ヱヴァQ 感想
 忘れないうちに感想書くよー。ネタバレあり。





 んで、最初に結論を書いてしまうと正直満足度はかなり低かった。

 以下は簡潔に済ますため、ちょっと箇条書き風味で。


 戦闘があまり面白くなかった

 最大の原因。

 序盤の宇宙戦闘なんか、シチュエーションは結構面白いと思うんですけど、いかんせん画面が暗いw いかな劇場の大画面といえど限度というものはあるわけで、途中絵的に何をやってるんだかよくわからないシーンが出てきてしまったりしたのはロボットアニメとして明確にマイナスポイントであったと思う。しかも、今回エヴァの活躍は序盤のそれと、やっぱり画面が暗い後半の突入シーンに集約されているという。

 唯一分かりやすかったのはビーストモードでの戦闘ですかね。画面明るかったし。

 また、戦闘シーンの見所としては空中戦艦型ガンメンのそれも挙げられるわけなんだけど、正直、大して稼働するわけでもないCG戦艦の旋回だの何だの見せられてもあんまり嬉しくなかったなあ。


 物語の連続性が途絶えた

 序、破、と両作のラストシーンを見れば分かる通りヱヴァシリーズは基本的にシンジ君とレイの物語として展開されてきたわけですが、今回はその連続性が途絶えてしまっていて、それがどうにも居心地悪い空気にしてしまっていると思うのですよ。

 居心地悪いというか、シリーズとしての芯にあたる部分が断線してしまっているわけですからね。見ているこちらとしちゃ興味を持って追っていたメインファクターであるというのに、いきなりそれを取り上げられちゃ心証も悪いというもの。
 シンジ君はホモホモしい触れ合いをしてる暇があったらもっとレイ2号と仲良くしようと努力すべきであった(そして製作側もそれに相応しいお膳立てをすべきであった)。せっかくレイシリーズに関する秘密とかも明らかになったわけであるし。

 あと、その代わりに挿入されてるホモホモイベントに関しちゃ僕ノンケなので^^;


 クエスチョンマークの嵐

 三つ目として、うんまあ言わずもがなだけど説明不足にも程があるわなw

 「登場人物たちは知ってるけど観客は知らない情報」が多すぎる上に、それを一切説明することもなくお話を進行させてしまうものだから「知らない世界の知らない人達がよく分からない理由でよく分からないことをやってる物語」以上の何物にもなっていないのですよ。

 また、シンジ君が探偵役としてあまりに無能なのもそれに拍車をかけてますね。欲しい情報が手に入らないのはまあ、状況的に情状酌量の余地があるとしても、ほいほいおホモ達の言葉に乗せられる姿には「もう少し判断能力はないのか?」と思わせられてしまった。

 ミサトさん達が話さなかったのはまあ、シンジ君に重荷を背負わせないためだと解釈。元NERV組がやたら態度悪いのに関しては、破のあの状況じゃシンジ君他にどうしようもないんだしフォローしたれよという気はするけど元NERV組以外へのパフォーマンスだと考えようか。


 まとめ

 そんなわけでまあ、一発ネタ的なインパクトはあったけどそのために色んなものを犠牲にしすぎた作品だったと思います。最終作でちゃんとまとまるのかなあ……?

[PR]
by ejison2005 | 2012-12-13 14:10 | アニメ