週刊少年ジャンプ 12年 40号 感想
f0029827_23293856.jpg

 催涙ガスを使うとは……おいデュエルし……は!?

 いやしかし、自分の手持ちにあるカードが活躍すると興奮してしまいますね。ちなみに、手持ちでは疾風のゲイル(スーレア!)、黒槍のブラスト、追い風のアリゼ、熱風のギブリ、二の太刀のエテジア、鉄鎖のフェーンが1枚ずつ存在します。機会を見てショップでBF集めていこうかな。

 あとシャークさんはそんなにお腹痛いならもう座ってデュエルしてろwwwww


 ブリーチ

 何という手の込んだ白哉さんイジメ……!

 そんなにみんなして倒れてる奴ディスってたら、早々に済まぬしてたお兄ちゃん隊長さんの立つ瀬がないじゃないですかァーッ!

 と思ったら剣八さんもやられてました。

                   /::::::::::: i::::::::: |:::::::: ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ 
                   イ:::::i:::::::ハ::::::::: ヾ:::: |:::\:::ハ::::| :::::::::::::::::::::::\ 
                   |::|::::l:::!:::/ \:::::: ヾ:::|::::::::| ::i::::1::リ:::: |: i:::::::::::::ゝ
 __                |::|::::|:::l::ハ|_ ヾ ::::::| ヽィ::::j/=、|::::::|::::7: /:::i::::| ____
     \ :'´⌒ヽ         |::ハ:::V:::| イ⌒゙`\:i リ \|ノ 弋_フノ /:::/: /
      |i   " )_,,, _     l:ゝ::.\::i〃⌒゙ヽ  〃⌒゙ヾ //::) | 'ハ::::: |
 白 や |i         ヽ   | ト/人7} 〃〃    〃〃´ ∠イr 'ちノ::::: |  ふ 仲
 哉 っ  |i      / ・ i     イ:リ::::|    '、        |:::::rイ:::::::: |  え 間
 ち た  |i          t    / i:::::ハ    r‐--ー、     /ハi!:::::::::::::::: |  る が
 ゃ ね  |i         〃 ●   ハ::::::: \   .イ_ _,,ツ  イ/'/:::::::::::::. <  よ
 ん    |i   r一 ヽ      )  /i::ハi::::i:::::>,, ___ _,, ´ /,,ハ/|/:::ii:::::::: |  !!
 !    |i   |   i   ∀"    "  ̄ ̄     ト、  //ヽ  ̄" ̄  |
        |i   |    i   ノi            ノ:r j       :ア` …‐: |
       |i ニ|   |二二◎        __,..'| /        /   :::: |
       |i  i    i   ヽ      __,,:'´   t/       /    :: |
       li           }    ,_:'´     {    ,,___ /     ,,/i \____
       |i           |  /j\    _:ヘ:ニヽ,,,/_,,    , /:::j      j
  __ /          / ⌒`)⌒) i:::::ヽ::`r‐'___ `   ヽ ,,:_,,_,,/:::::ノ"ノシ    〃
      ,ノ フr フ   メ   / ノ  ゝ:::::: ゝ- 、 ヽ     |::::::::::::::::::::ソ /     ./


 ハイキュー

 縁下さんが秘密のベールをついに……!

 いや本当、まさかのまさかだよなw ここであんたがくるのかよというw

 で、まあそんな彼の身の上話は縁下さん達の人間が出来ているからというか、ちゃんと戻って来た彼らにモチベーションがあったから美談っぽくなってるけども、これは現実的に考えるとなかなか微妙な問題だと思えるぜ……。

 以前に書いた通り、僕は基本的に部活動はレクリエーションであると考えているからね。その考えが適用されないのは、甲子園に出てくる学校の野球部みたく最初から勝つための部活動を行うという前提で結成されている場合。
 烏野の場合は昔ならともかく彼らの代になるとレクリエーションとしての部活動へシフトしていたわけだから、これは事前にちゃんと彼らを納得させられなかった先代監督に問題もあった気がするなあ。

