ヴァンガード雑記 真の友来たる! その名は固定値!
 というわけで、いつも通りに野良ファイトしてきたよ~。

 え? 結果はって?

ー ' { \丶  / .:.:|:.:.:.:..ヽ ヽ..:.\:.:\:.:.ヽ\    } ` ー―く  / /
    ヽ  \ /:'.:i .:.{:.{:i:.:.:.:ト:.:.:|:.:.:}ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ /        丶./
  日 日\ / :! :{:. .:.:、\、:.{_ヽ:i/ノ:ノ:.i:.l:.:.ト:.:.ヽ:i:.:V    つ    `<
 |耳_|   \.:|.:.:、.:.:.{:.ヽ.:ト┬/|爪ヽ:.}:|:.:.|:l_;斗、く     ま     /  ̄
   ノ    /.:{.:.:.ト、::ヽ{ \.ノィ ≦ミyノ:.:.K_三斗〈    ん    i ==
  \    ;':.:廴_:| ヽ{  `′'{ {:::::..i }i:.:.:.i l´  || ト、     ね     |―一
  十 ヽ   !、.:.:.:.ト{≧='\    Vツ リ:.:. ハi,  |||i     |      {
  ノcト   |::\.:.V{ 「::ヽ      /, /:.:ィノハi   || |:::}   事    l
   l__    .{.:.:.:i:.`:弋Vぅ} ,   _ ノ彡ィ.:. |li!  |! |::j         〉
.  cト、   ィ|.:.:| {:小. `¨  /'⌒ヽ   }:.:..小i. |l |ノ___      /
      _{ |:|.:.ハ:、.:ヽV/′ {{     }  |.:.: ||∧, |i |::::::::::::}\   /‐-  _
ヽ.   /  |ハ:.|ハ ヽ 込   ヽ.___ ノ イ:.:.:.|l`ーV||.|¨¨¨`ヽ. \/
  ヽ /   {  { ト |:`丁{≧ z---、イ }:.:.:.リ! /Ⅵト、ーミ. \   \
   }′   廴 廴}.:|.:.:.i:.:|::>‐ァ´ ∧ ノ:.:./|f⌒|i !, Y ヽー、ヽ. \\
    / /     ノ:::}.:.ノ:.:{ /  / {V:.:ノ} | .}  ∨ |  } | }ハ  丶
// / /  /::::/|/:.:.:.V   /  ||/// l!/  .ノ{  ノ  ノ' ノノ }  \ \

 全敗……まさかの全敗……今回かなり長く遊んできたのに、全敗……。


 なんぼカジュアルプレイヤーであるといっても、さすがに負けっぱなしでいたいわけもないので、ちょいと敗因を分析してみました。ちなみに、使用したのは全て前回レシピのガラハッド軸。


 敗因その1 手札が足らない

f0029827_3404337.jpg

 このデッキの問題点として、本領を発揮するのにはソウルチャージ必須だが、手札を減らさずにソウルチャージする方法がどらんがるからの連携ライドとローエングリンしか存在しないというものがある。そして、連携ライドが成功したとしてソウル枚数は五枚なので一枚足らない。そのため、盤面の展開やら防御やらと合わせて手札ゼロのハイパー満足状態となることもしばしばである。
 でも悲しいけどこれ、ヴァンガードだからハンドレスになっても特にいいことないのよね。そのうち、ハンドレステーマのクランとか作られるかもだけど。


 敗因その2 勝ち筋が無い

 後述の敗因その3も関わってくるんだけど、よくよく考えてみるとこのデッキは勝利のイメージに欠けているところがある。要するに、何をやれば勝ちなのかが見えていないのだ。
 各々のスキルが上手いこと噛み合えば、

 ソウル6枚
 前衛 ドーザー(神速でも可) 神速 ドーザー(神速でも可)
 後衛 ぼーるがる ぼーるがる ぼーるがる
 パワァ 20000 20000 20000

