週刊少年ジャンプ 13年 02号 感想
f0029827_2255926.jpg

 発売したしとりあえず1パック買ってみたぜ! ドロー!

 士官候補生 アストレア
 バーコード・ゼブラ
 忍獣ナイトパンサー
 フィーバーセラピー・ナース
 忍妖 オボロカート

 ……うん、なんのネタにもならんくらい普通。どれも重要なパーツではあるか。


 ワンピース

 ううん、これじゃいくらなんでもシーザーさんバカすぎるよなあ。大量にマルタが手に入る環境を構築しているとはいえ、これだけの人数にそっぽ向かれたら大変だろうに。

 そもそも、シーザーさんガス吸収しちゃってるからね。これだったら「心配するな! 俺はガス人間! 全て吸収して力に変えるだけだ! だが可愛いお前たちは危ないから逃げろ!」とかなんとか言えば済む話です。モニター室の部下さん達も滑って転んで指が当たってスイッチ押した並の強引な展開だぜ。

 こうなった理由としては、ここら辺でシーザーさんの本性明かさないとルフィがぶっ飛ばした後も部下の皆さんは騙されたままだから、というのが挙げられるでしょうが、何とも尾田先生の都合優先な展開だなあ。

 もう少しこう、ローさんのぶった斬りによって破壊された施設の再建にどれだけの手間と予算がかかるかとか、それによって納期を遅れさせることで自分がどれだけやばい立場に立たされるかとか、そこら辺のシーザーさんが精神的に追い詰められてく過程をちょこっとでも入れとくと印象も変わったかもね。

 ヴェルゴさんはそういやローの能力的にご存命なのでした。これ、ちゃんと死ぬかなあ。こういう風にきちんとトドメを刺さずに立ち去るのって生存フラグ以外の何物にも思えないんだけど、この人の物語的な役目はすでに終わった気がしてならん。まだまだドフラミンゴさんには部下いっぱいいるし。
 そんなわけで物語のテンポ的にもくたばって頂きたいのだけど、尾田先生だから生かしちゃいそうな気がするんだよね。何という負の信頼感。


 暗殺教室

 うーん、相変わらず理事長先生はファンタジー世界を生きてるぜ。前にも書いたけど、理事長先生の言動行動とその施策は荒唐無稽すぎてリアリティの欠片もなく、リアリティを持たせようという努力も今のところないんだよな。
 そこら辺の線引きは人によってもまた変わってくるところなんだけど、僕の場合は今回みたくあからさまな侮辱的発言や暴力行為などのネット炎上マスコミへの話題提供上等な描写がどうにも引っかかって仕方がない。
 逆にいうなら、学力で待遇を分ける制度ってのは特に引っかかりを感じないんだよな。こちらも冷静に考えりゃ、学力で劣るからこそ同じ環境でしっかり指導するべきであるし同じ学費を納めてるE組保護者も黙ってはいないだろうという感じなんだけど。そもそも、学校というのは学力で順位付けする機関でもあるからだろうか。

 あとはまあ、理事長先生に対するもやもやはいまだにギャフンと言わせてないからというのが何より大きな要因だと思う。これだけ叩きどころとツッコミどころ満載で、さあこい俺はノーガードだぞおっ! と言わんばかりの人物なのにね。
 どう考えても後から何らかの重要な役割を果たすので温存してるんだろうけど、今のところ理事長先生は読者にストレスを与えるだけの存在にしかなってないから徹底的に叩きのめすとまではいかずとも、小ギャフンと言わせるくらいの発散はして欲しいところかな。

 一方、本編の方はソッコー報復に行くようで何よりかによりといったところか。殺せんせーは財布の紐を握ってない相手に対しちゃとことん強気だぜい。自己正当化&逆ギレのシーンとそれを解説するシーンに関しちゃ、実際そういう人は山ほどいるだけにいややめよう耳が痛くなってきた。


 トリコ

 それぞれのフルコースで実力を示すのはなるほど久しぶりな演出だが分かりやすくて上手い! ……と一瞬思ったんだけど、よく考えたらトリコ世界はレベル=味じゃないので目安になってるようなそーでもないような気がするぜ。そもそも、小松自身フルコースのデザートは捕獲レベル12(天然の場合)である虹の実を使った何かになる予定であるし。

 本編では、ジョースター卿みたくなって語りかけたりボーイズラブジャケットなんてド直球ネーミングな技を使ったりとなかなかゼブラさんが可愛かったです。頼まれてもないのに支援とかあんたどれだけ小松のこと好きなんだよ。

 しかし、1500メートルの遠泳とか地味にリアルできつい数字だな。プールと違って海は波があることも加味すると、実際にはプールで泳ぐ五割増しくらいのきつさでしょうか。学生時代ならともかく、今僕がやるとこれだけで力尽きかねん数字だ。というか、こないだ区営体育館でたまには泳ぐか! と挑んだら実際力尽きたくらいの数字だ。日頃からハントに同行してる小松なら、順位はともかくまあ達成できるんじゃね? くらいのなかなか説得力がある数字。


