週刊少年ジャンプ 12年 49号 感想
f0029827_0451135.jpg

f0029827_0451791.jpg


               __‐`'´''"'マ          ____\   ー‐┐    |一
                Z.    __`ゝ          \      ノ´   ⊂冖
 ∧      /|   ゙仆斗┘リート=┬-、_      \    ー‐┐   ,/
/   ∨\/   |    `L,.っ,ノ u }ノ ノ   \      ,>   ノ´   \
         |__    兀.!_// i |     l、     く.   ー‐┐ ー|ー
ー‐┐ ー|一ヽヽ /  u' \ヽ‐'´  !|     ト、     \   ,ノ´   ̄匚ノ
 ノ´   ノ こ  /_____,  }j  ハ、  ヽ ヽ,___/    /  ー‐┐  ┼‐ヽヽ
ー‐┐  ニ|ニ.     / ___ノ /\_,≧/ u 人.   /     ,ノ´   ノ こ
 ノ´   ⊂冖   く  {上rン´  ,厶../ / ヽヽ   \    ||  ニ|ニ
ー‐┐  |     /    ̄   ノ{こ, /,〃   !|    \   ・・   ⊂冖
 ノ´   l.__ノ   \     ,.イ !l`T´ | /     |:|     /       |
ー‐┐ ー‐;:‐    \   //    l  |     |_|   ∠.、       l.__ノ
 ノ´   (_,     /   ヒ_ー--、_|ー、____,ノj┘    /        ┼‐
ー‐┐   /     /     \ ̄\ー`トー-<    /          ノ こ
 ノ´   \     \      \  ヽ  \  ヽ    ̄ ̄|
 | |   」z.___    >       \. ヽ.  ヽ   l      |/l   /|  ∧  /\
 ・・   /| (_,  /           ) lヽ   ',  l、      |/   | /   V
       ┼‐   \       , イ、_,上ハ   }  小          |/
      ノ こ     \     (乙≧='''"´ ,∠,__ノ/
      ┼‐ヽ    /           厶乙iフ/
      ノ ⊂ト  く               `¨¨¨´
                \



 ニセコイ

 楽しい演劇でしたね……。

 ※ただし主人公周りの人々に限る。

 これ、特に台詞のなかったモブ生徒の皆さんは今どんな心境でいるんだろうね……。この人達、妙に大掛かりな背景セット作ったり衣装作ったり劇の準備したりと本当に頑張ったはずなんだけどね。見事にぶっ潰されたね。

 和菓子の人も先週、

「…このまま劇が中止になったら、みんなみんなあんなに頑張ってたのに…」
「…どうしよう。私のせいで中止になんてなったら、全部全部無駄になっちゃう…」

 こんな感じのことを言ってたんだけど、今はどういう心境なんだろうか。まあ、描写を見る限り(頑張って…二人とも…)までは舞台袖で応援に参加しておらず、そこから先は一切の台詞もモノローグも存在しないわけで、それが全てを物語っているといえるのかもしれない。


 トリコ

 宇宙旅行かあ……。
 そんなに大量の資材や食料をどうやって運びこむんだというのは(あんま実感ないけど超科学の世界観だし)さておき、凶悪な飛行モンスターがそこら中に生息しているトリコ世界でよく宇宙へ飛び出せたもんだぜ。たまたま、打ち上げに適していて飛行モンスターのいない地域が存在したのかな。
 お話にどう関わってくるかは特に情報もないので予想もしようがナイチンゲール。

 全体的に、クッキングフェスティバルへの伏線回といった感じだったんだけど、もうひとつ引っかかった点はネイルガンと釘パンチって要するに貫通攻撃と浸透攻撃の違いのはずなのに、衝撃が貫通するや否や超巨大岩が空気読んで爆砕したこと。
 貫通属性を備えつつ釘パンチの浸透能力も宿しているってことなのかもしれないけど、それはもはや爆砕点穴か何かなのではないだろうか……。


 ワンピース

 全体から漂うとてつもない久保帯人臭に一瞬、ワンピースではなくブリーチを読んでるのかと錯覚してしまったのは僕だけじゃないと信じたい。

 色々と原因はあるのだろうけど、やっぱり大きいのはその気になれば瞬殺可能だったゾロがオサレ待機を決め込んでたこと(これは出来ればやりたくなかったからだけど)と、ゾロが言ってる通りそのうち手を出してくるに決まってるのに敵がイイ気になって痛ぶっていたことかな。そもそも、峰打ちという選択肢だって存在するわけだし。


 暗殺教室

 ううむ、レッドアイさんの狙撃が察知されたのは何でなのだろうか。何らかの能力によるものだとしたら今後の不意打ちにも影響してくるわけで、そこはいずれ説明してほしいなーと思うし、レッドアイさんのけったいな格好でバレバレだっただけじゃねーの? とも思う。

 お話的には前回の時系列を補完しつつ、殺せんせー的な教育者としての狙いやレッドアイさんの精神的成長を描けていて安定の完成度だったと思う。レッドアイさん、たった一話でいいキャラになったなー。稼業を辞めたわけでもないし、また再登場してほしいぜ。

 あと、さりげなく挟まれたるろ剣前田敦子ネタにワロタ。


 べるぜバブ

 他は大体予定調和という感じの中で、神崎パー子ペアが予想外に面白くまたニヤニヤできたので満足度高いエピソードだったと思います。これはダークホースだったというか、この漫画のラブコメ描写でニヤニヤする日がこようとは……!

