドレイク マスクドフォーム
マスクドフォームというか、ドレイクは銃撃戦メインだから、キャストオフしても戦力そのものは大して変わらない気がする。
今週、クロックアップすらしてないしなあ。
カブトクナイガンでも、銃撃だけでワームを倒したことはないので、ドレイクの射撃能力の高さが良く分かりますね。
ですので、ZECTは一般兵にも支給してあげてください。
追記
改めて見てみたら、バッキュンバッキュン撃ちまくってたし、それほど強くないのかも知れない。このトンボーガンは。

・「やっぱり君は、ちょっとおかしい」
変人が変人を変人だと言い、言われた変人も変人に変人だと返す。
そんな風景。

・ドレイクゼクターの求める資質
今のところ、全くの謎。
多分、自由な気質に惹かれるんでしょうけど、それにしたって今の風間は戦う気ゼロですし、加賀美のようにZECT関係者でもない。
この調子だと、ワームそのものにも大した因縁はないんじゃないかな。
そんな事を考えながらトンボの生態を調べたら、この生き物の生殖は、昆虫界でもかなり特殊な部類に入る事が分かりました。
ドレイクゼクターの惹かれる資質は、「愛」とかかな?
どうも、ドレイクを語る上では風間本人よりも、ゴンの存在が重要になりそうですね。
いや、ロリコンとかそういう意味ではなく。女性に対する保護意識、という意味で。

・今日は雑炊
おお、雑炊ってこんなに色々と薬味のある食べ物だったのか!?
くそう、食べたいぞ。
ただの雑炊も、こんな風にすると凄いご馳走に見えますね。

・ゴンは記憶喪失らしい
ワーム絡みというのが、妥当な線か。
やっぱり、ゴンの方が重要そう。

・ドレイクはZECTの物
というか、ゼクターが飛び回って適格者を選び出すのはともかく、どうして変身するためのツールまで流出しちゃってるんだろう?
その辺、何か説明が欲しいところです。

・アルティメットメイクアップ再び
亜流手冥斗冥苦亜負(あるてめいとめいくあふ)
古代中国、隣国からの侵略に頭を悩ませた時の皇帝は、和平を結ぶべく色好きの高官に隣国の王女を口説き落とすよう命じた。
高官は星かに隣国に侵入し、水浴びの隙を突いて王女に口説き寄り、この亜流手冥斗冥苦亜負で見事に心を射止めたという。
また余談ではあるが、発動した際に手だけでなく顔まで分身している事から、
「こいつ、生身でクロックアップしてるんじゃねえの?」
などというツッコミが、そこかしこで行われている。
(民明書房刊 「闘うお化粧」より)


・今週は出番が多いよゴローちゃん
なんか薬を飲んじゃって、スーパー弁護士みたいに不知の病なのかと思っちゃいましたよ。
心臓に悪いなあ。

・凄いよ岬さん
この人の3枚目化が、物凄い速度で進行している気がする。
もう、初登場時のクールな雰囲気なんざ微塵も残ってないですね。
ZECTの人員ってこんなんばっか。

・レッツくじ引き勝負
何だこいつら。
しっかし、クジに当たらずに本気で悔しがる天道は可愛いなあ。

・いざ女子大へ
女子プロはともかく、何でレディースまで大学の部室を使ってるんだ(笑)。
あと、アルティメイトメイクアップはそろそろ人外の領域へ突入していると思います。
すでに念能力。
インスタントラヴァーより、使い勝手良さそうですよ。

・その頃、まだクジ引いてる奴ら
ここで加賀美が当たりを引いても、また天道がムキになるだけだと思うのですが。

f0029827_12245416.jpg

まぐろのマリネは、天道が美味しく頂きました。

・「「天の道を行き、総てを司る男」」
やばい、何か良く分からないけど無茶苦茶に笑いました。
そうか、天道は名物男だったのか。
確かに、女を口説く天道なんか見たくないですし、良い落とし所だと思います。

・友達じゃない人々
友ではなく、戦友でいたいとかそんな感じかな?
確かに、4話以降は加賀美のガツガツした所が無くなっていましたし(代わりに、仲間思いな一面は強化されていた)。
そういや、ワームに対する憎しみが戦う動機でしたよ。

ビーファイター仮面ライダードレイク ライダーフォーム
今回、別にクロックアップするわけでもないし、あまりキャストオフする意味はなかったような気がします。
個人的に、クロックアップ時に銃は撃てるのかどうかが気になっていたので、ちょっと残念ですね。
せめて、ライダーシューティングは使って欲しかったです。
まあ、玩具も売らなきゃいけないし、しょうがない場面なのでしょう。
次週以降の、本格的な活躍に期待。

・躊躇する風間
見た目で判断はするけど、女性を大切に思うのは本心らしい。
戦闘経験自体が少なそうですし、まだまだドレイク編は続きそう。
この銃を下げるシーン、先週の予告ではてっきり必殺技のタメかと思いました。

・今日は桜吹雪
おおう、芸コマ!!
カブトのCGは気合入ってるなあ、予算は大丈夫なんでしょうか?

・なんか殴りかかってきちゃったよ、この人
ぶっちゃけ、格闘戦でドレイクが勝ってる要素が見当たらないので、普通にあしらわれそう。
響鬼さんといい、カブトといい、ここ2年は1号が最強ですね。
ちょっと前までは、2号以降の方がスペックで勝っているのが定例でしたが。

というわけで次週。
なんか矢車さんに死臭が漂ってるんですけど。
途中で矢車さんが持ってたお酒を、カブトが持ってる辺りが特に。

[PR]
by ejison2005 | 2006-04-23 12:27 | Comments(1)
Commented by 黒川 at 2006-04-23 21:24 x
ドレイクは(ヒーローなのに)本当に性格でしかキャラが立ってません(^_^A
戦闘でも活躍して欲しいなぁ…
しかし、銃の戦闘だと「マガジンチェンジのタイミング」とか火薬でバンバンやってこそカタルシスが有るので、銃を使うライダーはそれだけでもう重荷を背負わされてますからなぁ…(--;
次回出番無いですし(--;
ちなみに矢車さんが持ってるのは輸入物のオリーブオイルです。彼ら料理人ですからw

そう言えば、「ラストで殴りかかる風間は正しい」と言う人と討論に発展し、「天道を正しいと認めてしまった時点で、怒りの矛先を自分やワームでなく、ワームを倒した天道に向ける事はタダの八つ当たりであり、男としてもヒーローとしてもダメだろ?(天道が間違っているというなら兎も角)」と言う私の意見に対し「お前は正しい…だが気に食わない!」で返され、「なるほど便利な言葉だw」と納得しました。
全ての争い事は、たいていそれで済んでしまう(^_^A