競技系作品におけるヘイトの有意性について考える
 現在放送中のガールズ&パンツァーと、先日そこそこ長い生涯を終えたチャンピオンのてんむすを読んでて思ったんだけど、両者とも敵校のキャラを立てるために何故か試合と関係ない場外乱闘でヘイト溜めてくるよなー。

 そんなわけで、ちょっと競技系作品においてヘイトはどのように扱うものなのかを考えてみる。


 そもそもヘイトを溜める目的とは?

 では、まず最初に「競技系作品」というくくりを外し、何故創作物において敵キャラクターへヘイトを溜めさせるのか考えてみましょう。

 ……とまあ、そんな大げさに解説するまでもなく目的は明らかだよな。「こいつはこんなに悪い奴なんですよ~」「遠慮なく殺っちゃっていいやつなんですよ~」と受け手に向かって喧伝し、心置きなくたわばっ! してもらうための手法。

 主人公の強さ凄さを見せるためには斬られ役が必要、かといってそこらの無辜の民相手に北斗百裂拳を叩き込むわけにもいかない……というわけで、斬られ役を斬られ役たらしめるための下ごしらえ、というのが基本的な考え方でしょう。

 代表例としてはそれこそモヒカンザコの皆さんが挙げられますね。彼らのアイデンティティーはひでぶっ! することにこそあるといって良い。雑魚ではなくボスキャラで挙げるならば、こないだの放送で降板してしまったディオ様なんかも、心置きなく泣くまでぶん殴ることの出来る名優であったといえるでしょう。


 ……で、この創作物において敵キャラにヘイトを溜めさせる目的ってのがそもそも競技系作品と致命的に噛み合ってないよなーと僕なんかは思ってしまうわけです。


 何故競技系作品とこの手法が噛み合わないか?

 以下、理由について述べる。


 競技で人を殺してはいけません

 最大の問題点。

 上記の通り、敵キャラにヘイトを溜めさせる理由ってのはそいつらがあべしっ! した時のカタルシスを発生させることにこそあります。

 で、普通に考えて部活動などの競技で人を殺しちゃいけないよね?

 斬られ役のヘイトってのは基本、斬られた瞬間にこそ禊がれる代物なわけで斬ることができない世界観を舞台にしてるのにそんなもん溜めちゃってどうすんの? という。

 そもそも、競技系作品においてヘイト溜めてくるような奴は競技内容と無関係なところでクズ人間だからこそそのような行為に及んでいるわけで、そういった手合いを競技で負かしたところで精神性が改善されるわけでもなんでもないのです。


 動機を作るまでもなく戦います

 敵キャラにヘイトを溜めさせる理由のもうひとつとしては、主人公がそいつらと戦う理由付けというのがありますね。斬られ役を斬られ役たらしめるための下ごしらえです。

 で、多くの競技系作品においてはトーナメント方式などを採用しているため、そういった動機とは無関係にぶつかります。放っておいても。

 なのに、へいとなんかためちゃって、どうすんの?


 ジャッジー!

 さて、単に「すごく強い競技者」であるならばそれは尊敬の対象であり、別にヘイトの溜まる敵キャラではありません。ヘイトの溜まるキャラというのは要するにゲロ以下のにおいがプンプンするような奴を指すのです。

 したがって、競技系作品において敵キャラがヘイトを高める手法としては、トゥーシューズに画びょうを入れる、試合中に意図して反則行為を働く、試合中に大声で主人公側を煽りまくる、試合外で殴る蹴るなどの暴行に及んでくる、などの卑劣な行為にほぼ限定されると考えて良いでしょう。

 ジャッジキル対象です。場合によっては犯罪です。皆さんは真似しないよう注意してください。

 そのように常識的に考えて看過されるはずのない行為となりうるため、作品そのもののリアリティーを著しく損ねることも忘れてはいけないでしょう。


 結論

 以上。本来この手法を用いる目的となっている二つの部分で競技系作品はその性質上、かちあいを起こしてしまっており、おまけに作品そのもののリアリティーを損ねる副次効果まで期待できてしまいます。やはり、相性はよくないと考えるべきでしょう。


 ではどういった時にこの手法を用いるべきか

 とはいえ、何事においても例外は付き物です。ここでは、どのような場合競技系作品でこの手法を用いるべきなのか、事例を元に考えてみましょう。


 競技そのものが物理的戦闘と同じ意味合いを持つ世界観の場合

 例:「おい、決闘しろよ」

 このような作品の場合は、要するに形を変えた能力者バトルを行っているだけなわけでヘイトを溜めることに何の問題も存在しません。思う存分溜めてあげましょう。そして勝ったらマインドクラッシュしてあげましょう。

 稀に競技そのものはそういった意味合いを持っていないのにボーグ魔法で競技に勝つと同時に物理的制裁も与える某リュウセイさんが存在しますが、あれは例外なので気にしないでください。

 その他の事例ではミスター味っ子なんかも挙げられますね。要はデュエル脳ならOKなのです。


 実は悲しい過去があったりする場合

 例:トムノカチデース

 急にイイ奴になるアレです。というか武論尊キャラ全般です。なんとなく許され罪を禊いだ感じになるキャラクターです。この場合は改心も望めますし。

 が、事例としてまた遊戯王キャラが挙げられてしまっていることから分かる通り、常識的な世界観でこれをやるとリアリティを著しく損なってしまう事でしょう。デュエル脳バンザイ!