 とはいえこれも前に似たようなこと書いたけど、実際に試合して負けたいなんて考えながらやってる部員なんざそうそういないだろうから、微妙な問題なんですけどね。

 それとこれも印象的だった部分ですが、そういや小さな巨人時代の烏野も強いっちゃ強いけどそこまで絶対的な存在じゃなかったんだな~と。因縁の対決も見事に負け越したそうだし。
 ここら辺はどう考えても監督の過去(現役時代)に関わってくるだろうし、布石を投げるだけ投げたって感じがする。


 斉木楠雄

 安定と信頼の燃堂話。

 善性に満ち溢れている彼だからオチへの不安感もなかったし、途中で上手な尾行のやり方など小ネタも挟んでいてギャグエピソードとしての完成度も高かったです。

 で、ラストのメッセージは冒頭で燃堂君を見失ったイベントなんかにも関わってるのかな。あらためて読み返してみると、あの部分だけ墓参りと何も繋がりがないし。さすがの燃堂君だって意味もなく通学中に万能超能力者の前から姿を消したりしないよな。斉木君も本来ならもう少し警戒しておくべき現象なんだが、それを怠ってしまったのは対象が対象であるが故か。


 トリコ

 マモレナカッタ……。

 まだ消化されてないからワンチャンアルデーというオチかもしれませんが、さすがにそれは無理があるよなあ。うん、ゼブラ君ボッシュートです。
 会長が戦った時とは状況が違いすぎるから、知ってたからどうなるって問題でもないけどね。それでも、ちゃんと情報を仕入れていれば別アプローチがあったと思うの。わざわざ四方から攻めてくることに疑念を感じたりとか。

 それはさておき、本体さん大暴れの図は怪獣映画的なエッセンスが詰まっていてなかなか見応えのあるシーンだったと思います。怪獣映画的なエッセンスというか、要するにでかい生物がコンクリートジャングルで暴れているだけなんだけど。でもそれって、とても大切なことだと思うの。大きさがイメージできるからね。

 また、それだけ巨大な相手だと難しい一対多の戦闘シーンも描きやすそうだなーと思います。一対多が難しい理由のひとつって、ひとつのコマに何人も入っちゃうことだと思いますからね。ましてや、トリコ達って大規模破壊技ばっかりだから総攻撃するとわけわからない画面になる可能性もある。
 が、それは等身大の敵が相手の場合で、敵が巨大怪獣ならトリコ達も密集しない程度に散りながら連携する事が出来るし、格段に描きやすくなるんじゃないかと思うの。

 あとはちゃんと小松に見せ場があったわけですが、果たして数千万(数億だっけ?)規模の披救助者を救うだけの料理を描けるのか、というところでしょうか。普通に食わすとなるとかなりの無理ゲーだし、こちらも気化して雨になる料理とか作るのかな。


 暗殺教室

f0029827_23295497.jpg

f0029827_2330267.jpg

 いやBB弾使えよと思ったけど、よく考えたら殺せんせーはビッチ姉さんをおちょくりつつ倉庫への被害を抑えてたわけだから、無害なBB弾なら入ったドアから逃げて終わりですね。だからこれは銃弾が効きませんよという前例作りなわけだけど、やはりBB弾なら逃げてただけ~とひと言説明は欲しかったと思う。あと、普通にボール破裂したり壁に穴開いたりと防いだ割に被害甚大だなw

 あとはビッチ姉さんが簡単に信奉者となったりせず敵対し続けそうで(セクハラが見続けられそうで)何よりですというのと、おっぱい呼ばわりとか渚ちゃん黒い黒いよとか。

 それにしても、このエピソードで性癖を余すところなく暴露しちゃった殺せんせーって教師として死んだも同然なんじゃ……いや、やめておこう。俺の勝手な想像で皆を混乱させたくない。


 INPWEAR CODE(金未来杯作品)

 ひとつだけいえることがあるとするならば、この主人公が早急にやらねばならんのは先生への謝罪だということです。


 ナルト

 オビト……オビトかあ……。

 一週ほぼ丸々使って回想してくれたけど、そこから読み取り得る動機は恐ろしいくらいにしょうもないし、それによって作品全体のラスボス的な立ち位置なのに主人公たるナルトではなくカカシ先生がどうにかしなきゃいかんような感じになってしまったし、幼少先生軍団の図が交流サイトのアバターみたいな不気味頭身だしで、どうしたものやら。


 銀魂

 安定と信頼の将軍エピソードであり、このタイミングで将ちゃんとヅラを引き合わせたのはそのうちまたやるであろう幕府エピソードへの伏線なんだろうなーと思ったり思わなかったり。

 というか将ちゃんひょっとして攘夷志士に入ったままかw


 パジャマ(最終回)

 で、結局なんで幽霊になったの?