 ブリーチ

 久保先生ギャグエピソードは相変わらず高クオリティだなあw 済まぬさんからの畳みかけるようなネタの数々が最高に面白かったです。
 まあ、カラブリもこれも普段のオサレエピソードから落差をつけてるからこその面白さという趣はあるのですが、これだけセンスがあるんだから純正ギャグ漫画でも相当なレベルのものを作ってくれそうではあるんだよな。一度、特別読み切りか何かでいいから描いてくれないものだろうか。いつぞやの既存漫画家連続読み切り企画みたいな感じで。

 最後の霊王様は、いつぞやの見開き銀城さん事件みたく単行本ではえらいことになるのではなかろうか……。


 キルコさん

 はあ……調子にのってるキリコさん可愛い……。台詞には出してないけど前回今回と女子力10倍シリーズの食品を口にしてるのも可愛い。

 ジョースター卿の教えを忠実に守った新キャラの二人組は、期待通りヘイトを溜めない人物でナイスな感じ。犯罪者でなく警察側のライバルキャラだったのは意外だけど、知秋さん可愛いしこれはこれで。とにもかくにも、普通にイイ人達だってのが大きいよな。かつ、今後の話作りにも大きく貢献するであろうライバルポジションだし。実に上手い。


 ハンター クラピカ追憶編・後

 今はレコードのA面B面に例えてもピンとこないですかね。実はこの読切B面もあるのですが… <義博>

 とのことで、読み終わってもキレやすいクラピカの性格は改善されてない(本編ではある程度改善されてたので何かのイベントが欲しい)し、結局どの経路から情報流出したのかは明かされてない(シーラさんか今回の村でのイベントか)し、これだと本当に「~ということがあったのさ」くらいでしかねーなーでも企画が企画だしいくら富樫先生でもこんなもんかなーと思ってたんだけど、そういうことならおそらくB面の内容も盛り込まれてるであろう映画本編に期待せざるを得ないな!

 やっぱり、特に気になるのは手口の残虐さだよなあ。初登場当時ならまだしも、今のなんやかんやで人情味溢れる幻影旅団が最上の状態に仕上げるためとはいえここまですると思えない。殺す時には殺すし、フェイタン辺りはノリノリで拷問とかもするけど、マチとかノブナガとかはこういうことするかなあと。
 その辺、映画版暫定ラスボスキャラであるオモカゲさんも含めて色々とエピソードがあるんですかね。


 ソーマ

ひぎっ!.   \  ビクビクッ            /媚  潜入捜査
    はぁはぁ \       ビクッ!      /  薬
くやしいっ…!!   \   ぶるぶるっ   ./
               \         /電撃
ん  あああああっ!!!   \∧∧∧∧/      抵抗できない・・・!
ん              <    ク >   痴
ん  こんな奴に・・・    < 予 リ >   漢
んんん―――!!      <    ム >        撮影
──────────< .感 ゾ >──────────
     完全攻略     <   ン >             ド
ダ               <  !!! の > もみもみ       ク
ン    総        /∨∨∨∨\             ン
シ    集       / FIGHT    \ グチュッグチュッ    ド
ン    編      /ハ       pure   \          ク
グ           /  |  極            \ レ       ン
クイーン   /    ド      堕       \ロレロ

 まんまクリムゾンでクソワロタwww

 この漫画に期待されているものをしっかり満たしているし、料理もちゃんと美味しそうだし、ラストの展開も意外性があってかつ心情的に納得できるものだしで、高水準にまとまっているエピソードでしたね。

 やっぱアレだな。いくらテクニックに優れているからといって自分勝手なプレイで喘がせまくっていては拒否されるようにおっと冒険の書はよいこのみんなにみてもらうためのぶろぐです。

 コメント欄でも望まれてたし、僕もそうなってほしいと思ってたお坊ちゃんレギュラー入りは本当にそうなりそうで何より。ハンター二次試験みたいな感じでおそらく再試験だろうから、そこでソーマと友情を育んだりしてほしいな。


 ハイキュー

 一緒になってノヤっさんかっけーすげーとなってる伊達工業の皆さんがとても微笑ましかったです。良かった。あの指差しからヘイト溜めるキャラである可能性も微粒子レベルで存在するかと思ってたけど、彼らも安心のハイキューキャラであったよ。

 で、そのノヤっさんはリベロとしての実力も作中トップクラス、精神面でもご覧の通りと本当にスーパーキャラですね。にも関わらずご都合色を感じないのは、攻撃に直接関われるわけでなく、一人優れているだけでは限界があるリベロというポジションの性質にもよるのでしょうか。
 というか、一人のスーパープレーでどうにかなるような描き方をしてないのが上手いんだろうな。そもそもが、主人公である日向君の時点でチームワーク前提の能力だし。そのような描き方であるからこそ、個人個人が超人であるにも関わらずリアルな競技を描いてるなあと感じさせてくれてるんだと思う。


 銀魂

 これは秀逸な展開……!