 もう許してやれよ

 例:クスリ君

 PSYクオリアでの予言という体で極めて普通のファイトを展開し、どう考えても防がれる場面でドヤ顔三度目だ宣言をかました挙句、UBお披露目の生贄となった彼の事例から明らかなように、こういった場合は擁護しようがないくらいけっちょんけっちょんにボコるのがコツです。中途半端に接戦だったり同順位だったりしないようにしましょう。

 また、クスリ君のように何カ月も間を置かず早い段階でボコってしまうと尚良いでしょう。

 ここまで全部ホビーアニメ。


 かまうこたねえ鉄拳制裁だ!

 例:灰崎君

 キセキ()。

 試合では負け場外では青峰君の制裁を受け、食義でも極めてんのかと思わされる程に無駄の無い美しいかませっぷりであったことよ。

 ここにきてバヌケ。


 結論

 事例がホビーアニメとバヌケであることから分かる通り、一般的常識と良識と審判と警察が存在する世界観の場合、やはり競技系作品とヘイト稼ぎとは相容れぬものなんじゃないかな。

[PR]
by ejison2005 | 2012-12-05 21:52 | 漫画 | Comments(14)
Commented by 白桜 at 2012-12-05 22:24 x
>競技で人を殺せない
TCG勢「何時からそう錯覚していた?」
ジャッジ「すんません、最強デュエリストのデュエルは必然とかいってカード創造を公認しているチーターが居ますが、取り締まれません」
まあ、こいつらはエジソンさんも言ってますが別物過ぎますねw

後は、競技でヘイトと言えば地味に世界戦で多いですよね
無駄に「日本代表は雑魚」みたいな言動してくる奴ら&展開の多いこと、多いこと
ヴァンガだとAL4や皇帝たち全国レベルのライバル達が通用しまくりで拍子抜けしましたが
うん、確かに競技とは相性良くないですね。遊戯王みたいに突き抜けた作風にしないと
ただ、どうしても強い敵対関係もないのに面白い展開にするってのは難しいんでしょうね
そのせいで安易な方向に走ってしまう人が多いんだと思います
Commented by 無名 at 2012-12-05 22:34 x
ペガサス「手を銃にシマース、魂貰いマース」
キース「」
海馬「」
バクラ「目玉貰うわ」
ペガサス「」

デュエル脳怖い…スラダンとテニヌはどうなんですかね?乱闘と阿久津、木手とか。
Commented by ejison2005 at 2012-12-05 23:06
>>白桜さん
やっぱカードゲーム勢はクレイジーだぜ……(ゴクリ

>ヴァンガ
負けまくりなだけならともかく、煽りまくりというのがすげえヘイト溜まりましたよね。レオン君はなんやかんやでリスペクトしてくれてたけど、現在ご覧の有様ですし。
クスリ君の無様さにはだから、すげえスッキリした。もっと早くやってくれたらなおよかったけど。
Commented by ejison2005 at 2012-12-05 23:08
>>無名さん
スラダンってミッチー加入時のアレ? あれならやはり作中でもやばいことだからゴリが頑張って隠そうとかしてたし特に気にならなかったなあ。常識がしっかり作用してた。
試合前、花道がつっかかったりした時も周りが押さえてたしね。