 といった具合に、20Kラインを形成しVラインはCBと合わせて23K☆2や26K☆3なども狙っていけるんだけど、実際こんな上手いこと行く例なんてそうそうないし、完全ガードに弱いしなあ。それに完全にぼーるがると噛み合わせなければならないので、実際のラインは18Kとか19Kとかに留まってしまいがち。

 そうなってしまうと、CBを使用したVラインを除けば特に付加効果もなく一万要求で殴ってくるリアが両脇に存在するだけなので、多分相手からしたら脅威が薄いんじゃないかな。しかも、前述のようにこのデッキでここまで盤面を整えると手札が残り少ない。


 敗因その3 サブVを働かせられなかった

 ローエングリンに関しては完全に僕の見通しが甘くって、もっと場面によってはメガブラストの条件を満たしてガード強要させていけば良かった。
 というのも、発動条件が「ヴァンガードにヒットしたら」だと勘違いしてたんだよね(苦笑)。今見ながら気付いた。ローエングリンはRに当ててもメガブラ撃てるんだから、最初から捨てるのではなく、可能性を考えるくらいはするべきであった。牽制になるし。

 そしてオッパイドラゴンに関してですが、こちらはパワー維持をソウル内容に委ねてる連中とのアンチシナジーっぷりが予想以上に酷くせっかくのソウルブラストがいまいち有効に機能しないという場面が多々多々多々多々到来。

 特に、ギガンテック・ドーザーとぼーるがるが厄介で、仮にこいつらがRラインを形成した状態でソウルブラストした場合、せっかくの20Kラインが19Kに落ち込んでしまうんですよね。その場面が特に多かった。

 そしてロイパラが誇る申し訳程度のリミットブレイクユニットであるペンドラゴンに関してですが、うん……頑張れ!


 そしていつもの開封記事である

f0029827_341787.jpg

 以上の敗因を踏まえた上でお買いもの。

 内訳は、

 海皇の末裔に入ってたのを忘れてたファイトパックVol.6
 そういや買ったことなかったので購入したコミックスタイル
 なんとなく買った極限突破
 光の牙ガルモール 傷あり50円 ×1
 光の牙ガルモール 80円 ×2
 獣騎士ガルモール 20円 ×1
 ずのうがる 20円 ×1
 湖の巫女 リアン 20円 ×2
 秘薬の魔女 アリアンロッド 20円 ×1
 混沌竜 ディノカオス 20円 ×2
 お天気おねえさん みるく 20円 ×2
 キングオブプロレスリングPRカード 100年に1人の逸材
 キングオブプロレスリング


 ファイトパックVol.6

 ビーカー・ホルスタイン


 コミックスタイル&極限突破

 マシニング・マンティス
 ライザーカスタム
 ライト・アレスター
 ウォールボーイ
 ゴールデン・ビーストテイマー
 スパークキッド・ドラグーン
 美技の騎士 ガレス
 神喰いのゾンビシャーク
 ドラゴンダンサー カタリナ
 災厄の魔導士 トリップ


 キングオブプロレスリング

 タイチ
 ツームストンパイルドライバー
 ダイビングフットスタンプ


 さあ考えよう

 う~ん、飯伏のカードが欲しかったなあ。

 ゴールデン・ビーストテイマーは現状だとそこまで強力そうでもないけど、この先キメラが増えていったら分からなくなるんじゃないですかね。大事にとっとこう。

 で、敗因を踏まえた上で新デッキを組んでみました。


 神速雑兵デッキ固定値は俺を裏切らないカスタム


 ファーストヴァンガード(1枚)

 どらんがる


 トリガー(16枚)

 静かなる賢者 シャロン ×4
 まぁるがる ×4
 世界樹の巫女 エレイン ×4
 幸運の運び手 エポナ ×4


 グレード1(15枚)

 探求の騎士 ガラハッド ×4
 小さな賢者 マロン ×4
 ドリーム・ペインター ×2
 湖の巫女 リアン ×3
 ぼーんがる
 秘薬の魔女 アリアンロッド(派遣社員)


 グレード2(10枚)

