仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム 感想
 書くよー。ネタバレあり。





 まー、あれよな。みんなも思っただろうけど、とりあえずポワトリンのオチがひでえなんてレベルじゃねえw 希望をもたらすライダーに何たる絶望エンドw
 ポワトリンとの思い出の結晶であるスペシャルラッシュはどれだけ性能が良かろうがこりゃ晴人の中で永久封印確定だじぇ。

 と、そういえば地味に店長がウィザードの正体知ったわけでもあるんですよね。なんかもう、だからどうしたというか勝手にしろって感じだけどw

 以下、パート毎に感想を。


 フォーゼ編

 フォーゼ編は秀逸な本編後日談であり、ニューヒーローイナズマン誕生編(ゲスト出演:仮面ライダーフォーゼ)であったと思う。本当もう、こっからイナズマンでスピンオフ作っていけるくらいのノリ。
 というか、ぶっちゃけるとその可能性を残すためのフォーゼドライバー破棄だよなw 実際にイナズマンで続編作ってと言われた場合、ガチ客演ヒーローが主要人物に混じってしまうわけでして。
 その可能性を潰しつつ、今後フォーゼの登場を無理ないものにするという意味で、時間トリックは商業的に重要な意味合いを持つんじゃないかなあ。

 人物描写的には、過去の自分からフォーゼドライバーを受け取る時なんか顕著なんだけど、弦ちゃんちょっと落ち着いた感じがしたのは成長を感じさせてグッドですね。振り返ってみると、本編でやってたようなオーバーリアクションを教師如月弦太郎は行っていないわけで、これは意識して脚本を書き、演じたのだと思う。

 しかし、精神的に落ち着いた代わりに、謎のヤマカシ・アーツを習得していたというw あれ、どこまでが役者さんの演技なのかは分からんけど、パッと見た感じじゃ結構な部分を担当してそうでしたよね。あんなに動ける人だったのか。

 しかし、これはこの映画全体の問題でもあるんだけど、そんな風に変身前アクションをやたら頑張ってた割に、ラストのイナズマンがワイヤー使いすぎで見た目的にもテンポ的にもちょっとフワフワしたものになってしまったのは残念なところ。
 これは彼が蝶へ開花したのだという比喩表現の強調であることは分かるし、その狙いは間違っちゃいないのですが、やっぱり特撮映画見にいったのだから地に足のついた殺陣ももっと欲しかったよね、と思う。

 俺の噛ませが嵐を呼んじゃってる流星さんについてはノーコメントとしといてあげます。犠牲になったのだ……。


 ウィザード編

 えー、こんなの見たくねーよと思ってたポワトリンに関しては予想を遥かに上回るアンスコ大奮発サービスでフェティシズムに溢れた大変満足のいくしろものだったのですが、家族連れを想定すべき映画であることを分かってんのかという疑問もまた存在するのであった。

 内容の方は、精神世界という舞台を利用したループものだったわけですが、映画全体を見終えて考えてみると、ウィザード・フォーゼ共にループトリックを利用した話作りを行い、作品全体に統一性を持たせていたわけでありますなあ。

 アクションに関しては、こちらもポワトリン含め生身アクションてんこ盛りだったわけだけど、凛子ちゃんがまともに仕事してるところ初めて見た気がするのはきっと俺だけじゃないと信じたい。凛子ちゃんというか、初回でクソの役にも立たなかったはずの拳銃が本気出してただけという意見は見て見ぬふりをしよう。


 ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

 駆けつけた先輩ライダー達がイメージ体であることは、オーズがメダル紛失したはずのブラカワニコンボを使用していることからも明らかなわけですが、だからといって照井の扱いがひでえなんてレベルじゃなくてワロタw バイク代わりにさせられるわ、誤射上等でWに敵ごと撃たれるわ、挙句の果てにはどう考えてもブースターの方が向いてる状況でトライアルしてダバダバキックしているわ……w

 しかし、そんな彼に輪をかけてアレな扱いなのはアクマイザー3でしたね。いや、印象的な悪役ではあったんだけど、別に彼らである必要全くなしという。ポワトリンやイナズマンは扱い良かったのになあ。
 キョーダインに関してもそうなんですけど、過去ヒーローの純粋な悪役起用ってどういう意図で行ってるんでしょうね。傍から見て、貴重なキャラクター資源をドブに投げ捨てるかの如き行為なわけですが。

 で、本編の見所はクライマックスのCG戦闘であるわけですが、これは流石に数こなしただけあってこなれてきたなあ、と。
 去年も書いた通り、どうもCG戦闘は空中戦と相性が良いわけですが、今回は装置がマグマに突っ込んだらオジャンというチェイス要素に加え、スキーアクションを加えることで疾走感を増しつつ、ジャンプ台となりうる各種地形効果で空間要素を付与したという形ですね。
 去年の宇宙空間に比べると、やはり扱える空間の大きさに限りがあるわけですが、そこを見事にカバーするアイデアであったと思います。

 ところで、あの写真ってオリジナルはどっからやってきたのだろうか? 撮影時期はこの映画の後なわけで、普通に考えると絶対過去の弦ちゃんには渡らないはずなんだよな。そこの詰めの甘さが、時間トリックとして見ると点睛を欠いていてちょっと残念です。


 そんなわけでまとめると、ちょっとケチがついた部分はあるけどタイムリープをテーマに作品全体をまとめ上げつつ、イナズマン誕生物語と教師如月弦太郎成長物語を両立させーの、爆笑のオチでウィザード編を〆ーの、生身アクションとCGアクションてんこ盛りーのと、なかなか欲張りで満腹感の高い映画であったと思います。楽しかった!

[PR]
by ejison2005 | 2012-12-29 23:27 | アニメ