>テニヌは……え? あれってそもそも命を奪いあう競技なんでしょ?
Commented by とうや at 2012-12-06 16:05 x
遊戯王はもうどうなろうとカードゲームではよくあることって感じだしなぁw
というかアレはカードという手段を使ったバトル漫画って感じw
バトル漫画の場合ならそれこそ悪をぶっ倒す正義みたいなのが重要になるけど
(昨今は敵にも正義があるが主流で割とこういうのが珍しくなってきたけど)
スポーツ漫画の場合はそういうのよりは、好敵手と書いて友と読む的な関係の方が見ていて清々しいなぁ。
要はバトル漫画とスポーツ漫画じゃ求めているベクトルが違う感じっすよね。
そもそもスポーツとーは、希望と光に満ち溢れたものでアーリ、苦痛と闇を与えるものではないノーネ。
スラムダンクの場合は豊玉位か?(流川潰し、ゴリが圧倒的とみるとラフプレーで潰しにかかる)
でもまあこれもあくまでルールの範囲内だったし、勝つのが目的になりすぎて
バスケって楽しいものなんだよーっていう前提を忘れちゃっていたっていうのがメインだったしな。
Commented by にくにく at 2012-12-06 21:16 x
その点、はじめの一歩の二人の世界王者が対照的でしたね。国辱物の暴言でヘイトの極限まで高めたホークと、求道者的優等生でヘイトのかけらもなかったイーグル。
どっちも名勝負だったと思いますが、試合後ホークは半ば廃人になったのに対し、イーグルは特に壊れてません。これが逆(ホークが無事でイーグル廃人)だったら、読後感は今ほど高くなかったでしょう。殺すのはバツが悪いけどどん底まで突き落としたい、という欲求を満たすにはスポーツでヘイト値高めてそのあと栄光もろとも奪い取る、というのがいいのかもしれません。
Commented by 通りすがった人 at 2012-12-06 21:29 x
ヘイトを貯めるのは、敵チームとの因縁付けには手っ取り早いってのがあるんじゃないかなあと。
最近のジャンプ漫画だとアイシルなんかが該当すると思いますが、
あれもリアル系というよりスーパー系だったからまだ良かったのかな。
あと打ち切られたライトウィングのラスボスのヘイトの稼ぎっぷりも酷かった気がします。
Commented by アール at 2012-12-07 06:52 x
たとえば勝利のためなら仲間の負担や気持ちを顧みないキャプテンみたいな、ジャッジ-されない範囲内で主人公側がちょっとイラついちゃう、読者もヘイトとまではいかなくともモヤッときちゃうような信念・主義の持ち主を対戦相手に据えるとそれはもうただの価値観の相違なわけで、それを競技で打ち負かして否定するとなるとふざけるなァ!的なことになりかねませんよね。
書いてて思い出しましたがアニメポケモンDPのライバルキャラがそんなスタンスのキャラで、サートシ君とは価値観の相違をテーマに3年くらいぶつかり合い続けてたなあ。アレも一種の競技系作品ですね。

遊戯王は…もうコレ原作終盤の記憶編が物語ってますが、この作品におけるカードゲームってぶっちゃけデュエルという名の儀式の下に行われる召喚バトルだから…
いや、だからといってこの作品のクレイジーさの説明にはなりませんけど。
Commented by ejison2005 at 2012-12-07 22:43
>>とうやさん
うん、スポーツであろうとその他競技であろうと清々しくあってほしいよなあ。

>バスケって楽しいものなんだよーっていう前提を忘れちゃっていたっていうのがメインだったしな。
そういや忘れてた。彼らはペガサスパターンですかね。案外どうにかなるもんかな。
Commented by ejison2005 at 2012-12-07 22:44
>>にくにくさん
元気に解説役をこなしてる彼は普通に問題なくイイ奴ですしね。
クスリ君の事例といい、完膚無きまでにボコればオールオッケイなのかな。
Commented by ejison2005 at 2012-12-07 22:47
>>通りすがった人さん
記事にも書いたけど、基本因縁つけるまでもなく対戦するからなあ。

でも、咲と照お姉ちゃんみたく、ヘイトを高めない形での因縁づけのやり方もあるか。まだまだこの記事は未完成だ。

>あと打ち切られたライトウィングのラスボスのヘイトの稼ぎっぷりも酷かった気がします。
おいあんたふざけたこと言ってんじゃ……!
Commented by ejison2005 at 2012-12-07 22:51
>>アールさん
価値観の相違とヘイト溜めはまた違うってことですね。あくまでもだれの目にも明らかな下種な行為に及ぶやつがヘイト溜めるやつってわけで。

>書いてて思い出しましたがアニメポケモンDPのライバルキャラがそんなスタンスのキャラで、
ガチ厨の人なんだっけ? 見てないから分からないんだけど、彼の場合はリアルポケモン世界の住人なわけで動物愛護とかも微妙に絡む気はする。
そして、彼に勝った後さらなる超ガチ厨と当たって負けたんだったっけ?w

Commented by U at 2012-12-10 08:57 x
ヘイト作るくらいなら当たり前に戦って勝つ人もいれば負ける人もいる
むしろ当たり前だが頑張っても負ける人の方が多いってことをしっかり突き詰めればいいと思うんだよなあ

これ咲とかだな
Commented by ejison2005 at 2012-12-10 23:17
>>Uさん
咲は何気にその辺気を使ってますよね。ネタとして戦犯呼ばわりとかはありますけど、本気で嫌われてるわけじゃないし。