 最近、空知先生はシリアスエピソードの中でもギャグとの配分を考えてるようなところがあるんだけど、今回はそれが見事にハマッた回であったと思います。完璧なバランス配分だ。

 この展開によって、シリアスへ傾きつつあった雰囲気も元の尻ASS路線へと軌道修正され、沖田さんの強さも強調され、何年ぶりなのか分からない隊士VS銀さんシリーズも無事更新されるという。一石三鳥の一手だ。


 伊達先パイ

 愛さんボケネタの数々が素晴らしかったです……。

 そして、愛さんがボケる時は伊達先パイが比較的まともになる法則。珍しくツッコミをこなしたり片倉君に助言したり。


 スーパーヒーロータイム

 ウィザード #14

 特撮お約束な「怪人はイイ奴でした」系のエピソードかと思いきや、普通にゲスだったでござるの巻。まあ、ゲートがファントムの素体と知り合いだったということでこれまでのエピソードと差別化を……いやあの、凛子ちゃんもそういう経緯だったんじゃ……?

 まあ、あっちはお話に起伏を持たせるためのギミック的な扱いで心情的な面にはあまり触れなかった(そして凛子ちゃんはあんまり気にしてないのであった)から、ネタは同じでもアプローチの違いでテイストを変えるってことですかね。似たような材料でも味わいはまるで違う肉じゃがとカレーの関係というか。

 まあ、それより何より晴人絶望しろ。子供向け番組でイチャイチャしくさりやがってよぉー! メドゥーサさんもなまっちょろい作戦練ってないでフェニックスさんと一緒に戦力の一極集中で一気に潰すんだ!

 複線的なところでは、ワイズマンさん=白ウィザードなんですかね? 双子座のサガみたいなアレコレで。それかワイズマンさんマックにでも行ってたか。
 パワーソースである宝石が敵の排泄物生み出したものだったってのは、いかにも仮面ライダー的である。


 ゴーバスターズ #42

 エンターさん、エスケイプさん、メサイアさんとそれぞれ張り切ってるところ申し訳ないんですが、来週はクリスマス回だから死ぬよ? マジで。よりにもよって一年で一番ヤバイ時期に本気モード出さんでも……。

 エンターさんも結構本気で戦ってパワードレッドと互角くらいの実力みたいですし、組織力的な意味でも実力的な意味でもメタ的な意味でも本当に追い込まれてるな、この敵組織は……。

 そんなわけで、お話としては販促のために下準備をしつつヨーコの個別エピソードとしてもきっちり成立させていて、プロプロしいお仕事だなあと思わされました。久しぶりにメガゾードへの寄生能力つかってみたりと小技も光る。そもそも、今回のお話自体「怪人=巨大怪人ではない」というゴーバス独自(でもないか)の設定を活かしてるもんな。


 スマイルプリキュア #42

 エンターさん達もそうですが、ジョーカーさんあんた一年で一番ヤバイ時期に出向かんでも……。ジョーカーさんの勝てるビジョンが全く思い浮かばんぜ……。

 本編ですが、悪く言いたいわけじゃないけどあかねちゃんに色々と食われてる感じのあったなおちゃんを完璧に差別化しきったというか、本来持っていたポテンシャルを引き出しきったエピソードだと思う。描写すべきはスポーツでも一直線なところでもなく、兄弟に対するお姉ちゃんぶりであったと。

 これは作劇的な都合というか、なおちゃんが兄弟達と接触してるシーン描くとどうしても他のメンバーが影薄くなっちゃうんですよね。だから、今やってる最終お当番回シリーズみたいな特別な状況じゃないとやりたくてもやれないという事情があったんだと思う。なおちゃんはちょっと番組の事情に振り回されたキャラであったのかもしれない。

 というわけで、なおちゃんの良いお姉ちゃんっぷりや若返りモード使用したマジョリーナさんとの因縁完全消化など、キュアマーチというキャラに関する全てが結実した良質エピソードでありました。これは他の子の個別回でもいえることだけどね。
 いや、まあ、肝心の主人公が自分の個別回でボケ通しだった気はするけど……w


 聖闘士星矢Ω #36

f0029827_22553297.jpg

 ふふ、彼のエピソードを通じてマルスさんが本来どのような人物であったのかなど重要情報も明かされたし、とりあえず忠義の士という美味しい立ち位置には矛盾も破たんもなく収まることができたし、やはり獅子座の扱いは別格だったな! ものすごい勢いで死亡フラグ立ってるけど、忠義を尽くして死ぬんだったらそれも美味しい。

 それにミケーネさんが通してくれたのは体育座の行動ありきなわけで、逆に体育座の翻心も彼あったればこそですからね。主要キャラの精神的成長にちゃんと関われたんだからイージャン(イージャン)。

・己の誇りと小宇宙をかけろ! チキチキ! 星座ヒエラルキーレース!

 勝ち組
 射手座 牡羊座 双子座 獅子座(New)

 負け組
 山羊座 天秤座(暫定) 牡牛座 蟹座

f0029827_22554770.jpg

 ふふ……しかもまだライトニングボルトもプラズマも使ってはいないぞ……この意味が分かるな……?

 乙女座はやっぱあれですかね? 強大で攻撃的な小宇宙の人とか来るんですかね?

[PR]
by ejison2005 | 2012-12-10 23:10 | ジャンプ感想