 試練の騎士 ガラハッド ×4
 ギャラティンさん ×4
 決意の騎士 ラモラック
 ブラスター・ブレード


 グレード3(8枚)

 神速の騎士 ガラハッド ×4
 斬魔の騎士 ローエングリン ×2
 オッパイドラゴン ×2


 目論見

 無論、アリアンロッドはリアン入手次第入れ替えます。売り切れちゃったのよ。


 コンセプト1 連携成功率強化と基本パワーの上昇

 ぼーるがるとドーザーをリストラし、リアンとラモラック、そしてブラブレさんを投入したことで連携ライドの成功率が格段に向上し、基本パワーも大きく上昇した。

 その分、通常時の最大パワーは下がったけど、これならば仮にドリーム・ペインターがブースト役に回り9Kユニットがその前衛に立ったとしても15Kラインを形成することが出来る。


 コンセプト2 ガラハッドを踏み台に決め手はオッパイドラゴン

 連携ライドへ順当に成功していきオッパイドラゴンを確保できた場合、このデッキの基本戦術は神速ガラハッドやブラブレさんでCBを消費していきつつ、最終的にはオッパイドラゴンのソウルブラストで畳みかけることとなる。
 ここで活きてくるのが基本パワーの底上げで、ソウルブラストが発動すればRのラインが15Kだったとしても20Kに、16Kだったなら21Kの大台に到達することとなる。そしてこのデッキ構成ならば、そのライン形成は極めて容易いこととなるであろう。

 仮に連携ライドへ成功しなかったとしても、基本パワーが高めなのでオッパイドラゴンさえ手元にあればソウルブラストは積極的に狙っていく形となる。幸い、ソウルチャージ手段は豊富だ。

 そんなわけなので、V裏には出来ればマロンを置きたい。オッパイドラゴンの通常時で能力と合わせて21Kアタック、ソウルブラストで26Kになる。


 コンセプト3 連携ライドが失敗しローエングリンとオッパイドラゴンが手元にある場合

 この場合はさっさとローエングリンにライドして、このデッキじゃ貴重な無償ソウルチャージをしつつ最終的にオッパイドラゴンでの畳みかけを狙う。

 また、Vローエングリンの場合でも能力で20Kアタックが出来るのでV裏はマロンが望ましい。マロンさんマジ優秀。


 コンセプト4 コンセプト2が不可能な場合はメガブラストを狙う

 コンセプト2が破綻し、ローエングリンが手元にある場合。要は連携ライドに失敗しオッパイドラゴンがこなかった場合。
 この場合、とにかくCBを温存しソウルチャージしつつダメージ調整をすることになる。ぶっちゃけロマン。

 出来ればRとVでローエングリン二体並べたいけど、サーチ手段も無いしそう上手くはいかないだろうな。まあ、保険は所詮保険。あくまでメインはガラハッドからのオッパイドラゴンである。


 コンセプト5 ガラハッドしか手元にない場合

 ひたすらCBで短期決戦を狙うことになる。この状態でかつ、連携ライドにも失敗した場合は死兆星が見えるかもしれない。


 まとめ

 そんなわけで、安定性を強化しつつ明確に勝ち筋といえるものを見い出してみた。

 もう、簡単には負けんぜよ!


 オマケ

 ~デッキ改造前のある一戦~

 相手はツクヨミ軸か……ふははははは! 連携ライドへ失敗したようだな! こちらは成功したぞ! 一気に畳みかけてくれるわ!

 今まで猛威を振るってきたであろうそのデッキ! この俺が打ち倒してくれる! さながら王者の背後からひと息に命を奪うアサシンのようにな!

 むう……ヒールトリガー2回で粘られてしまったか……そして流石にターン数費やしただけあって満月になられてしまった。ん……向こうのデッキ枚数から考えて……あれ……まさか……?

「あ、こっから積み込みゾーンなので二連クリティカルいきますね(^o^)」

f0029827_3412834.jpg

 うわああああああああああっ!

[PR]
by ejison2005 | 2012-10-14 03:52 | ゲーム