 割とサラッと流してるのが功を奏したのだと思う。今回は違うけど、同様の理由で古市ラミアペアも嫌いではない。


 ハイキュー

 選手には目の前の目標へ集中させつつ自身は先を見通すという監督の配慮が、なんとも高校生の部活動という感じで相変わらず好印象。部長は死ね。
 これまで賑やかし的ポジションだった山口君の積極的行動と合わせて、こちらは先々へ向けての伏線という感じなんだけど、それがいちいちさわやかで好印象を与えるものだってのがハイキューイズムでありますなあ。部長爆ぜろ。

 あとはそりゃ部員総員奮起するわなという感じの清水さんによる激励と、安定の田中さん、それぞれの決意で満足度は倍率ドン! てなもんでした。部長に滅びのバーストストリィィィィィィィィィィム!


 斉木楠雄

 こいつ世界改変しやがったなwwwww

 さすがの斉木君といえど、坊主となった上にこれだけの赤っ恥をかかされればあれだけ忌避していた改変能力へ手を出すこともいとわないのかー。
 一応、本人の言ってる通りショートエピソードで一話区切ったから再生されたという見方もあるんだけど、面白いので僕は世界改変として解釈していきたいぜ。

 まあ、実際のところは坊主だけでワンエピソード作るのがきつかったんだろうがな!!

 おかしのネタもあわせると、今回はワンエピソード分作るのがきついけどそれはそれとして披露はしたいネタを抱き合わせで放出したって感じですかね。麻生先生ってばすっかり小ずるくなって……!


 銀魂

 それって要するにレベルE(物理)になるってことじゃないですかー! やだー!

 今週単体でいくと、いつどのタイミングで誰が口火となってキレるかという空知先生と僕達とのチキチキチキンレースだったと思います。上手いタイミングで神楽に舌戦の矛先を向け、最終的に口火となりそうだった神楽のタゲをそらしたのが上手かった。

 あとジト目の神楽が可愛かった。


 リボーン

バイクのおっさん「が……ま……ん……」

 リボーンの去るってのは、拒否したらさらなる教育のために残って受け入れたら「俺の役目は終わった……」とか言ってチャオするコースですかね。はいかYESで答えてくださいともいう。


 メカペン先生変形ゼミ(読み切り)

 どうにか自分なりのギャグを開発しようとしてるのは分かるのですが、やはり基本に則ってワンボケワンツッコミくらいの比率で考えた方がいいと思うかな。ボケばっかりで締まりがなくなってしまっています。


 タカマガハラ(最終回)

 んー、色々と説明不足&本来はこういう展開にしたかったオーラの大放出になってしまうのはまあ仕方ないとして、主人公の能力特性について散々引っ張ってきたんだから、ちゃんとそれを説明する形で終わらせてほしかったなー。様々な形でのエネルギー付与能力ってことでいいのかね?

 で、全体的な感想としては先週も書いたとおり、バトルの内容は割と面白かったんですけどそれはあくまでもお話を盛り上げるための手段でしかないんですね。そしてこの漫画は、目的であるはずのお話があまりにも吸引性のないものだった。手段にばかり傾倒して目的を見失っていたわけです。

 尺の配分で考えると分かりやすいんだけど、(さすがにいちいちページ数を数える気にはなりませんが全体で見ると)明らかにバトル関係のページ数がストーリー進行のためのページ数を食ってしまっていますからね。特に序盤から何週にもまたがるバトルとかを入れちゃったのが不味かったと思う。

 やはり、漫画はストーリーの面白さで魅せてナンボなわけで、序盤の雑魚戦は読み合いなどを綺麗に抜き取ってもっとアッサリ目に終わらせ、独自の設定である高天原の設定を活かした小エピソードなどを多少盛り込んでいくなどした方が良かったんじゃないですかね。とあるレールガンなどはそれで成功してるわけだし。

 あとは……絵かな。


 スーパーヒーロータイム

 ゴーバスターズ #37

 親バカーズのギャグとか後がなくなっていくエスケイプさんとかにどうしても注目しそうになりますが、地味に上手いのがエスケイプさんの心情をヨーコに被らせ、ヨーコの精神的成長を促したこと。これによって、エスケイプさん軸とヨーコ軸でバラバラに進んでいた二つのエピソードが見事に合流した。

 しかし、今までカードメタロイドとメサイアの意識は基本的に同期してるものと僕は解釈してたんですが、今回女の子型カードメタロイドが登場したことでカードメタロイドの意識の中にメサイアの意識もあるってことがはっきり分かったよ。後半の新マンと郷秀樹の関係性だと思ってたけど、前半部のそれだったみたいな。

 映像的には、やはりエースのバイクアクションが楽しかったです。若干のチープさはあったけど、そうそう拝めるようなしろもんでもないし。
 というかあれ、最初はミニチュアか何かかと思ったけど見ている限りだとどうも実際のバイクを改造して作ったライオーにエースが搭乗してるみたいですね。来週といい今週といい、エースさんは他芸でおられるなあ。


 聖闘士星矢Ω #31

 おお、双子座も思いのほかキャラが立ってるじゃないの。

 歴代のように圧倒的戦闘力と黒幕力で話をけん引するような存在ではないものの、自身の特殊能力と黄金志望動機とを合わせ、独特の地位に辿り着いたんじゃないかと思う。昇龍覇も含めて、原典愛好者へのフェイントが効いたキャラですね。

 ちゃんと花をいたわる心も持ってるようだし、この番組は黄金聖闘士に関しちゃ気を使ってきてるなあ。こりゃ、山羊座もワンチャンあるで!

・己の誇りと小宇宙をかけろ! チキチキ! 星座ヒエラルキーレース!

 勝ち組
 射手座 牡羊座 獅子座(暫定) 双子座(ほぼ確定)

 負け組
 山羊座 天秤座(暫定) 牡牛座(暫定)

 来週は色んな意味で最も注目を浴びてる蟹回だけに期待は高まるな!

[PR]
by ejison2005 | 2012-11-05 00:54 | ジャンプ感想