 スーパーヒーロータイム

 ウィザード #01

 とてもよく出来た読み切り漫画のようなファーストエピソードであったと思う。華麗なアクションシーンからの導入で視聴者を引きこみ、設定を説明しつつ「こういうことやってく作品なんですよ~」と物語の基本パターンを打ち出し、ヒロインが精神的にちょっと前進するという。ジャンプに今週掲載された読み切りもやってることは似たようなもんだというのに、この完成度の圧倒的な差はどういうことだというのか。

 ただ一点、強烈に気になったのは刑事さんがいくらなんでも豆腐メンタルすぎることですね。というか、自殺だの何だの騒がれる昨今とはいえ人間がそれなりに図太い生物であるというのは間違いないわけで、この問題は番組通してついて回ると思うんだ。
 そう考えると強制的に絶望病に陥れるバッドエンド王国はそれなりにスゲーことしてるのかもね。ファントムの皆さん、今後の手順を考えただけでもすげー面倒くさそうだもんなw オーズと違って絶望させなきゃならんのは自分の宿主じゃないから感情を増幅させたりとかもできないし。

 殺陣の方はウィザードのスマートなシルエットを活かし、スピーディなカウンター系ですね。ちょっとカブトを彷彿とさせる。
 で、どうも子供が指輪はめて真似しないようにパンチは封印してるみたいなんだけど、腰のビラビラと合わさってそれがかえって印象的な動きを作り出していると思います。

 で、今回のアイテムである指輪に関してはメダルやスイッチと違って一個で何種類も術を使えるようなんですけど、売り上げ的にはどうなるんでしょうね。
 拝金主義者たる財団Bが手ぬるいことをしてくるとは思えないから、何らかのコレクターズ要素を打ち出してくると思うのですが。


 ゴーバスターズ #28

 赤木さんがいたなら色々と事例を出してくれそうな気もするけど、とにかくお約束感のある入れ替わり(つーか強制変身)話。せっかく熱演してくれてるのだから、アフレコせずに素の役者さんの声でやって欲しかったな。表情の演技とかすごくいいからそっちも見ものだったと思うんだ。

 で、また馬鹿話かと思ったらすげー勢いで事態が進行し重要情報も入手という。万が一、エスケイプさんがカーチャンでエンターさんがトーチャンだったりしたなら、ファントムさんはやくこーい! ここに絶望しそうな奴が一人いるぞー!


 スマイルプリキュア #29

 そしてここにも絶望しそうというか絶望してる奴らがいたという。照井歓喜。
 あと時間制限の意味ってどう考えてもアレだよなw マジョリーナさん、スマプリだけでなく18時30分になったら別番組でもサラリーマン達に絶望を与えるとかちょと仕事しすぎでしょう。

 しかし、三幹部の皆さんは本当に何を考えてこんなもん作ったんだろうなw 謝れ! 前番組で上司に怒られながら一生懸命仕事したあげくチョーサイコーキックされたファントムさんに謝れ!

 敵の罠をことごとく力押しで突破していく姿は頼もしいと考えるべきか、はたまたこりゃ確かに宿題やってるわけないわと考えるべきなのか……。

 まあとにかくチアサニーちゃん可愛い。


 聖闘士星矢Ω #22

 く……いないよりマシとはいえ龍峰一人じゃツッコミの手が足りない……!

 というか時計の人=天秤座パクッた人というわけでもないし、本当にただ帰って墓参りしただけのような……もうちょっとこう繋がりを……。

[PR]
by ejison2005 | 2012-09-04 23:39 | ジャンプ感想