2012年 夏アニメ 感想 その2
 書いたよー。今週は月曜祝日でジャンプも早いからせわしないぜ。


 じょしらく

 マリーさんとキグちゃんかわゆすぐる。

 そんなわけで、当初掲げた看板を一切ブレさせることなく初志貫徹しきったところがまず素晴らしいです。決して期待を裏切らない作品であったと思う。

 しかし、このアニメですごかったのは毎回の都内巡礼パートだったよな。ここがオリジナルだったとは信じられない。
 まあ、確かにいわれてみれば都内巡礼パートはトリビアネタに端を発させて話を展開させてるので久米田先生の作風とは異なるんだけど、「時と共に変わりゆく街並み」にフォーカスを当てることでなんとなく社会派っぽい雰囲気をにじませ、久米田先生の作風に限りなく近い空気を生み出してたのは見事だったと思う。あんな再現の難しいだろう作風へよくもまあ近づけさせたもんだ。

 あとは、毎度毎度躊躇なく危険なネタを乱発してきたくせにあの綺麗すぎるラストだよなあ。「はい! 馬鹿やる部分はこれでおしまい! こっからは女子落語としての部分でそれはこの作品でやることじゃないからさよなら! みんな元気でね!」という感じで、とんでもなくバッサリ終わらせてるくせに、とんでもなく余韻の残るラストだったと思う。あとマリーさん可愛かった。

 うん、江戸文化(だよね?)である落語に相応しいさっぱりとした終わり方だった。そして、あれをもってそれまでの馬鹿騒ぎが全て浄化された。


 DOG DAYS´

 ちょっとロリ目な美少女達が良質な作画で動き回っていてストレスフリーな作品のまま終わってくれたぜ! いやっふううう!

 いやなんかもう、一次創作なのに限りなく二次創作的な雰囲気が漂っていたりとんでもなくファンディスク的な作りではあるのですが、そもそも都築先生の長所というか強みはそこにあるのだからこの路線変更は大正解だよな。自分の持ち味を活かして戦えてたと思う。

 とはいえ、「フロニャルドには長期休暇でもなければ滞在できない=永遠のユートピアではない」という不可逆的要素が、永遠のユートピアであってナンボのほんわか美少女コメディ成分と微妙に喧嘩をしてた気もしなくはありませんが、一期から考えると持ち直しに待ち直したんだからオールオッケイ。楽しめた。

 次に都築先生がオリジナルをやるのなら、持ち味を存分に活かせるであろう可逆的要素オンリーの美少女コメディでやってほしいですね。まあ、まだまだこのシリーズ展開するんだろうけど。


 境界線上のホライゾンⅡ

 忍者もげろ。忍者死ね。忍者微塵隠れの術隠れなしバージョンしろ。

 まず、一期の時は事件発生までの時間が長くダルイという問題点があったんだけど、今期は事件発生時点からスタートということで見ていて退屈する場面がないっていうのが強みだったと思います。まあ、今度は尺が足らな気味という問題も浮上してたんだけど。とはいえ、ややネットでの補完は必要だったけど未読の僕は大いに楽しめたよ。

 で、お話的にはぶっちゃけもう成長すべき要素のほとんどを終えている(途中と最後でホライゾンがちょっと前進)主人公カップルはひとまず脇に置き、脇役達がある意味一期の主人公と近い状況で恋愛劇に挑んだ(主人公の物語をパクるとは忍者は本当にキタナイでござるな)わけですが、忍者と傷有りさんのお話を中心に、きちんと挫折衝突和解成就の過程を描かれていてこれだけの人数よく処理したもんだよなと感心することしきり。まあ、ネシンバラだけはちょっと事情がよく飲み込めない箇所あったけど。
 事情の飲み込めなさに関しちゃ西国無双カップルにもいえてることだけど、あちらはわずかな回想シーンで大体の事情を飲み込めたし、回想シーンそのものもなかなかに余韻深いものであったよな。あの特殊EDは大正解だった。夫の貞操が奪われたと勘違いしたギンさん可愛い。

 あとは、やっぱりアクションシーンかな。すげえがんばってたよね。あれ。定期的にアクションが挟まれてるおかげで、映像的な見せ場が分散されて会話劇オンリーということも避けられてたし。

 まあ、つまり何がいいたいかというと浅間ちゃん可愛いということです。


 バトルスピリッツ ソードアイズ

 ほぼ王道ド直球の冒険物語なはずなのに、ところどころに狂気の片鱗がうかがえるのはカードアニメであるが故に背負った業のなせる業か。

 なんかヤイバさんも根っからの悪人というわけではなさそう(弟へのストーカー気質は若干感じられるが)だし、ほとんどのキャラが善意に満ちているのが気持ちいいです。悪の幹部の皆さんも、黒幕っぽい彼(闇の赤かね?)を除けばどことなく憎めないし。

 あとは、ロボットに職を奪われた世界観というのがちょっと面白いなと思ったけど、なんでこんな社会派な設定を子供向け朝アニメにカードアニメだから仕方がないか。

[PR]
by ejison2005 | 2012-10-06 01:10 | アニメ | Comments(6)
Commented by 無名 at 2012-10-06 13:18 x
>境ホラ
点蔵マジ爆死しろ爆散しろ。原作未読でも雰囲気だけで楽しめる作品だったと思います。主人公達の精神的成長に加え、大罪武装も追加され、着実に前進してることがわかりますし。メアリとギンさんもそうですがウォルシンガムの本体とシェイクスピアも可愛かったです。私もネイトに焼き肉食べさせたい。あと賢姉強過ぎね?とか思ったり。
最後に新キャラ出過ぎだろwwとか思いましたが三期が楽しみです。
Commented by デブヲ at 2012-10-06 14:08 x
>ホラ
だいぶ端折ったとはいえあの文量を良く1クールにまとめたよなあ、原作で楽しんでるチャットの扱いはアレだったり一部キャラの掘り下げが足りなかったりだったけど。絵になったからか原作より女キャラが可愛く見えた。3期は2クールでもっと丁寧に作って欲しいな。BGMはサントラ欲しくなるレベルだった。
>犬日々
ナナミの大人形態は見たかったです。
Commented by ejison2005 at 2012-10-06 23:47
>>無名さん
>私もネイトに焼き肉食べさせたい。
ああ、あのシーンすごくよかったですよね。思わず翌日に焼き肉食ったくらいだ。僕は女の子にあーんしてもらうよりも、女の子にあーんとしてやるのが好きなのかもしれない。
Commented by ejison2005 at 2012-10-06 23:48
>>デブヲさん
チャットは録画での一時停止必須でしたねえ。けっこう面白いやり取りしてたんだけど、尺さえあればピックアップしつつ音声入れたりとかできたんだろうなあ。

>ナナミの大人形態は見たかったです。
むしろナナミの活躍シーンが見た(ry
Commented by METHIE at 2012-10-08 07:28 x
>あとは、ロボットに職を奪われた世界観というのがちょっと面白いなと思ったけど、なんでこんな社会派な設定を子供向け朝アニメにカードアニメだから仕方がないか。
二作目のダン終盤や三作目のブイレブはこれ以上に子供向けアニメとは思えないほど社会的政治的な話を扱っていて、
個人的には好みではありませんでした。
Commented by ポルカ at 2012-10-10 21:24 x
>DOG DAYS´
「ケモ耳キャラには人間の耳もちゃんと付いてるよ」という
コペルニクス的転回をさりげなく描写していましたね(笑)